もう日付が変わってしまったので、昨日、ですね。
日経平均株価が592円も下がったそうです。

素人の私にはわからないのですが、株をおやりになっている方は、かなり肝が冷えたでしょうね。


戦前・戦後(わりと早いうち)にかけて、1,5,9は株価が下がる、と言われていたらしいです。
この1,5,9とは、旧暦の1月、5月、9月の事です。
これは、今のカレンダーに直すと、2月、6月、10月となります。
十二支で言いますと、寅の月、午の月、戌の月です


寅・午・戌は火局(かきょく)の三合(さんごう)と言って、
三つ集まると、非常に強い火のエネルギーを持つ組み合わせです。

この三か月は、火尅金と、火によって金が攻撃されるので、
金融商品の価値が下がるとされていました。


ちなみに、お寺さんで言っている「正五九(しょうごくう)」は、新暦です。
必ずお寺にお参りした方が良いとされている月です。
丑の月・巳の月・酉の月になりますので、金局の三合です。
つまり、お金が儲かる、という事です。
お寺さんの方が商売上手なのかな?
困った時の仏様頼み?
これ、神社でも良いわけですよね。


さて、今年は戌の年です。
立春が過ぎたので、二月、寅の月に入りました。
途端に下がりました。


三月、卯の月です。
卯と戌は二合となって、これも火のエネルギーが強くなります。
たぶん、三月も乱高下するでしょうね。

平昌五輪が終わって、韓国と北朝鮮の関係がどうなるかで、また、影響を受けると思います。


四月になると辰の月で、火のエネルギーが弱くなりますから、
株価も落ち着いて来ると思います。
そこのあなた、あせって売ってはだめです。


六月もヤバイですね。
十月は、ちょっとどうなるか、わかりません。


詳しい事は、投資先のアドバイザーにご相談なさって、続けるかやめるかお決めになって下さい。
ただ、戊戌の年は、何かとトラブルが起きやすいと言われていますので、
来年の節分まで、乱高下が起きやすいかなと思います。



鑑定ご依頼の方は、下記リンクのフォームメールからご連絡下さい。
メールはこちらから送れます
鑑定依頼の前に鑑定のご依頼についてを良くお読みください。
過去記事もお読みになって、まあこんなのでも良いかと、納得出来ましたらご連絡ください。


ランキング参加中です。ぽちぽちお願いします。

      
人気ブログランキングへ