社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2010年09月

《No259》9月27日朝礼『全国労働衛生週間』発表者:村山俊明

be9cbc68.jpg今週、金曜日の10月1日〜10月7日まで、全国労働衛生週間が始まります。
今回は、ゼロ災運動について調べてみました。

ゼロ災運動とは?
人間尊重の理念に基づき、作業員全員参加で安全衛生を先取りし、一切の労働災害を許さずゼロ災害を究極の目標に働く人々全員が、それぞれの立場や持ち場で労働災害防止活動に参加し、問題を解決する、いきいきとした職場づくりを目指す運動です。しかしそのためには、自主活動の活発な展開が必要となります。

ゼロ災運動 理念3原則
1.ゼロの原則
死亡災害・休業災害だけがなければ良いと言う考えではなく、職場や現場作業に潜むすべての危険を発見・把握・解決し、根底から労働災害をゼロにして行こうという考え方です。
2.先取りの原則
究極の目標としてのゼロ災害の職場を実現するために、事故・災害が起こる前に、職場や作業に潜む危険の芽を摘み取り、安全と健康(労働衛生)を先取りすることです。
3.参加の原則
職場や現場作業に潜む危険を発見・把握・解決するために、全員が一致協力してそれぞれの立場・持ち場で自主的、自発的にヤル気で問題解決行動を実践することを言います。

ゼロ災運動推進3本柱
1.カンパネの経営姿勢
安全衛生は、まずカンパネのゼロ災害への厳しい経営姿勢に始まる。『働く人一人ひとりが大事だ』、『一人もケガ人は出すまい』という人間尊重の決意から運動は出発します。
2.安全衛生管理の徹底
安全衛生を推進するには、現場責任者が作業の中に安全衛生を一体に組み込んで、率先して実践することが不可欠です。現場責任者による安全衛生管理の徹底が第二の柱です。
3.職場自主活動の活発化
一人ひとりが危ないことを危ないと気付き、自主的、自発的にヤル気で安全な行動をするような実践活動がなければ、職場の日々の安全を確保することはできません。
私たちの現場でも危険な場所、危険な作業が必ずあるはずです、朝礼の時作業員全員に周知させて作業して行きたいと思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No257》9月21日朝礼『血圧について』発表者:北川昭彦

8fc1f4c7.jpg血圧を測定する際には、ふたつの値が記録されます。いわゆる「上」収縮期血圧と「下」拡張期血圧です。心臓は、収縮と拡張を繰り返すポンプのような働きをすることで、血液を送り出しています。心臓が縮んだときには、血液が送り出され、血管に高い圧力がかかります。反対に、血液を送り出した心臓が拡張して、肺などから血液を吸い込みます。このときに血圧は最も低くなります。また、最大血圧と最小血圧の差を「脈圧」といいます
血圧の正常範囲は上が130mmHg未満、下が85mmHg未満で、高血圧といわれる数値は上が140 mmHg以上、下が90mmHg以上です。
なお、ガイドラインで言うところの血圧とは、診察室血圧(病院・保健所等で医師・看護師により測定された血圧)となります。病院で測定した血圧は「診察室血圧」または「随時血圧」と呼ばれ、家庭で測る「家庭血圧」に比べると、収縮期血圧で20〜30mmHg、拡張期血圧で10mmHgも高くなる傾向にあります。家庭血圧について日本高血圧学会では、135/85mmHg以上を高血圧とし、125/80mmHg未満を正常血圧の基準として採用しています。家庭血圧の方が診察室血圧より高い場合、「仮面高血圧」または「逆白衣高血圧」と呼ばれます。この場合、家庭血圧を測定することは特に重要です。

高血圧の原因の90%は明確な原因が不明でが、生活習慣と遺伝的な体質が関係していることは解明されています。遺伝的なもの以外で原因となる危険因子は、塩分の摂りすぎ・睡眠不足・ストレス・過労・加齢・運動不足・肥満などがあげられます。また、腎臓病やホルモン異常など病気が原因となる場合もあります。この場合は病気が治れば改善されます。
しかし、多くの場合が生活習慣によるものではないでしょか。肥満・睡眠不足・ストレスは加齢に伴い、多くの人が抱えている問題だと思います。危険因子のなかには自らの努力によって改善できることはあるとおもいます。
症状が出る前に、普段から自分の血圧を把握し、ひとつひとつ危険因子を潰していければいいと思いました。

※血圧.(ドット)コムより抜粋


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No256》9月13日朝礼『経営理念を考える』発表者:伊藤正紀

3cae01a0.jpg今回、経営理念について調べてみました。
基本的な事ですが、そもそも経営理念とは何なのか。経営理念の意味を調べてみました。
まず、社員がどう考えたらいいのか、会社をどうして行こうとするのか、我々は何故ここで働いているのか、金儲けの為だけで働いているのでは無いという事、そう言った会社としての『価値観』を示す事が経営理念の意味だそうです。経営とは事業を管理・遂行する事で、理念とは決め事を心中深く思う事、つまり経営理念とは、事業管理遂行上、深く思う決め事だという意味になると思います。簡単に言うと、僕らが何のためにこの会社に集まっているのかを表した物ではないでしょうか。

では経営理念は必要なのか。

結果は必要だと言う事がわかりました。もし経営理念がなければ、社員が何の為にここで働いているのか?この会社がどうなっていくのか?何を判断基準とすればいいのか?
それは存在意義や将来性、夢の喪失につながっていきます。そして社内ではコミュニケーションが滞り、社内では不調和や不正が起き、それが顧客に伝わり、業績が低迷する事につながっていくそうです。
また、経営理念と業績の関係について、全国の1万社以上の企業を対象に行われたアンケートでは、売上げが、0〜2億5000万の会社で、経営理念を掲げている会社は47%、0〜10億が57%、0〜30億が70%、30億〜は76%と、理念と業績は比例の関係にあるという結果も出ているそうです。

弊社でも、ただ額に飾ってあるだけですぐに忘れてしまう、そんな感じでは、いけないと思いました。
『感謝の心を持ち、建築設備改修を通し、社員とその家族が物心両面で豊かになる事を実現する。』
この経営理念が、社員一人一人に浸透され、会社が一つにまとまっていく、とても重要な事だと思いました。

Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No255》9月13日朝礼『心肺蘇生法の講習を受けて』発表者:佐藤直之

先日、消防局に行きAED(自動体外式除細動器)の使用方法を含め心肺蘇生法の講習を半日受講してきました。
講習の冒頭ではじめに言われたのは、その命を救うのはあなたの一歩踏み出す勇気であると教わりました。確かに目の前で誰かが倒れ意識の無い状態であった場合、自分には何が出来るか。救急車を呼び、救急車がくるまで何をしたら良いか。
救急車へ連絡してから現場への到着は全国平均で6分〜7分だそうです。
発見から救急車の手配をするまで2〜3分として、救急隊が到着しその人の手当をしてもらうまで10分以上はかかってしまいます。心臓が止まった状態で10分も経過してしまいますと命が助かったとしても、脳に大きなダメージが残ってしまうことが予想されます。
救急隊が到着するまでの数分間、心肺蘇生をする事により何の後遺症も残さず命を救うことが可能であると教わりました。

簡単ではありますがAEDを用いた心肺蘇生法を紹介致します。

1.意識の確認
肩を軽くたたき、大きな声で呼びかけて
何らかの応答や目的のある仕草がなければ
反応なし(意識なし)と判断します。

2.意識反応がなければ
近くの人に119番通報をお願いし、同時に
AEDを持ってくるよう依頼します。

3.気道の確保と呼吸の確認
あご先をひきあげ、呼吸をしているかを確認

4.人工呼吸
鼻をつまみ1秒かけ2回ゆっくりと息を吹きこむ

5.心肺蘇生方
胸骨圧迫を30回、人工呼吸を2回のサイクル
でAEDが到着するまで続ける

6.AEDの使用
AEDは様々なタイプがありますが、どのタイプ
でも使用方法は簡単で、スイッチを入れれば
音声でその使用方法を導いてくれます。


ようやく涼しくなってきましたが、環境によっては熱中症の危険もまだまだ捨てきれませんし、いつ緊急事態に遭遇するかわかりません。ひとりの命を救えるのは自分かもしれない。そういう意識をもっていきたいと思いました。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No254》9月6日朝礼『敬老の日について』発表者:山林正信

今月の20日に敬老の日があるということで、敬老に日について調べてみました。

今までは9月15日が敬老の日でしたが、9月の第三月曜日に変更となり、今年は9月20日が敬老の日となります。敬老の日は、もともと「としよりの日」という名前で昭和29年に制定されましたが、もっといい呼び方にしようということで、昭和39年に「敬老の日」と改められました。そして昭和41年に「国民の祝日法」が改正され、“老人を敬愛し長寿を祝う”として、国民の祝日となりました。
由来はいろいろありますが、有力な説は2つ。
まずひとつは、聖徳太子の説です。聖徳太子が大阪に四天王寺を建てた時、ここに四天王の名前に合わせて、敬田院・悲田院・施薬院・療病院の四箇院を設置したといわれています。その内の悲田院というのが、今でいうところの老人ホームで、この悲田院が誕生したのが9月15日であったため、この日が選ばれたということです。
2つ目は、元正天皇の説です。元正天皇が717年に万病を癒す薬の滝」といわれていた岐阜県の養老の滝へ行幸し、「醴泉は、美泉なり。以て老を養うべし。蓋し水の精なればなり。天下に大赦して、霊亀三年を改め、養老元年と為すべし」と告げて、年号を「養老」に改元した故事にちなむというものです。さらに、養老の滝には敬老の日と結びつきの強い伝説があります。ある父親思いの息子が、老いた父に酒を飲ませたいと願ったところ霊泉から酒がわいたという故事です。これらにもとづき、全国的に9月中旬頃に地域のお年寄りを招待して敬老会を開くということが慣わしになり、そこで9月15日を敬老の日に定めたといわれています。いずれの説も、お年寄りを大切にする心は、今も昔も変わっていないことを教えてくれます。
日々忙しく、祖父や祖母とあまり会話する機会がない為、敬老の日は立ち止まって思いやりの心を取り戻す日では、ないかと思いました。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No253》9月6日朝礼『後回し人間?スグに実行人間?』発表者:鳥山重之

6f40f153.jpg日経新聞の土曜日の欄には日経プラス1という記事が織り込まれています。
そこに「夏休みの宿題」を題材にした記事があり、会社の業務にも当てはまるのではないかと考えました。
夏休みの実態をつかむために電通リサーチが調べたもので、小学生の子供を持つ両親を対象に行った調査のことです。
夏休み前の計画で、「夏休みの前半までに宿題を終わらせるつもりだ」と回答した人が全体の6割いました。しかし、実際のところ3人にひとりが最終日ギリギリまでかかったと答えました。計画倒れの人が多かったようです。

追い込まれないとやらない人が多いようでしたが、一体どうしてでしょうか。

ダイエットに置き換えて考えてみましょう。
『痩せよう!』と一大決心してもその実行を後回しにして、とりあえずいつも通りおやつを食べてしまう人が同じタイプの人です。しかし最近の社会のざまざまなところで事前に計画を立てる人の方が有利になる仕組みが広がっています。その典型が“早割”や“先割”と呼ばれるものです。

人間は辛いことやおっくうなことを後回しにする性質があります。特にそういう傾向が目立つは損をしがちなようです。最後まで宿題を抱え込むタイプの人はまさにそのタイプです。しかも性質なのでなかなか直せないものです。
しかし、対処法がないわけではありません。よく勉強をしている人ほどそうした傾向が低くなることがわかっています。自覚して自分をコントロールしているからでしょう。仕事も計画を立てないで行き当たりばったりではお客様ばかりか、社内にまでも迷惑がかかります。

最近の研究で、何かを後回しにする人は別のことも後回しにしやすいことを明らかにしています。

私たちは日頃から勉強する習慣をつけて、お客様からの課題を後回しにしないように徹底しなければなりません。

Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No252》8月29日朝礼『集中力』発表者:高浜 誠

最近、集中力が続かないな、と思うことがあります。どうすれば集中力が続くか調べてみました。
集中力はつけるものではなく、コントロールするものだと考えると良いそうです。
集中力はだれにでもあるもので、『自分には集中力がある』と思うこと。その上で集中力をどうコントロールするか、どう続かせるかという意識を持つ事が重要だそうです。始めにのめり込みすぎず、ペースを作り、持続させる。ペース配分を考えると良いそうです。
これを念頭におき、取り組んでいきたいと思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No251》8月29日朝礼『成長』発表者:櫻井永一

私は今週、試験を控えています。合格という目標のために努力し、自分が成長することができます。このように資格取得や実務経験を積むなど自分を成長させるための経験はたくさんあります。
その中でも難しく貴重な経験は人との出会いだと思います。相手から吸収し、相手に影響を与えることは、ひとりではなしえない成長だからです。
人にはそれぞれ、育った環境や交友関係、クセ、好きなものは違います。仕事への取り組みや時間の使い方などの価値観が異なることも多々あります。自分とは合わないと諦めて、付き合うことを避けてしまう相手もいるかもしれません。しかし、それは自分自身の成長を妨げてしまう要因の一つになりうります。合わないと感じる相手に出会えたことは絶好のチャンスだと思います。時には価値観を話し合うことも必要だと思うからです。そうすることで自分では生み出せなかったものが見え、思考の幅が広がると思います。
しかし、そのとき注意したいのが、ただ違いを話すだけでなく、相手の立場になって、よく考えることです。頭ごなしに相手を否定するようでは成長はありません。素直に吸収でき、相手を受け入れられる柔軟な心を持てる人を目指したいと思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ