社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2012年02月

《No394》2月27日朝礼『時間を守る』発表者:池田孝史

時計先日テレビで東日本大震災で最も被害の大きかった東北の特集で現在の状況を放送しているのを見ました。冒頭では復興がすすんでいる地域が紹介され、少しホッとしたような気持ちになりました。しかし、後半になると復興が遅れている地域が画面に映り、とてもショックを受けました。
私は工事屋として遅れによってお客様に迷惑をかけたくないと思いました。時間に厳しくお客様の笑顔を見るために仕事に取り組もうと思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No393》2月27日朝礼『伝える力』発表者:北川昭彦

8a49e75c.JPG本日の朝礼のテーマは「伝える」ということです。
私朝礼当番の時、まず朝礼ネタというあまりにもベタなキーワードで検索をしてしいます。今日もそんな中で見付けた記事です。
以下一部「朝礼ネタに!一分間スピーチのネタ帳」から抜粋します。
最近、連日のように地震が発生しています。会社でも、地震に備えて発電機や非常食などの備蓄を行う予定です。その地震の事ですが、皆さんは震度とマグニチュードの違いについてご存じでしょうか?
まず、震度は「地震による揺れの大きさ」です。地域によって、揺れが異なるので、地域ごとに震度も異なります。一方、マグニチュードは「地震のエネルギーの大きさ」を表します。地域が異なっても、そもそもの地震のエネルギーは変化しないので地域による差はありません。
これは電球に例えると非常に分かりやすくなります。
まず、私の真上で100Wの電球を灯したとします。このとき、私は明るく照らされるかもしれませんが、離れれば離れるほど明るさは落ちていき、部屋の隅にはほとんど光がいかないと思います。
これは、震源地から離れれば離れるほど震度も弱まっていくのと同じです。
一方、電球の100Wという事実(エネルギー)は変化しません。こちらがマグニチュードにあたります。
どうでしょうかわかりやすかったでしょうか?
以上はニュース解説でお馴染みの池上彰さんが説明していたものです。伝え方ひとつで、印象も理解度も大きく変わります。
私も人に物を伝える時、要点を完結に伝えたいと日々思っていますが、要点だけが先走ってしまったり、順序が逆だったりすることがありますので報連相や作業指示に、伝える技術というものを意識して取り組んでいきたいと思いました。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No392》2月13日朝礼『集中力』発表者:櫻井永一

本仕事をしていてしばしば集中力がきれることがあります。
そんな時、どのようなことをしていますか?
私はタバコを吸ったり、コーヒーを飲んだりと気分転換をはかっています。
ちょっとしたブレイクも脳を休ませるという意味で良いと思いますが、度が過ぎてブレイク時間が長くなってしまうと集中力がなくなってしまいます。
そもそも集中力はテレビでも検証されていましたが、集中力が最高状態だと周りのことにまったく気がつきません。手品がいい例です。
では、どうすれば集中力を自然に上げられるのでしょうか。
ある実験では
〔槁犬鮖罎暴颪、頭にいれる
例えば「見積もりを1日1件提出する」などです
▲ーワードを書く
例えば「今日は見積もりを提出して定時に帰る」などです

このようなことをすることで普段の生活から集中力が増すそうです。更に、実験ではパソコンよりも手書きの方が集中力が上がることが実証されていました。目標を自分で決めて行うことは、強い意識の表れといえます。また目標は低すぎると達成できません。少し高めに設定すると良いみたいです。
将来の目標を達成するために、1日1日の目標設定も重要だと思うので、これから実践していきたいと思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No391》2月13日朝礼『生き方を学ぶ』発表者:伊藤正紀

花粉日々生活していく中でもし自分にかける言葉があるとしたら、皆さんはどんな言葉をかけるでしょうか。
アメリカの先住民、インディアンにはこんな教えがあるそうです。とても共感したのでご紹介します。

1.批判ばかり受けて育った子は、非難ばかりします。
2.敵意に満ちた中で育った子は、誰とでも戦います。
3.ひやかしを受けて育った子は、はにかみ屋になります。
4.ねたみを受けて育った子は、何時も悪いことをしているような気持ちになります。
5.心が寛大な人の中で育った子は、我慢強くなります。
6.励ましを受けて育った子は、自信を持ちます。
7.ほめられる中で育った子は、いつも感謝することを知ります。
8.公明正大の中で育った子は、信仰心を持ちます。
9.思いやりのある中で育った子は、信仰心を持ちます。
10.人に認めてもらえる中で育った子は、自分を大事にします。
11.仲間の愛の中で育った子は、世界に愛をみつけます。

インディアンの子供に対する教えだそうですが、大人にも同様なことが言えるような気がしました。今の自分にとっても取り組める言葉のように感じました。色々な教えや考え方があると思いますが、自分自身、大切な言葉や考え方をひとつでも常に持ち続けていたいと思いました。

引用先:http://www.yamajul.com/kogoto.htm


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No390》2月20日朝礼『私がゴルフをする理由』発表者:ミケ

ゴルフ2私がなぜゴルフが好きなのか、皆さんに紹介したいと思います。理由はたくさんありますが、今回は3つ紹介します。
1つ目は、ゴルフは人生や仕事に通じるところがあると思うからです。
スポーツは野球でもテニスでもサッカーでも必ず審判がいて審判が判断を下します。ゴルフが他のスポーツと違うところは、自分で審判を下すというところです。気温、風、ライの状態などで一打一打状況が変わります。その時どこに目標を設定するのか、1打損をして安全をとるか、リスクを冒して勝負に出るか、その結果はどうであったか。自らの判断能力が鍛えられます。
ゴルフにはローカルルールがあり、落ちた位置が悪かった場合に6インチ球をずらせますが、私はずらしません。なぜなら、自分の打った球の責任は自分にあるからです。6インチずらして有利な状況も容易につくれますが、困難な場所からどのように打開するか考えるところに面白さを感じます。

2目に、マナーがとても大切になるスポーツです。全ては自分次第と言いましたが、決してワンマンプレーというわけでなく、一緒にまわっている人、前を回っている人、後から回ってくる人、それぞれに気配りをしなければなりません。例えば、まわるスピードもそうですが、芝を傷つけた場合には補修として砂を入れますし、バンカーをえぐった時には平らにならし次の人に迷惑がかからないようにします。様々な場所で気配りをすることにより人格が磨かれますし、磨くことを考えるようになります。

3つ目に、一番すばらしいことは、たくさんの人に出会えたことです。それが人脈となり、様々な考え方や視点の違う意見など本当にためになります。いつもと違った人と話すことで硬直した考えが緩み成長できます。仕事に没頭してばかりでは仕事の成長には繋がりません。皆さんにも心を健全に仕事への意欲を高めるスポーツや趣味をもって人脈を広げてほしいと思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No389》2月6日朝礼『節分』発表者:利根川隆史

節分節分は鬼を祓い、春を呼ぶ行事だそうですが、みなさんは自宅で豆まきをしますか?
節分は、季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日を指し、季節を分ける事を意味していて、特に立春は1年の始めと考えられることから、節分と言えば春の節分をさすものになったそうです。
ではどうして、豆をまくのでしょうか?
いろいろな説がありますが昔の中国の道教の影響があると言われている説では、冥府の神として信仰されていた泰山府君が住むといわれていた山が北東にあったこと、北東は鬼門と言われ十二支では丑と寅にあたり、鬼の姿は丑の角をもち、寅ガラのパンツを身につけているためだと考えられています。
12月を丑、1月を寅、ちょうど12月から1月にかけて季節の節目に鬼門が存在する鬼の出入りする方角でこの邪気を祓うことにより春が無事に迎えられると考えられています。
一般的には、豆まきは年男または、一家の主が煎った大豆をまき、家族は自分の歳の数だけ豆をたべるとその年病気にならずに長生きできると言われています。
子供の頃から何気なく行っていた行事ですが、こんな大切な意味があるとは知りませんでした。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No388》2月6日朝礼『若い世代の台頭』発表者:駒場健一

1f544b5b.jpg昨日、スキージャンプのNHK杯が札幌市で開かれました。女子の部の今回の優勝は、先月ユースオリンピックで金メダルに輝いた15歳の中学生、高梨選手でした。
古くは1972年の札幌オリンピックで『日の丸飛行隊』が表彰台を独占、私の記憶では長野オリンピックの時、スキージャンプ、スピードスケートなど日本が冬のオリンピックで好成績を残しているイメージが強かったのですが昨今ではルール改正も相まって好成績を残したと聞かなくなっていました。特にスキージャンプでは長身の北欧選手に有利なルールになり、日本勢の成績が伸び悩んでいます。
そんな中、今回の高梨選手の明るい話題はうれしく思いました。そして、若い世代が出てきたことで強い日本ジャンプ陣を取り戻して欲しいです。
また、弊社の若手社員にも高梨選手を見習って「ベテランに負けないぞ!」という意気込みで頑張って欲しいと思いました。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No387》1月30日朝礼『田舎暮らし体験』発表者:下川浩司

田舎近年、田舎暮らし生活が流行っていますが、僕も年末年始に静岡の古民家を1軒借りて、悪友3人と体験してきました。
車を走らせ、古民家が視界に入ると、小学生の夏休みに四万十川で泳いだり、カブトムシを捕りに森の中を走り回った母親の実家での暮らしぶりを思い出させるノスタルジックな雰囲気の建物でした。車を降り、日光に照らされ光沢を放つ縁側のある庭を横切り、立て付けの悪い玄関を開けると一同「オォ〜!」の声が!土間にはバカでかい天体望遠鏡と大きな切り株で作られたテーブルとイスがあり、奥の大きなカメの中には溢れんばかりの備長炭の山。隣の部屋に目を見やると、部屋の真ん中に囲炉裏がドン!と構えていました。部屋の隅っこにあった桶の中にPC用のモデムが入っていたのは、大家さんの顧客ニーズに対する配慮か…。

家の中を一通り探索した後、囲炉裏を囲み、毎度お馴染みの酒盛りを始めました。七輪があったので、前日にアメ横で大量購入した魚介類を取り出し庭で焼き始めました。クルクルと丸まっていく大きなイカを「アチィ!アチィ!」と指で広げながら焼く姿には一同大爆笑。しばらくして悪友が台所にあったサメ皮のワサビおろしを発見したので、早速近所のワサビ園で購入した生ワサビをおろしました。鼻の奥で広がる香りによって、大トロの刺身は、一段と輝きを増した事は言うまでもありません。
酒盛りも終盤にさしかかり、その場で寝てしまう者・彼女にメールをする者・深夜の歌番組で少女時代を夢中で見ている者を尻目に、僕は千鳥足で風呂場に向かいました。温泉かけ流しのヒノキ風呂の窓から夜空を見上げると、漆黒のキャンバスに光の絵具で描かれた様なオリオン座を発見!何とも言えぬ恍惚感を感じました。
リフレッシュをする方法は個人によって違いますが、たまには田舎暮らし生活でリフレッシュをしてみてはいかがでしょうか?


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No386》1月30日朝礼『一歩』発表者:井原克明

4b3a5847.jpg先週、実家に太陽光発電を設置しました。設計部、営業部の方の協力を元に足場の設置、パネルの取付、電気工事をしました。
・作業しやすいように段取りを考え、適切な指示をしていく事
・整理整頓をしながら作業を進めていくことで、物を探す時間の短縮、
安全な現場をつくる事
・目標の時間を決めて集中して仕事をする事
・確認をしっかりしてから次の仕事に進む事
当たり前な事ですが、今回の工事では重要さを改めて実感しました。
うまくいかない場面もありましたが、凄く勉強になったという実感がありました。また、 体験した事を次にも活かせるという自信にもなりました。
設置したパネルを見た時には苦労した分、達成感がありました。
問題が起きないように準備をしても、現場での問題は出てくるときがあります。それをよく考えて、ひとつひとつクリアしていくこと。今取り組んでいる仕事でも、もっとよく考えて、やってみて、達成感、充実感の味わえる仕事をしていきたいと思いました。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ