社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2009年02月

《No175》2月23日朝礼『感謝するということ』発表者:海野隆由

35bcbef4.jpgカンパネの経営理念に「感謝」するという言葉がありますが、今回は感謝する意味について考えてみました。
忙しく日常を送っていると感謝する気持ちは実感する機会が少ないと思います。一体、感謝するとはどういう事なのかいろいろ調べてみた結果一つの言葉が見つかりました。

「幸福とは突き詰めると感謝の気持ちに尽きる」

という、とある結婚式で新郎の通っていた合気道の師匠である人が来賓に送った言葉だそうです。いい言葉だなと引っかかったので紹介させてもらいましたが、どういう事を指した言葉なのか自分なりにもう少し突き詰めて考えてみようと思い、合気道というキーワードからスポーツに目を向けて考えてみました。
柔道や剣道などの日本古来のスポーツには礼に始まり礼に終わるという考えがありますが、その意味は育ててくれた師匠や同胞に感謝する、向かい合っている相手に感謝する、またその戦いの場である道場にまで感謝し、その与えられた場所で相手ではなく自らに打ち克つ事こそが無上の喜びであるという考え方です。周りのサポートがあって初めて自分の目標が達成でき、達成できた事を周りと喜び合えること、また自分自身に感謝することが幸せであるいうことです。
この考え方は世界的なスポーツとなった柔道ではジャポニズム(日本の文化・精神)としてかけ声がREI(礼)やIPPON(一本)などそのまま使われていることでも分かる様に、その精神自体もそのまま受け継がれているようです。
柔道家は柔道をすることによって気持ちを高めていくわけですが、私たち社会人に当てはめると、師匠や同胞は上司や同僚、相手はお客様、道場は会社で、その中の自分が幸せに感じられる時というのは廻りに感謝できるかどうか、心の持ち様に掛かっていることこのことはプライベートや家庭でも同様です。感謝の意味は廻りや自分に感謝すること、また廻りから感謝されること、その相互関係を保つことにある様に思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No174》2月16日朝礼『繰り返しの中で』発表者:林 由起

62532c13.jpg仕事を一人前にこなせるようになるのはそう手間取るものではありません。たいていの人は2,3年もすればお客様の扱い、商品の説明、値段など一通りわかって1人で仕事が出来るようになるものです。
自分1人で仕事ができて毎日が過ぎていくと新たに学ぶことを中止して10年1日のごとくマンネリの中に安住してしまいます。同じ仕事を長く続ければ続けるほど自分の仕事についての関心が薄れ学ぶことをしなくなります。そして自分がマンネリに陥っていることにも気づかないものです。
現状に甘えることなく昨日より今日を、今日より明日を新たにしていかなければなりません。どのような立場の人でも毎日の生活や仕事というのは同じことの繰り返しが多いものです。その繰り返しの中にマンネリがはびこってきます。自分はそんなことないと思う心が実はマンネリの兆候であったりします。
古代中国では日常使う器物に格言を彫り、朝夕それを見て自分の戒めとする習わしがあったそうです。殷の王は洗面器に「苟(まこと)に新たなれば日々に新たにしてまた日に新たなり」
日に新たなれば=その当日
日々新たにして=毎日が新たで
また日に新たなれば=未来がまた新た
という文字を刻みつけ、毎日洗面するたびにそれを見ながら政治に取り組む覚悟を新たにしたと伝えられています。
朝夕に手と顔を清めるときこの言葉を心に刻みつけ、日々怠ることなく新鮮な心をもって修身する。仕事においても少しでも良くなるように努力を積み重ねマンネリを打破していきたいものです。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No173》2月9日朝礼『署名活動』発表者:久保島 朗

96896d4a.jpg中越地震で大きな被害を受けた川口町田麦山の小高地域に「有機汚泥発酵処理工場」建設を計画していた産業廃棄物処理業「クリーンユーキ」が計画を中止することを先月27日に発表しました。中止を実現させたのは、反対を訴える署名でした。大勢の署名が町議会を動かし、業者を動かし中止にさせたのです。
クリーンユーキは昨年6月から田麦地区住民に同計画を説明していましたが、環境汚染・住民健康被害を不安視する地区住民の反発が強まり、町議会が昨年12月に反対決議を可決していました。
一人一人の小さな署名活動から豊かな自然環境が守られ、地区住民の方々の安全な生活が保たれたことは大きな結果になりました。
ひとつひとつの積み重ねがどれほど大切か改めて考えさせられました。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No172》2月2日朝礼『マナー研修に行って』発表者:山林正信

ac4fed9b.jpg先日、某マンション管理会社様が主催するマナー研修に参加してきました。
お客様が期待するサービスとは、どのようなものか改めて考えさせられる良い機会になりました。
では、お客様が求めているものとは何なのか。
お客様が私たちに求めるサービスは、物的サービスと人的サービスです。
物的サービスとは、仕事の正確性とスピード
人的サービスとは、挨拶・見た目・清潔感
などが含まれます。技術だけを提供しているのではないのです。エチケット(礼儀作法)やマナー(行儀作法)も当たり前に必要なのです。これは普段の人間関係と同じです。人間関係を円滑に運ぶために人間関係構築の基本5則といわれているものがあります。

【人間関係構築の基本5則】
/箸世靴覆
清潔感・上品・控えめ
表情
心からの笑顔
B崚
誠意・熱意・創意を外面的態度に表現する
ぐЩ
先に・相手の目を見て・相手に合わせて大きな声で明るく
ジ斥娶い
明るく・やさしく・美しく

これらはわかっているようで意外にできていないと思います。私生活の中ではあまり意識しないと思いますが、対お客様になった場合はとても重要になります。
我社でも、普段からクセ付けるために挨拶推進運動を行っています。簡単なことですが、意外に難しくもあります。しかし、挨拶ひとつでとても明るい気持ちになれるのは誰もが同じことだと思います。これからも心がけ、大切にし、明るく毎日を過ごしていきましょう。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ