社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

《No893》2月19日朝礼『変化の仕方』発表者:大津遥加

つる仕事の問題地図「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方の本を読んだので紹介したいと思います。題名通り、本の中では仕事の問題地図が記載されています。

1丁目から10丁目という表現のされ方で、10項目に分かれています。簡単に紹介すると1丁目は計画不在。それぞれがやるべきことが分かっていない、何となくなんとかなるだろうと
思っている状態。こんな状況をどのように計画を立てていけばいいのかを解説しています。

2丁目は進捗不明。これは報連相のことです。社会人になったときから報連相は大事だと言われてきましたが、できない人も多いです。ここでは効率よく報連相をするためのアイデアが書かれています。3丁目は一体感がない。一人はバリバリやる気があるけど、一人はただ黙って指示されたことだけをやっていたり、と仕事に対する意識の違い等。一体感のなさが作り出されてしまう構造が地図にされています。

4丁目はモチベーションが低い。モチベーションが低くなってしまう理由もさまざまです。5丁目は期限に終わらない。
6丁目は意見を言わない。ここは読んですごく納得したページでした。もの言わぬ人が生まれる理由が書かれています。改めて意見がない人はいないと思いました。7丁目は有識者不在。

8丁目は抵抗勢力の壁。やり方をリニューアルしようとするとだいたいの人は素直に頷いてくれません。今のやりかたが楽だから、リスクをとりたくない、やり方を変えたくないなど…そこに対して、トップダウンとボトムアップというアプローチで壁を
乗り越える方法が書かれています。

9丁目は対立を避ける。しかし、時には対立も必要です。誰も反対意見を言わない、上司やお客様の理不尽な要求にNOと言えない…というのは注意です。ここでは対立を避けることと、受け入れ方が書かれています。
10丁目は失敗しっぱなし。失敗からの学び方が紹介されています。

5丁目の期限に終わらない。に関しては自分自身も期限に間に合わせなくちゃと焦るときがよくあります。みなさんも期限に追われるということは多いのではないでしょうか。そんなときの対応策を3つ抜粋してみました。

1. コミュニケーションの場を設けて、それぞれの状況を把握し手を差し伸べられるようにしておく・先輩や上司の仕事のやり方を学ぶ。

2. バッファを設けて計画をする。バッファとは余裕時間という意味で、予定所要時間の1〜2割が妥当と言われているそうです。

3. 時差出勤。こもって仕事をする。こうすると人に話しかけられたり、電話がかかってくることもありません。より集中して仕事を片付けることができます。

3に関しては、業務Gではだいぶ前から集中タイムというのを設けていて、朝の業務Gの朝礼の際に必要な人は自由に取れるようにしています。集中タイムの間は、電話も来客の対応もしなくていいというルールにしていて、急用でない限り誰も話しかけません。自分で集中タイムの時間を決めることで、より早く仕事を終わらせることができます。

私が抜粋した3つ以外にも多くの素敵なアイデアが記載されています。

よかったらみなさんも読んでみてください。

仕事の問題地図「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方

【著者:沢渡 あまね】より引用

《No892》2月13日朝礼『集中力』発表者:南保有哉

パソコンおはようございます。今日は『集中力』についてお話ししようと思います。
なぜ『集中力』をテーマに置いたのかというと、
昔から私は集中力を持続させるということがあまり得意ではありません。
このような事が少しでも無くなり、仕事に活かせることが出来れば良いなと思い取り上げました。まず、集中力を高めるにはどうすれば良いのか色々と調べてみました。

その中で「他の事を考えない」「時間で区切る」「小さな目標を積み重ねる」この3つは今私が集中力を高められそうな項目でした。今後実践し、少しでも作業効率が上がれば、新規の現場が始まる時には、その現場に集中出来ます。

約1年入社して思いましたが、一度に色々な事を考えながら仕事をすることは、今の私の経験や知識では難しいと思っています。
これからの自分は1つの事に集中し、少しでも持続することが出来る人間になりたいと思っています。

もう2月も半ばになりました。年度末までもう少しです。皆様、健康に気を付けて年度末まで頑張っていきましょう。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No891》2月5日朝礼『ありがとうの大切さ』発表者:榎本蓉子

iイラストおはようございます。
本日は、「あなたがあなたであるために」という本の中での一部をご紹介いたします。

作家・喜多川泰やすしさんの著書「君と会えたから・・・・」の中に、私がとても感銘を受けた一節があります。

 ‘’「円」=日本のお金の単位には、別の読み方があって、それは「ありがとう」と読む‘’

 

‘’私たちが普段、お客様から頂いている円には「ありがとう」という思いが込められているそうです。お金を儲けるということは、「ありがとう」を集めるということ。円をありがとうと読むだけで、人に対しても、お金に対してもだいぶ価値観が変わってくるのではないでしょうか。よりたくさんの人や事柄に感謝できるようになりました。‘’

私は、改めて「ありがとう」という言葉の大切さを実感しました。

物の見方を少し変えてみるだけで、プラスの新しい考え方や価値観が生まれるように感じました。人は、得ることで豊かになれると考えてしまいがちですが、本当の豊かさとは、与えることで得られるのではないでしょうか。

 

カンパネ株式会社の経営理念には、「感謝の心を持ち建築設備改修を通し、社員とその家族が 物・心・両面で豊に成る事を実現する」とあります。感謝の心を持つ=「ありがとう」という言葉に置きかえられると思いますので、日々の生活の中で「ありがとう」という言葉の意味をきちんと考えて使っていきたいと思います。

 

そして、これからも色々な物事に感謝の心を持ち、「ありがとう」と素直に言える人間で居たいと思います。人への思いやりや気遣いが、優しさに繋がります。皆様も「ありがとう」の気持ちを忘れずに、お互い気持ち良く仕事をしていきましょう。

あなたがあなたであるために 【著者:盒郷痢曚茲螳用

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No890》1月29日朝礼『PDCAの大切さについて』発表者:久保慶成

無題おはようございます。私は4月からエコステージの委員長として活動しています。
その中で、社長からリーダーシップについての本を読んで勉強した方が良いと言葉をかけて頂いたので、本を読むようにしています。

その中で、元プロ野球選手、監督の野村克也さんが、「よいリーダーは、計画がつつがなく実行されているかを常に確認し、修正と微調整をし続ける」と書いていたのが心に残りました。

なぜなら、社長が良くおっしゃっているPDCAを回すことはどんな仕事でも大事なことだと感じたからです。

今期の活動の中では、自分でやろうとし過ぎて、メンバーに仕事を上手くふれずに修正や微調整を全然出来ていなかったので、来期のエコステージや普段の給排水設備の現場などでも計画通り出来ているのかを常に意識・確認し、より良くなるように修正や微調整をして、PDCAを意識して仕事を進めていきたいと思っています。

リーダー論:~覚悟を持って道を示せ~ 野村 克也より引用

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No889》1月22日朝礼『大寒の時期』発表者:山林正信

寒いおはようございます。
先週の土曜120日は大寒、寒さが大きいと書いてあるので一年で最も寒い日で、
これからだんだん暖かくなるのかと思いますが、大寒の頃から立春までの時期が一年で最も寒さが厳しい季節となっています。

昔から大寒の頃は気温と湿度が低いため、カビの原因となる空気中の雑菌が少なく、味噌などを仕込むのに最適な時期と言われ、この時期に仕込まれた日本酒は大寒仕込みとして製造されているみたいです。

それともう一つ、大寒の時期の卵は、一年のうちで最も栄養価が高い卵と言われています。

なぜかはよく分かりませんが、風水においても大寒の卵は、金運と健康運を呼ぶ縁起物とされています。卵を食べて運が掴めれば良いですね。
まだ、寒い日は続きますので体調管理を怠らない用に気を付けて行きましょう。

本日、午前中は雨、午後から夕方に雪が降る予報となっています、交通機関に影響が出るかもしれませんので、

早めの対策を考え行動しましょう。


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No888》1月15日朝礼『私が成長したと感じたこと』発表者:杉村宇宙 

女の子今年の3月で入社して5年が立ちます。
ふと、入社して出来るようになったこと、変化や成長したことは何かを考えてみました。
仕事では、出来る業務が増え、仕事のスピードも年々上がっていると思います。
でも、私が一番成長したなと感じたことは、コミュニケーションを取れるようになったことです。入社当初は、人に話しかけるのも電話を取るのも掛けるのも抵抗があり、「よし、話しかけるぞ」「よし、電話を掛けよう」など自分の心の中で決心がつかないとなかなか出来ませんでした。今でもそれは変わりませんが、決心がつくまでの時間がかなりはやくなったなと思います。

入社当初は、顔も名前もよく分からない状況で電話対応することに戸惑いを感じ、おどおどしたり、てんぱってしまって上手く対応できませんでしたが、今では一呼吸おいて冷静に対応できるようになりました。会話の後や電話を切った後に、「もっとこういう話し方・対応の仕方をすれば良かったな」とまだまだ反省することがありますが、だいぶ成長したと感じます。

出来て当たり前といえばそうですが、それさえも出来なかった自分からすれば、かなりの進歩だなと思います。
仕事をする上で、コミュニケーションは欠かせないものです。
まだまだ、苦手な部分ではありますが、社員の方々やお客様、マンションの居住者様とコミュニケーションを取る機会が多くあるので、私と会話している相手が、不安や不満、不信を感じることなく、安心や信頼、この人が対応してくれて良かったなと思ってもらえるように、今以上に上手くコミュニケーションを取れるよう努力していきたいです。
これからも、仕事面や人間的な面で一歩一歩成長していきたいと思います。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No887》1月9日朝礼『やる理由、やらない理由』発表者:渡辺恵子

女の子おはようございます。早いもので西暦2018年、平成30年になりました。
心機一転、リニューアルと言うことで新しい年を向かえたということで新たな目標を立てたという方もいるのではないでしょうか?
私の今年の目標の1つは朝ごはんをちゃんと食べることです。

今回はこういった何か新しいことにチャレンジしたり、目標を設定する時に起こりうる感情について考えてみました。何か新しいことを始めるときに、すんなり始めることが得意な人もいれば、反面なかなか行動に移せない人やいろいろ考えて結局やめてしまうという人もいるのではないでしょうか。

なぜそうなのかと考えたときに、そういう人はやらない言い訳を考えてしまいがちということです。例えば東京に住んでいる人は東京タワーに行ったことがないという話です。そういつでも行ける
からと言って、いつになっても行かないままだったりするのです。確かに近くにあるのでわざわざこのタイミングで行こうって思わなかったりするものですよね。こんな風に行かない理由は簡単だけど、行く理由を作るのって意外と難しかったりするのです。もちろんそれ自体がやる必要のないことだったらいいです。

でも、それが仕事などやらなきゃいけないこと、やった方がいいことだったときに、やらない理由、出来ない理由ばかり考えてしまうと自分が苦しくなります。時間がないから、お金がないから、きっかけがないから、疲れているから、、、やらない理由を考えるのは簡単なのです。だからこそやる理由を自分に作ってあげることが大切なのです。そういうときは誰か友人や家族などにやります宣言をしてみたり、達成したあとのご褒美を設定してみたり、スマホのホーム画面や洗面所など目に入りやすい場所に文字として掲げてみたり、やらない理由になりそうなりうることを最初に考えそれ言い訳にしないと決めたり、自分にあったやり方で目標達成までやる理由を作るといいそうです。

時間はあっという間に過ぎてしまいます。皆さんも新たに何か始める機会やチャンスがあったときに、自分にやらない理由・言い訳を探さないで、やる理由をたくさん見つけて目標達成を目指してみてはいかがでしょうか。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No886》12月25日朝礼『慣れ』発表者:露久保 駿

元気私は今、根岸で半年間の長期現場に同行しています。
専有部での作業で、毎日同じ流れで作業を進めているのですが、
初めはどのように作業すれば効率が良いか、一番良い施工方法で出来るか打ち合わせをしたり、指示したりするのですが、
ある程度日にちが経ってくると作業に【慣れ】が出てきます。

確かに、作業に慣れてきて作業時間が早くなってきたりすることは良いことではありますが、
その裏で慣れてきたからこそ、初めに注意していた部分や道具の使い方、色々な部分での注意力が鈍ってくることもあります。

この【慣れ】から来るミスで怪我に繋がったり、仕上がりに差が出来てしまってはいけません。
工期が長い現場を担当している人は【慣れ】という言葉を常に頭に入れて現場に入ることで、安全で且つ質の良い工事を出来るのではないでしょうか。

今年の業務日数も僅かになってきましたが今一度、施工方法や道具の使い方を確認して安全で質の良い工事をしていきましょう。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No885》12月11日朝礼『ジャネの法則』発表者:中村 翔

年まえ私は今、給水方式変更工事をしています。入社し早1年と9か月が過ぎました。
この1年と9か月は本当にあっという間でした。私が今まで楽しく働いて来れたのは、優しい先輩方や上司の支えがあったからです。まだまだいろいろと分からないことも多く、そのたびに優しく教えていただき周りの方には本当に感謝しています。

 

僕にとって、この1年と9か月はとても短かったです。みなさんはどうだったでしょうか?

年を追うごとに1年が短く感じられるようになったと思うこと。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、この「年を取るほど1年が早く感じるようになる現象」、

実は名前があって「ジャネの法則(ジャネーの法則とも)」と呼ぶそうです。

今回の朝礼では、このジャネの法則について話したいと思います。

 

そもそも、ジャネの法則の「ジャネ」というのは、この法則を発案した人物の名前ですが、そのジャネ氏は、

1年の長さというものをこんなふうに説明したそうです。50歳の人にとっての1年の長さは人生の50分の1

5歳の人にとっての1年の長さは人生の5分の1。であると。要するに「今年1年」というのは、「自分の年齢分の1年」。

なので、年を取ればとるほど、1年の比重が段々と小さくなっていくというわけです。

で、時間を長く感じたり短く感じたりするのは、この「1年の比重」以外に、

もう1つ大きな要因があるのですが、何だと思いますか?

 

それは、日々の充実感や新鮮さです。幼い頃と言えば、単純に毎日が新鮮。

やることなすこと初めての出来事が多くて、常にワクワク・ドキドキ状態。
一方、僕ら大人、社会人。毎日が単調になりがちです。

誰しも年齢には逆らえないですから、1年の比重という意味では、僕ら大人がいくら頑張ったところで、子供たちに敵うわけありません。

 

でも、毎日を充実させるという意味では、僕ら大人の方が、子供たちよりも、はるかに選択肢や可能性が多いはずです。

どうしても充実感というと、何か特別な出来事を想像してしまいがちだと思うのですが、

こうして毎日、目の前に自分のやるべき仕事があるというのも、少し見る角度を変えれば、

十分充実感に値すると思いますし、要はその人の考え1つだと思います。

 

ちょうど1年の節目、皆さんもぜひ、日々の充実感を再確認して頂きたいと思います。

私自身、くれぐれも体調管理と事故には気を付けて、いい形で来年に繋がるよう、気を引き締めて頑張っていきます。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No884》12月4日朝礼『キングダムからの名言』発表者:北川昭彦

槍

今年の5月頃からこの「キングダム」というコミックにはまっています。

この物語は秦の始皇帝「嬴政」とそれを助ける「信」という少年の中華統一までの物語です。

現在49巻発行されていて、まだ完結しておりません。

今日はこの物語の紹介ではなく、この時代のエピソードから生まれ、現在でも使われている格言、名言を3つほどご紹介します。

まずこの物語の時代ですが、春秋戦国時代という時代です。

紀元前403年以降の時代でその前は春秋時代といいます。

この春秋時代の晋という国が趙、魏、韓に分裂した後この春秋戦国時代になります。

三国志で有名な三国時代は220頃なのでかなり前の時代です。

ちなみに日本はこの頃、縄文時代、弥生時代の頃です。

この時代の中国は7カ国に分かれて戦争を繰り返していました。

その7カ国は 北の方から燕、趙、斉、魏、韓、秦、楚です。前置きはここまで。

それでは1つめの格言は、

「完璧」です。

完璧にまつわるエピソードは趙の 「欄 相如 りんしょうじょ」と秦の国王 昭王とにまつわるものです。

趙の 「欄 相如 りんしょうじょ」は、キングダムの中では「廉頗 れんぱ」、

「趙奢ちょうしゃ」とともに趙の三大天と登場します。

「欄 相如 りんしょうじょ」と「廉頗 れんぱ」の間には「刎頸の交わり」という故事あります。

さて話は戻りますが、趙の国にあった「和氏の璧(かしのへき)」と呼ばれる立派な璧を(璧というのはこれ)

秦の昭王がほしくなって、「秦の15の城と交換したい」と趙に申し出た。

「欄 相如 りんしょうじょ」が秦の国へ使いに行ったが、城と交換する気配がなかったため「欄 相如 りんしょうじょ」は
璧を命がけで持ち帰った「璧をまっとうして帰る」という故事から大事なことを成し遂げることや、
欠点が全くないさまを表すようになりました。
現在では完璧の璧は壁の字を用いて書かれることが多いです。

 

2つ目の格言は、

「臥薪嘗胆 」です。

臥薪嘗胆にまつわるエピソードは春秋戦国時代の前の春秋時代の

呉の国の皇太子「夫差 ふさ」と越の国の王「勾践 こうせん」にまつわるものです。

呉の国の皇太子「夫差 ふさ」は越の国の王「勾践 こうせん」に父である呉の国の王、

「闔閭 こうりょ」を殺されてしまいます。

「夫差 ふさ」は毎晩、薪(またぎ)の上に臥せて寝てその痛みで父親を殺された恨みを忘れないようにしました。

またぎにふせて寝ることを「臥薪 がしん」といいます。

3年後「夫差 ふさ」は越の国に攻め込み越の国の王「勾践 こうせん」を降伏させます。

「勾践 こうせん」はこの屈辱を忘れないため、干した熊の肝(心臓)を嘗めてその苦さで恨みを忘れないようしました。

肝を嘗めることを「嘗胆 しょうたん」といいます。

そして22年後「勾践 こうせん」は「夫差 ふさ」を破って、屈辱を晴らしました。この故事から目的を達成するために
苦労・努力を重ねることの意味に使われるようになりました。

 

さて最後3つ目の格言は、

「覆水盆に帰らず」です。

覆水盆に帰らず  にまつわるエピソードは周の国の「呂尚 ろしょう」とその妻 「馬氏 ばし」にまつわるものです。

「呂尚 ろしょう」とは、釣りの好きな人は聞いたことがある思いますが「太公望」の本名です

この「呂尚 ろしょう」が若いとき読書と釣りばかりしてすごしていました。

愛想をつかした妻の「馬氏 ばし」が実家に帰ってしましました。

後に「呂尚 ろしょう」が周の国の王 文王に見いだされ、周の国の軍師となり大出世した「太公望」と呼ばれるようになると

妻の「馬氏」が実家から戻り復縁を求めます

「呂尚 ろしょう」は盆の水をこぼし、「この水を元に戻せたならば、復縁に応じよう」と言いました。

しかし「馬氏 ばし」がすくえたのは泥ばかりで、水はすくえなかった。

そこで「呂尚 ろしょう」は「おまえは一度別れたのに復縁を求めてきたが、こぼした水は盆に戻せない」と言って復縁を断りました。

この故事から、

一度したことは、もはや取り返しがつかないことや、

一度別れた夫婦の仲はもとにもどらないことのたとえとして使われるようになりました。

 

我々、給水設備工事において「完璧」というのは、なかなか難しいと思いますが、

おのおのが「臥薪嘗胆」し「完璧」を目標としていきましょう。

今年も12月になりました。飲む機会も多くなると思いますが、

絶対に飲酒運転はしないようにしてください。「覆水盆に帰らず」です。以上です。

 

HP「語源由来辞典」より一部抜粋

漫画『週刊ヤングジャンプ』(集英社)のキングダム(原泰久)より一部引用

 

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No883》11月27日朝礼『スポーツを通して』発表者:三村英二

野球おはようございます。
私はよくスポーツを観戦します。サッカーや野球、プロレスなど格闘技も好きです。
スポーツを通して色々感じた事をお話したいと思います。

スポーツの世界は選手寿命が短く、常に怪我と隣り合わせで若い選手でも怪我で引退する選手も多いと思います。

良い結果や良いパフォーマンスが求められる世界で、結果が残せない選手は移籍や戦力外通告となってしまいます。

今、プロ野球で苦しい思いをしている世代があります。
1980年〜1981年生まれの松坂世代です。
かつてバリバリだった選手たちも怪我や年齢の影響で結果が残せないでいます。
私は、松坂世代の選手たちをこれからも応援していこうと思います。
なぜなら私も松坂世代だからです。
同世代が頑張っているのを見ると負けていられないなとモチベーションが上がります。

私達が行っている給排水設備改修工事も怪我や病気をしたら仕事が出来なくなります。

病気をしない、健康が大事。(健康管理)
怪我をしないように安全第一で作業をする。(安全が一番)
自分の体は自分で守る。(保護具の着用)

今年もあと1ヶ月です。気を抜かずに毎日の業務に集中していきましょう。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No882》11月20日朝礼『目標どうですか?の問いかけと、PDCAについて』発表者:櫻井永一

スーツ今年も早いもので、残すところ、約1ヶ月半、業務日数でいうとあと30日となりました。
振り返ってみて皆様、年始に立てた目標の進捗状況はいかがでしょうか?
1年間の積み重ねというのは、言い換えると365回の積み重ねということになります。
本日の朝礼テーマは、目標どうですか?の問いかけと、PDCAについて話をしたいと思います。

皆様は目標に対してPDCAを実践してきていますよね?もう1回再確認しましょう。

目標はまずP計画から始まります。達成のイメージどうでしたか。
目標達成のためには、優先順位が必要です。
また目標を達成する上で必ず他の人との関わりがあります。
必ず後工程になる人がいることを意識しましょう。
それを意識することにより、5W2H(いつ、だれが、どこで、何を、なぜ、どのように、いくらで)を活用することができます。

期限を決め、達成の目的、ゴールを明確にしましょう。
このPで準備することで目標達成は、7割から8割は完了したようなものです。
次にPDCAのDですが、Pを実行する事になります。
しかし、日常の業務というのは、日々予測もしない依頼や、緊急などで業務内容は増えていくもので、目標に足踏み
しがちです。それでも確実に一つ一つこなしていくことです。

そのためには、まず時間をつくらなければいけません。時間をつくるためには、協力者に手伝ってもらうことも大切でしょう。
また無駄な時間ないですか?細切れ時間を有効に使いましょう。
15分の細切れ時間を有効にすることで、年間業務日数260日×5分で1300分(約21時間)の
時間が有効に使えます。これってすごい多い時間ですよね。
コピーの空き時間、待ち合わせの空き時間等を有効に使いましょう。

PDCAのCですが、結果成果はどうだったか確認作業になります。
Pに無理はなかったか?進捗状況についてチェックすることです。

またここでは、予測される障害や問題の対策をすることが出来ます。

このチェックを怠ると、障害や問題を抱えたまま進む事になり、結局目標達成出来なかったなんてことになります。

最後にAですが、修正になります。目標が達成できれば、今後の自信もつくことでしょう。
もし目標を達成出来なくても、修正して次に生かしていき、立て直すことです。
次に生かしていかなければ、やった意味が無くなります。
PDCAはサイクルです。次のPに生かしていくことで成長できます。

このようにPDCAは、目標達成に有効な手法であります。目標達成が見込めている人、難しい人それぞれ
いるかもしれませんが、事業発展計画書のP14に記載しています。
もう一度見直すのも大切です。このPDCA実践していきましょう。

また、私たち給排水設備を主体に業務を行っておりますが、年度末に向け、売上げを増やしていかなければ
なりません。そのため、年度末にむけ、多忙期になるかと思いますが、集中力を高め事故がない
ように
みんなで協力していきましょう。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No881》11月13日朝礼『脱・工事よがり』発表者:渡邉耕平

イラストい先週の金曜日に私が担当した物件の受水槽・ポンプ交換の工事が完了しました。
受水槽がマンションの廊下に面していたので、約1ヶ月の工事期間中、建物内に出入りする人の様子がこちらから良くわかりました。その中にはこの工事とは別の工事で専有部に出入りしている業者の方々もいて、私は現場管理者として他の業者がどのように工事を進めているのか気になり、観察してみることにしました。

ある業者は資材を搬入している所を見ると、お風呂の浴槽の交換工事をしているようでした。その搬入の際に気になったのは、駐車場からマンションへのアプローチ通路に資材を仮置きしていたことです。その通路はマンションの正面玄関とも言える場所で居住者の方々の通行も多く、大きな物を置くと邪魔になりそうな所です。加えて資材を運びやすいように材料の段ボールや養生を剥がしてむき出しの状態で仮置きしていました。するとすぐに管理人さんがやってきて業者と話をしていました。

私も近くにいたので話を聞いていると、資材が大きくて運びづらいので、移動距離が最短ルートのここに置くのが1番効率がいいので、ここに置かせて欲しいというのが業者の言い分でした。管理人さんとの話し合いの結果、結局は養生をして通行の邪魔にならない置き方をすれば仮置きしてもいいということになったようで、業者は渋々と管理人さんの指示に従って仮置き方法を変えていました。

この様子を見て私は、鳥山社長が話していた「工事よがりになってはいけない」という言葉を思い出しました。確かに私達も工事をする側の人間ですので、浴槽を交換していた業者の気持ちも理解できます。実際に施工する立場では自分達にとってやりやすく効率の良い方法が出来れば1番良いかもしれません。しかし今回のように工事をする側ではない立場から、やりやすい方法でやりたいという主張を聞くととても身勝手な言い分だと感じました。それこそが「工事よがり」ということなのです。工事の知識が無い一般の人から見ればなおさら身勝手だと感じるに違いありません。

ではどうすれば「工事よがり」にならないのでしょうか。それは皆さんが1番分かっているはずです。「給排水設備を通し、お客様所有の資産価値の維持・向上を目的とする」この目的のために工事をするということがその方法なのです。そうすれば自分達にとって良い施工方法ではなく、例え手間のかかる作業であっても、お客様にとって良い施工方法を優先することが出来るはずです。

今回の工事で「工事よがり」になっている他の業者を第三者の立場から見れた事はとても勉強になりました。今後も自分達の工事を第三者の立場から見る事を意識し、お客様の資産価値の維持・向上という目的を忘れないで「脱・工事よがり」をしていき、協力業者の方々にもそれを理解してもらえるように努めていきたいです。

皆さんも「工事よがり」になってはいませんか?

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No880》11月6日朝礼『段取りの大切さ』発表者:駒場健一

駒場課長早い物で上期も1ヶ月が終わり、11月になりました。年末まであと少しとなっています。
皆さんは年末に向けての仕事の段取りや年末年始のプライベートの段取りの準備をし始めたでしょうか。
まだ早いと思った方こそ、本日から準備を始めてください。

なぜなら、12月は仕事やプライベートの忘年会や年内に終わらせなければいけない仕事が増え、かなり忙しい状態になり、事前の段取りが不十分だと仕事が終わらないまま年末を迎えてしまうという事になりがちです。恥ずかしながら私自身去年はかなり仕事が終わらないまま年を越しました。

そのようにならない為にも事前の段取りが重要となり必要な作業と私は考えます。
仕事は段取り8割、実行2割と言われています。きちんとした段取りがないと実行には移れません。

例え移れたとしても、スムーズにエスカレーターを上るような流れの作業は出来ないでしょう。
逆に入念な段取りをすることにより、その後の実行がやりやすくなります。
童話でいう「ウサギとカメ」の競争です。まだ早いと思われた人は、本当に早いのか考えてみて下さい。

段取りは段取り。所詮は机上の空論でしかありません。しかしながら私たちの給排水設備改修工事は
様々なイレギュラーがつきものです。トラブルや予定変更がない方が珍しいです。
でも、早めに段取りをして、実行に移せれば工事の工期や見積もりの納期までに余裕な時間ができて、
そのようなトラブルなどに対応もしやすくなります。

このように、早め早めに手を打つことは何事に対しても、その後の余裕というものを生み出してくれますので、
是非早すぎると思わず、今からコツコツと年末に向けての段取りをし、実行に移していってください。
 

ちなみに私自身今年は、年末年始の挨拶回りがしっかり出来るように十分段取りしたいと思っています。


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No879》10月30日朝礼『鳥の目・虫の目・魚の目』発表者:伊藤正紀

無題伊藤先日、選挙番組の放送をテレビで観ていた際に、こんな言葉を耳にする事がありました。

「鳥の目・虫の目・魚の目」 自分自身、初めて聞いた言葉でした。
物事を成功に導くには、能力だけではダメで、3つの目が必要という意味合いの言葉だそうです。例えば、鳥は高いところから、獲物を見つけられるように飛んでいるため、 高いところから全体像を把握する目のことに例えられるそうです。

広い視野で見つめていくことによって、物事全体を把握するということだと思います。

そして、虫の目においては、虫は地面に近いところで暮らし狭く深い世界にいることで、現場に接し足元を見つめ直す目、という意味になります。様々な角度から物事を見つめ、直面している課題や目の前にある解決すべき問題について、相手や周囲との関係にも気を配りながら判断を行う視点ということだそうです。

3つめの魚の目は「流れ」を見失ってはいけないという意味だそうです。   
川の流れのような時代の変化を、感じ取れないと方向性を間違ってしまうのだと思います。
仕事においても流れを理解すれば、取り組み方にも違いが出るのではないでしょうか。

 

また、4つめの目と言われているものがあり、コウモリの目だそうです。

コウモリは逆さに吊り下がっていることから、物事を反対視点から見たり、 

普通の見方に捉われず想像を膨らませ固定観念を崩して見るという意味を示します。

 

人それぞれ立場の違いもあり、「3つの目」の視点も異なるかと思います。

目的によって「3つの目」を使い分けることが重要なのかもしれません。

そして、「4つの目」に転換し、物事をとらえる視点を増やすことも非常に大切なことのような気もします。

 

こんな言葉があります。

「考えなさい。調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです。」  自分自身の視点を増やしつつ、

行動しながら判断し修正することを身に付けていくこと、そんなことが必要なのかもしれないと思いました。

 

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No878》10月23日朝礼『「労働生産性の向上について」』発表者:井原克明

井原今年度のカンパネのテーマの1つとして「労働生産性の向上」があります。エコステージでも、各水道局ごとの使用材料マニュアルの作成をすることで、今までの作業時間を短縮し、労働生産性を向上させる取り組みをテーマにしておりますが、皆さんご存知のように、現在は社会全体として「働き方改革」=「労働生産性の向上」が求められています。

本日はその「労働生産性の向上」について、以前自分の働き方について考えた時にみつけたブログの内容を参考にして話したいと思います。

ブログ自体は約3年前の記事になりますが、タイトルが「1年間の実験を経てたどり着いた、生産性を高める10の答え」というもので、見つけた瞬間読みたくなったのを覚えています。

このブログを書いた人は1年間で197本の記事を書いてアクセスは100万件を超えたというのでやはり、生産性の向上は注目されているのが分かります。

何か特別な、もしくは劇的な生産性を高める答えがあるのではと少し期待しながら読んでいったのも覚えています。

記事は長いので10のうち3つ紹介します。

1. レバレッジの高いタスクから取り掛かる

生産性とは結果、効果をどれだけ短い時間や少ない仕事で達成するかということです。現在取り組んでいる仕事はでは生産性の低い仕事もあるかもしれません。意識をして生産性の高い仕事から取り掛かりましょう。

2. ありふれた3つのテクニックこそ効果的だった

・よく食べ ・よく寝て ・運動をする

ありふれているけど最も効果的だった。時間・エネルギー・集中力をマネジメントするにはこの3つが効果的だということは覚えておきたいと思います。

3. よい習慣を身に付けると無意識のうちに生産性が高まる

日々の行動は無意識の部分が40%から45%ほどあるそうです。早起きの習慣や、食事の習慣、整理整頓の習慣、準備の習慣など様々な週間があります。何か1つでもその習慣を身に付けていくことで無意識のうちに生産性が高まります。

 

最後に、給排水設備改修に関わるカンパネでも会社としても組織編制や技術開発、人材教育等を進めることで生産性を上げていく必要がありますが、併せて一人一人の意識も大事であると思います。このような事を考え、実践していく時間を作るのは簡単なことではありませんが、自分の生産性を向上=組織や会社の生産性をあげることにもつながるので、自分自身の仕事の仕方を日々振り返りながら1日1日改善、成長していきたいと思います。

参考サイト:ライフハッカー

      1年間の実験を経てたどり着いた、生産性を高める10の答え

      https://www.lifehacker.jp/2014/06/140609_productivity.html

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No877》10月16日朝礼『「かきくけこ」の重要性』発表者:村田敬典

眼鏡皆様、おはようございます。
本日の朝礼のテーマは、どんな仕事をするときも必ず、共通できる、
かきくけこのそれぞれの意味を調べました。皆様は知っていますか。

か、感謝の心をもつ

き、興味をもつ

く、苦労をする

                             け、謙虚な気持ちを常にもつ

                             こ、行動力

何事においても、感謝の気持ちは大切です。人はどんな時も人からサポートを受けているもの。そのことに気がつけば感謝の気持ちが芽生えてきます。

カンパネの経営理念でも、感謝の心をもち、建築設備改修工事を通し、社員とその家族が物心両方で豊かになることを実現する。とあるのでいつまでも感謝を忘れずにいきます。

 

興味をもち、仕事をする人はただ仕事をするのではなく、”どうしたらもっと楽しくなるか”

”相手は何を考えているのか”…など、関心をもちます。

関心をもつには、周りにいるすべての人に、絶対に負けないという目標を持つのが1番です。数をこなすことでも、より良い品質に仕上げることでも何でも構いません。何かひとつ、これだけは負けないと自負(じふ)できる事を目指すのです。そしてその仕事に誇りを持つことができるようになれば、おのずと、仕事に興味をもつ。

 

「若い時の苦労は買ってでもせよ」ということわざがあります。

若い頃の苦労は自分を鍛え、必ず成長に繋がる。苦労を経験せず楽に立ちまわれば、将来自分のためにはならないという意味です。

苦労は必ず貴重な経験となって将来役立つもの、すなわち自分のためになるのです。

 

謙虚とは、すなおに学ぶ気持があること。です。

仕事に対して「謙虚」になれるということは、仕事に対して偽りのない心で向き合えているという証になる。今まで適当に済ませたところはないか、面倒くさがった部分はないかなど、一つ一つを省みる(かえりみる)ことが重要です。仕事と謙虚に向き合うことで、自分ができないところを把握するとともに、自分に足りない能力を再発見するきっかけにもなる。

行動力がある人は、仕事において様々なメリットがあります。仕事とは常に行動の連続であり、行動力が無ければ成果を出すことはできません。どんなに仕事に対する意欲があったとしても、行動力が伴わなければ(かえりみなわければ)全くの無意味になってしまうでしょう。

 

ちなみに働く中で成功しにくくなるのが、がぎぐげごです。

が、頑固になる

ぎ、欺瞞「ぎまん」になる。{人の目をごまかし、だますこと}

ぐ、愚痴を言う

げ、下卑[げび]になる。[意地汚い]

ご、傲慢[ごうまん]になる。[高ぶって人をあなどり見くだす態度であること。]です。

 

これからは、心を濁さず(にごさず)、かきくけこを意識しながら、安全を第一にがんばります。

仕事ができる人が絶対に忘れない「かきくけこ」とは?より一部抜粋
https://cancam.jp/summary/archives/241125?post_date=20161115185535

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No876》10月10日朝礼『基本に忠実 応用自在』発表者:齋藤 崇

斉藤さんこの言葉は私が社会人になりたての頃に、当時の先輩に常日頃から言われた言葉です。後になり、言葉の出所を調べてみると松下幸之助さんが言われた言葉でした。そこには以下の文章が添えられています。

『囲碁や将棋の上達には、まず定石を覚えること。基本がしっかりしていないと上達は思うにまかせない。仕事もまた同じ。まずは基本を学び、身につけよう。その上で、さまざまな変化を考える。そこから自在にして過たない(あやまたない)仕事の仕方が生まれてくる。伸び悩みを感じるとき、基本に忠実かどうかを反省してみたい。』

今の私がこの言葉を説明するとなると、基本の延長線上に応用があること、どんなに難しい仕事でも細分化していけば、小さい基本の積み重ねであること、基本に忠実を継続し続けることです。

カンパネ株式会社は給排水衛生設備改修工事業として39年の業歴があります。この39年という年月は諸先輩方が基本を大切にし、経験を積み重ね、その基本と経験を応用して様々な工事を施工してきた証だと思っています。私も諸先輩方のように、基本に忠実に業務を日々行っていきます。


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No875》10月2日朝礼『全国労働衛生週間』発表者:石井知幸

yo101日から107日まで、『全国労働衛生週間』が始まりました。
『全国労働衛生週間』とは、働く人の健康の確保・増進を図り、快適に働くことが出来る職場づくりに取り組む週間です。昭和25年に第1回目が実施され以来、今年で第68回目を迎えます。

私は労働衛生と聞いてもわからなかったので、調べたところ労働衛生とは労働者の健康を維持するために職場の労働条件や作業環境を改善する事、広義には職場以外の労働者の生活を健康的なものにするという意味にも使われるそうです。


会社で行っている研修も自分にとってすごく勉強になることで、この前行った長時間労働による健康被害研修の中のヨガやストレッチは、普段工事や貯水槽清掃の現場では使わない筋肉を動かすことが出来ました。今後の健康管理もかねて家で続けていきたいと思います。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No874》9月25日朝礼『子供から学ぶこと』発表者:大橋明日佳

女の子最近はめっきり涼しくなり、暑い夏が終わり秋になってきました。秋と言えば読書の秋です。
今日は、先日我が家であった出来事をお話ししたいと思います。

 

夏休みの最後、我が家では娘の宿題におわれていました。夏休み最後の週だというのに、すべての宿題が残っている娘
何種類かの宿題に手はかけているものの完了しているものがひとつもない状態。見積り、現調、現場の段取り、エコの仕事すべての仕事に手をかけて整理されていない自分自身を見てるようでした。しかし、人に教えることによって、自分もできるようになると考えた私は、まずはどんな仕事(宿題)が残っているか整理しました。そして、大変なもの(時間がかかるもの)、一人でははかどらないものから片付けることにしました。先ずは調べ学習。これは博物館などに出向き、写真をとりレポートを提出するものです。私たちの世代でいうと自由研究ですね。我が家では熱帯植物園にいきました。真夏に熱帯植物園

まぁ人は少なく、じっくり見学することができました。知らないことを調べてレポートにまとめることはこどもの頃は気付きませんでしたが、将来役に立つ、仕事をする上で必要な能力だと感じました。

 

そして次に大変な宿題が読書感想文です。目次とあらすじさえわかれば読書感想文をかける荒わざを

教えてあげようかと思っていたのですが、読書が好きな娘は本だけはすでに読んでいました。感想文はさすが女の子。少しアドバイスを与えるとスラスラと書き始めました。その後、娘はテキストなどすべての宿題を期日までに間に合わせたそうです。

 

8月より、営業部に配属された私は今、期日を守る大変さを痛感しています。技術部の頃、給排水設備改修の現場の工期を守り、約束通りお客様に引き渡すことも大変でしたが、現場では工程表や、タイムスケジュールを作成していたので今、自分が何をすべきかわかっていました。営業の仕事も同じだと思います。今日はこの後、一週間の予定をたて、期日を確認し、今何をすべきか考えてから仕事を始めたいと思います。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No873》9月19日朝礼『父』発表者:利根川隆史

父の日1週間ほど前の事、仕事の帰り実家に泊まっている息子を迎えに行った時、
珍しく父から、父と母と私と息子の4人でご飯を食べに行こうと言われたので行きました。
店に入りお酒を飲んでいると、父から『今年で65歳だから会社を辞めるわ』と言われました。私は『このご時世まだまだ働けるのでは?』と思い伝えてみましたが、父は『461つの職場で働いたので、満足だ。1度ここで区切るつもりだった。』と言いました。横に居た母は、まだ働けるのでは?という顔をしていましたが、さらっと流して『少し早いけど、ご苦労様』ともう1度乾杯をしました。久々に話しましたが、父に対して感じたことは・・・

・一つ目は家族を養う為、46年間働いてくれた父・・・感謝

・二つ目は同じ職場で46年間働いていた父・・・尊敬

・三つ目は仕事のことを一切家庭に持ち込まなかった(自分の中では)・・・切替(ONOFF)

・四つ目は自分の人生設計を実は考えていた父・・・計画

小さい時からの自分の記憶を辿ってみて考えると、父はとてもすごいなと思いました。
私は後30年弱働ける状態を維持出来るのかとか、子どもが大きくなり働いた時に何かを伝えられる仕事の仕方、計画を立てられるのか・・・など、少し心配です。この歳になり、最近は特に親はすごいなと感じます。
918日は敬老の日なので、子どもたちを連れて実家に顔を出したいです。父にはどんなモチベーションで仕事をしていたのか・・なども聞いてみたいと思います。
私なりに今の仕事に置き換えるならば、各工事現場のお客様の満足は一番ですが、二番目には現場竣工後、常に自分自身が満足して次の現場に向かいたい、それを一つ一つ積み重ねていきたいなと思います。

Water Management Company

カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No872》9月11日朝礼『夏バテについて』発表者:久保島朗

無題夏バテとは一体どういうものなのか?
・全身がだるく、疲れがとれない。
・胃腸の調子が悪くなり、食欲がなくなる。
・疲れているのに夜眠れない。
この症状は、自律神経失調症の症状と同様です。

自律神経とは呼吸、消化吸収、血液循環、体温、心拍数などを調整している神経です。
人が、考えたり動いたりなどの生命活動を行うと、自律神経中枢の細胞で活性酸素が発生し、
酸化が起こることで疲労が生じます。なんらかの原因で自律神経中枢の働きが過剰になると疲労の原因が追いつかず、
本来の機能が果たせなくなってしまいます。
これが自律神経失調症です。

夏バテさせる主な3つの要因は、
1.暑さ:暑いと汗をかき体温を調整するのが自律神経で、夏は昼間、大量に汗をかき、夜でも

      寝汗をかく状態になると、自律神経は一日中休むことが出来ず疲れがたまってしまいます。

2.寒暖の差:朝晩と真昼の寒暖の差もありますが、夏は冷房設備による寒暖差があります。

このような温度変化にも自律神経は対応しなければならず、夏はどんどん疲弊してしまいます。

 

3. 紫外線:夏は1年のうちで、紫外線量が最も多く、紫外線を浴びると体内で疲れのもととなる

活性酸素が発生します。室内にいても紫外線は浴びているので、注意が必要になります。

 

起きてしまった夏バテを回復させるには、食事や軽い運動もありますが、最も大事なのは睡眠です。

 

良い睡眠をとるため、ヒトツナギ研修でありました、快眠のための10箇条を実践してみましょう。

1.    朝起きたら日光を浴びる。

2.    休日の寝だめはしない。

3.    朝食はしっかりとる。

4.    昼寝をするなら20分程度。

5.    夕方に軽い運動をする。

6.    就寝まえの食事は避ける。

7.    寝る前にぬるめのお風呂に入る。

8.    寝酒は避ける。

9.    寝る前のテレビ・パソコン・スマホは見ない。

10. 眠くなってから床につく。

 

カンパネが行う、給排水設備改修には体の管理が大事です。

まだ暑い日が続きますが、体に気を付けて事故のないよう仕事に臨みましょう。

 

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No871》9月4日朝礼『体調管理』発表者:南保有哉

健康おはようございます。最近気温の上下が激しくなっています。そこで注意しなければならないのが体調管理です。社会人になると体調管理をするのが基本と言われますが一概に体調管理をするといっても難しいものです。

私は会社に入るまでは体調管理ということを全く考えずに生きてきましたが、
今は現場を任されたり自分でやらなければならない仕事があるので、最近は体調を気にしながら生活するように心がけています。そのおかげで体のちょっとした異変を感じられるようになりました。

体調管理を気にしながら生活していると少しの体の変化でもどうすれば治すことができるか、自分が楽になれるかという考えが浮かんできます。現場では体調を崩していると仕事への影響がとても大きいです。注意力が散漫になり、思わぬ事故を発生させてしまうと工事が止まり、お客様や自分の周りの人たちに多大な迷惑をかけてしまいます。

現場だけではありません、車を使用しているのであれば、運転中の不注意や判断力が低下し事故を起こす可能性が高くなってしまいます。現場で事故を起こしてしまったら会社の信用問題に繋がります。車を運転しているのであれば、自分自身だけではなく第三者にも迷惑を被ってしまいます。

日々の生活の中で健康であることが、安全に工事や仕事を遂行できる条件の一つと頭に入れ仕事を行っていきたいと思います。これから冬に向かってますます寒くなっていき、そしてインフルエンザの流行する時期になります。

皆様体調に気をつけ、自分だけではなく周りの人たちの体調も考えながら安全に作業し会社の目標に到達できるよう頑張っていきましょう。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No870》8月28日朝礼『報告・連絡・相談の大切さ』発表者:高橋章哲

イラストおはようございます。今日は、改めて「報告・連絡・相談」の大切さについてお話ししたいと思います。

まず、報告・・報告とは、上司からの指示や指令に対して、部下が経過や結果を知らせることです。
報告するのは部下から上司へ、又は後輩から先輩へという流れになります。

次に、連絡・・連絡とは、簡単な情報を関係者に知らせることです。

そこには自分の意見や憶測は入りません。また上司や部下に関わらず、誰もが発信側にも受信側にもなります。

最後に、相談・・相談とは、判断に迷うときや意見を聞いて貰いたい時などに上司や先輩、同僚に参考意見を聞きアドバイスを貰うことです。

私は報告をすることがあまり上手くありません。
報告をしていない→例えば、上司に指示された業務の進捗を報告していない場合は、上司が不安に陥り、管理コストがかかる。

もう一つは、クレームが発生したけれども、報告していない場合には、上司の責任が増える、被害を
最小限に抑えられないなどがあります。

社会人として報告をきちんとする人、あまりしない人がいるかと思いますが、改めて感じたのは、報告することは業務の一環であり、当たり前の事だがとても大切な事なのだと思いました。

お客様からこんなお話しがあったとか、現場でこんな状況になっています・・・等。

報告はすぐやる、状況を正確に伝える、疑問点や分からない事はすぐに相談することを改めて、自分の心に刻み、実践して行きたいと思います。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No869》8月21日朝礼『健康を保つための食事』発表者:福邉竜大

食事おはようございます。今日は健康を保つための食事について話したいと思います。

私たち建築設備改修工事業者における現場での仕事は、普段から体力を使うことが多いです。日々の食生活を改善していくことで、この仕事を11日乗り切るために、大切な習慣になるのではないかと思いますので、紹介致します。

今回こんな記事を見つけました。「スローカロリー」な食生活というものです。厚生労働省の「国民栄養調査」によると、国民の摂取エネルギーが減っているのにも関わらず、メタボ人口が増えているとのことです。その原因の一つに「血糖値の乱高下」があります。
これは食事による糖の吸収が早いか遅いかが関わっており、最近では研究者の間で「スローカロリー」な食生活が支持されるようになってきています。
スローカロリーとは、ゆっくりと食べ物の栄養価が体に
消化吸収されるような食事の摂り方のことで、単に糖質やカロリーの摂取量を抑えるものではありません。
食べ方が重要で、ルールとして,罎辰りよく噛んで食べる。¬邵擒タンパク質食品→炭水化物という順番で食べる。
B燭の種類のものを少量ずつ食べる。の3点が挙げられます。主食、炭水化物など
の糖質を抜いてしまえば、エネルギー不足や集中力低下を招くなどでデメリットがあります。

毎日忙しく、早食いが常態化している方も少なくないと思います。コンビニでもスローカロリーを実践することも出来ます。
多くの食材が摂れる幕の内弁当を買って、野菜の惣菜→肉・魚料理→ご飯の順で食べてみる。また、炭水化物は冷めた状態は体内の吸収がゆっくりになります。
うどん、パスタ、おむすびなどはなるべく冷たいものを選ぶようにしてみると良いでしょう。
こうして少しずつ食事の仕方意識していけば健康な体で日々の仕事に取り組むことができるでしょう。

コンビニ飯をメタボ予防食にする、3つの鉄則 東洋経済オンラインより一部抜粋

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No868》8月17日朝礼『目標を達成するには』発表者:國吉伸二

2イラストおはようございます。
今日は夏期休暇中に読んだ本の中で、取り入れたいと思った事をいくつか発表します。

1つめは、本や学習書などは早朝に読むという事です。早朝は頭がさえており、日中よりスムーズに頭に入りやすくなります。また、早朝のため途中で邪魔が入りにくく、集中しやすいです。わたしの今期目標の1つにマンション管理士の資格取得があります。この早朝での1時間を勉強の時間にし、合格を目指します。ただし、行き過ぎた早起きは逆効果になるため、やめた方がいいそうです。

2つめは、毎日同じ時間に起きるという事です。仕事の日と休日で違った時間に起きるのではなく、いつも決まった時間に起きることで生活リズムが崩れず、休み明けの仕事への取りかかりがスムーズにいくようになります。

3つめは、仕事の優先順位の付け方と仕事量の配分です。優先順位が同じ場合は時間がかからない方を先に取りかかる方を先にして、かかる時間が読めない仕事は、後回した方がいいそうです。また、仕事量の配分について、今までわたしは木曜日をスタートとして毎日の仕事量を均等にして進めていました。今後は、木曜日に一番仕事量を多くして徐々に

減らしていく、やり方を実践してみたいと思います。

4つめは、仕事を15分単位に計画するという事です。15分単位計画を立て、内容も15分ごとに違う仕事を行うとより集中が保たれるそうです。また人間が一つの事で集中出来るのは、90分程度と言われています。そのためなのか大学の講義やコンサート、サッカーの試合も90分単位で行われています。それ以上だと、中だるみしてしまうそうです。今後は15分刻みのスケジュールを作成し、90分以内に仕事を完了させて適度な休憩を取るようにして、ひとつひとつの仕事に集中を切らさないようにします。

5つめは、商談や打ち合わせを火曜日か水曜日に行うという事です。今後は、協力会社の打ち合わせは、火曜日に行うようにします。

6つめは、終了時には明日やるべき事をリストアップする事です。今日の仕事の全体像を把握でき、全体も一目瞭然になるからです。今までは、区切りの良いところまでと、ついつい仕事をやっていましたが、時間を決め明日のリストを確認して、自分時間をコントロールしていきます。

他にも、通勤時のスケジュールのチェック 〜4つのポイント〜

ムダ:時間や人の無駄に注意する、ムリ:時間や予算が妥当か検討する

モレ:手順や段取りで抜けていないか注意する、ミス:期日や手順に勘違いはないか注意する

スケジュールは、変えないのでは無く、変わる物として、こまめにチェックをして、4つのポイントを確認しながら進めていきます。そうすることで、品質の向上を図ります。

今まで述べた事の中で、すぐに改善できるものは改善をして、他のことについても常に意識をし、今期の目標に向かっていきたいと思いました。

皆様も再度、目標を再確認して、今のままで良いのか、修正した方が良いのかを考え、行動に移してみてはいかがでしょうか?

午前中に仕事を片づける人の習慣術 より一部抜粋

 

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No867》8月7日朝礼『エアコン』発表者:久保慶成

イラストおはようございます。
8月に入り、ますます暑い日が続いていますが、私達の給排水設備工事は、
暑い中での外の作業も
多いので体調管理は大切だと思います。

 

その中で、今日はエアコンの事について、少し話したいと思います。
会社の中もそうですが、家に帰ってからもずっとエアコンをつけている方も多いと思います。

エアコンを低い温度でつけていると、手、足、腰の冷えが慢性化してしまい、万年冷え性になってしまうかもしれないそうです。

冷え性は鼻水やのどの痛み、頭痛といった風邪のような症状から、全身のだるさや疲れやすさ、食欲不振、下痢などの消化器系の障害などもあります。

良い品質の仕事をするには、体調管理が不可欠だと思いますので、なるべく設定温度は28度又は、27度にして扇風機を併用して体調管理に努めましょう。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No866》7月31日朝礼『大規模改修工事を通じて』発表者:松倉幹夫

工事

先日、某大規模改修工事の現場を見た際のことです。
マンション共用廊下の全手すりにSPVテープを貼り付けていました。
理由を聞くと施工前の段階で、手すりに凹みや傷があり、SPVテープを貼っておくと施工する側に対し、傷をつけた際、
わかりやすいから、もちろん十分に気を付けてやる事には
変わらないが、とても細かな配慮だと感じました。

エレベータ内養生でも側面に塩ビ板が綺麗に張られていました。内側養生として賛否両論
あると
思いますが、お客様の資産に損傷をさせないという強い印象を受けました。

また、どこの大規模改修工事でも同じですが、足場搬入時、警備員を必ず配置し
第三者を
安全に誘導しています。お客様の立場で考えると当然だろうと、弊社はどうであろうか・・

足場搬入に限らず、小規模な搬入搬出でも、第三者が安全に通行してもらえる環境を作り、災害を発生させない事が
目的であるのだから・・。

そのような意味でも、業務推進5則である、

1.お客様の立場になって考えよう

1.人の話をよく聞こう

1.安全を優先しよう

1.誠実に考え、積極的に行動しよう

1.何が問題かよく考えよう

と問いかけてカンパネ目線の作業で、どんな事でも改善の余地があれば、改善し、より良い品質でより安全な方法で
取り組み、お客様所有の建築設備における資産価値の維持向上を目的と
あるように、お客様が満足出来るような
施工をお客様に提供していきたいと思います。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No865》7月24日朝礼『花火大会』発表者:山林正信

花火おはようございます。
毎日暑い日が続き今年の夏は例年に比べ、高気圧の勢いが強く真夏は気温が高く
例年以上に晴れると予想が出ています。貯水槽清掃などの無風空間や給水管切替等は
タイムスケジュールを立てこまめに水分補給をし、体調管理、熱中症に注意が必要です。

そして、今週の土曜日は、隅田川花火大会が開催されます。
夏の風物詩の花火の由来は、徳川家康のところへ訪れたイギリス人が、中国製の筒から
噴出
する形の花火を献上したのが日本で初めての花火という説があります。

徳川家康が花火を見たのをきっかけに、将軍家をはじめ諸大名の間で花火が流行しました。花火をあげた時に
「たまやー」「かぎやー」と聞きますね。鍵屋は江戸幕府御用達の花火商として
成長し続けていき、8代目のとき、
清七という優秀な番頭が現れ、のれん分けを許されて
玉屋となりました。その後、両国の川開きでは
鍵屋と玉屋が競演して、大きく盛り上がったそうです。

隅田川花火大会の本来の意味は、1733年に起きた大飢饉と悪病(コレラ)払い、悪霊退散祈願の為に、施餓鬼を
催して水神際を行い、花火を打ち上げたのが始まりで、その後、川開き
に合わせて花火が恒例になりました。

戦争で一時中断することはあったものの、1961年まで続きました。しかし、交通渋滞、建物の密集、川の汚染等の
環境悪化を理由に終了。1978(昭和53)に復活しまして、その時から場所を
以前より上流に移し、
隅田川花火大会と名称が変わりました。

今年で第40回を迎える隅田川花火大会、40回というメモリアルを記念して特別な花火も期待出来そうです。
時間があったら会社の前の道から見ようと思います。
当日は交通規制などもありますので、会社に出勤される方は
注意事項を確認し、巻き込まれないよう
に注意して下さい。以上です。

Wikipediaより一部参照

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No864》7月18日朝礼『お客様満足』発表者:保坂直人

ojii昨年度より我が社ではお客様満足を向上させる為に、お客様にアンケートを行っていますが、お客様満足度と
いうのは私たちカンパネの何のために存在するのか?ということか意味していると思います。
お客様の評価こそが
私たちの存在理由になるからです。

カンパネの企業理念に『お客様所有の建築設備における資産価値維持向上』とありますが・・・
お客様にご満足と感動を与える仕事を心掛けなければならないと、再度、痛感しました。

それには、私たち業務を行う上で推進している5則を徹底していくことが重要だと思います。

 

一つ目 『お客様の立場になって考えよう』

これは、お客様の立場になって考え求められている事はなんだろうか、私たちは、お客様の求めているものを提供できてこそ
お客様満足度が上がってくると思います。

 

二つ目に『人の話を良く聞こう』

先にもありましたがお客様の立場の相手の立場に立つときに重要なことです。

相手の話を良く聞いて何を求めているのかよく話を聞いてみることです。

安易に考えてしまったり、自分の事だけでお客様不在の考え方であったりしては、いけないのではないでしょうか。

 

三つ目 『安全を優先しよう』

これは工事をする会社では当たり前ですが、弊社社員・協力会社はもちろんのことお客様の安全は何より大切です。

お客様目線で細かい気配りを気をつけたいものです。

何かが起こってからでは遅いので、今一度、お客様目線の配慮を気をつけましょう。

 

四つ目 『誠実に考え積極的に行動しよう』

誠実と言う言葉、意味としては「私利私欲を交えず、真心をもって人や物事に対する事」とされています。誠実な人のというのは、ウソをつかない、
真剣で公平、相手の心情がわかる人のことではないでしょうか。

また、ウソをつかないということにかかってきますが、誠実さには約束を守るということも含まれていると思います。
『約束を守る』ことは簡単なようで実は非常に大変なことです。

簡単なことですが、約束を守る今一度考えて実践して行きたいものです。

 

五つ目 『何が問題かよく考えよう』

これもシンプル・簡単ですが、最も難しいかもしれません。

考えても考えてもなかなか答えが出ないかもしれません。

沢山、考えてみましょう。今、答えが出ないかもしれません。諦めないでしっくりする「これだ!」という答えが出るまでいつまでも考えてみましょう。

寝ないで考えるほど思い詰める必要はありませんが、常に気に留め考えていれば自ずと答えが見えてくるはずです。
普段から問題になっていること気に留めて様々な情報から答えを導き出せるようにアンテナを張りましょう。もしかすると、様々な情報が答えを
運んでくれるかもしれません。

 

お客様満足を向上させることは大変ですが、業務推進5則をしっかり行って何が変わるかチャレンジしたいと思います。


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ