社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2012年11月

《No448》11月26日朝礼『子供の成長』発表者:大橋明日佳

鯉のぼり先日、子供の学芸会がありました。私の子供の学校は3年に1度学芸会があるので5年生の息子は2回目、2年生の娘は初めての学芸会でした。子供達は幾度と練習を重ね本番間近になると全ての役柄の台詞を記憶し、その能力の高さに驚かされます。
高学年の劇はミュージカル調になっていて大人でも楽しめるものでした。3年前は台詞の声が小さくやる気の感じられなかった息子も今年は堂々としていて大きな成長を感じました。低学年の娘は子供らしい元気いっぱいの劇で緊張しながらも上手に台詞を言えていました。普段はあまり子供の成長に接することが少ないけれど、このような学校の行事は子供の成長ぶりを感じられる良い機会になりました。元気に育っていく子供の成長ぶりに元気づけられ益々仕事ががんばれそうです。子供の成長に負けないよう、私も日々成長していきたいです。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No447》11月26日朝礼『時間はつくるもの』発表者:渡辺

時計時間がなくて出来なかった。何かやらなきゃいけないことがあっても、結局やらずに後悔したことのある人は少なくないのではないでしょうか。今思い返すと時間はつくろうと思えば作れたのに、やりたくなかったから時間がなかったことを言い訳にしていたことがあったことに気づきます。原因はやるという意思が弱かったことだと思います。確かに社会人は学生に比べると、時間の自由は少なくなります。しかし本当にやりたいことならば、自然と時間をつくって行っているものです。本当に必要なことならば、最優先で時間を割くべきです。やった方がいいと思いながらも「時間がないから出来ない」とあきらめていることはありませんか?必要なことに時間をかける。時間を言い訳にしないように行動していきたいです。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No446》11月12日朝礼『練習すること』発表者:山林正信

手術シゴト力という記事で某心臓外科医の先生が紹介されていました。この先生は現在では名医として有名ですが、苦労は計り知れないものでした。
心臓の血管の厚さはわずかティッシュペーパー1枚程度、それを髪の毛よりも細い糸で縫う様なもので、先生もティッシュペーパーを縫い合わせる練習を何千枚もしてきたそうです。
先生は、練習はある一定の量をこなすとその技術が急激に向上すると言います。しかし多くの人は努力をしても伸び悩んでしまうことで練習をやめてしまう傾向にあるそうです。
自身を振り返ってみると趣味や勉強など努力することを諦めてしまったことがあったような気がします。これからはこの話を頭の片隅に置いて様々なことに取り組みたいと思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No445》11月5日朝礼『汗をかこう!』発表者:高濱誠

お風呂汗とは皮膚の汗腺から分泌する液体で、体温調節や老廃物の排出などを行う効果がります。近年では汗をかきにくい人が増えていると言われています。汗をかきやすくするためには、代謝機能を高めることが大切です。筋肉量を増やすことやミネラルをしっかり摂ると良いと言われています。気温が低くなってくると誰でも汗をかきにくくなりますが、汗をかく簡単な方法として半身浴があります。20〜30分でもじんわり汗がかけますし、ゆっくりお湯に浸かることでリラックス効果や安眠効果が得られます。
自発的に汗をかいて健康に心がけ、この冬を乗り切りましょう!


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No444》10月29日朝礼『目的意識を持つ』発表者:櫻井永一

1f544b5b.jpg先月、友人に誘われてパーティスタッフのボランティアに行ってきました。主催者1名とスタッフ7名でしたが友人以外は全員初対面でした。初対面同士が集まって上手く会場を回せるのかとても不安でした。
事前のミーティングで進行順や各自の役割の説明を受けましたが、初めてのことだったので全員が不安な表情をしていました。スタッフ同士で会話もほどほどにパーティが始まりました。私は受付と会場の案内係でした。事前にインカムを渡されており、主催者から何度か指示を受ける場面がありました。インカムで受け答えをしていると、受付にもかかわらずお客様への挨拶がおろそかになってしまうことがあり罪悪感を感じました。
一通り受付が終わると、会場で飲み物や食べ物の配膳をしました。注文を受けて運ぶだけの単純な作業と思っていましたが、意外にもうまく回せませんでした。注文しても飲物が届かなかったり、同じ物を運んでしまたりお客様からクレームが出始めた頃、スタッフ同士で会話が増え始め「どうしたらうまくいくか」と全員が成功させるという目的意識をもった瞬間が生まれました。
こうしてパーティは成功し、「ありがとう」と言われた時は何ともいえぬ高揚感を感じました。
スタッフ全員が同じ目的意識をもち、コミュニケーションをとることによって想像以上の力を発揮できるんだと感じました。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No443》10月29日朝礼『話題の・・・』発表者:三村英二

東京先日、スカイツリーに行ってきました。当日は天気も良くたくさんの人が遊びに来ていました。車で近くを通ったことはありましたが、実際近くで見ると想像以上の迫力がありました。
エレベータで一気に登り、想像以上の高さに驚きました。眺めは最高で、すぐ近くには錦糸町にあるショッピングモールのオリナスや両国国技館、少し向こうには新宿のビル街、東京ディズニーシーのアトラクションまで見えました。ゆっくり景色を眺めていると気持ちが落ち着きました。
近くだといつでも行けるような気がしてなかなか足を運ばないかもしれませんが、是非一度は行かれることをお勧めします。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No442》10月29日朝礼『伝えることの難しさ』発表者:伊藤正紀

伝える先日、人に自分の考えを伝えるとき、つい感情的になってしまいました。伝えたいことが伝わらず苛立ちを感じてしまったからだと思います。これは自分の感情や考えを押しつけただけだったのかもしれません。そして相手が聞き入れる態勢を作ってから話すべきだったとも思いました。
自分がとった行動を相手がどう受け取ったか考えてみました。おそらく感情的になった事にたいして良い印象はないと思います。そして一度ついた印象はなかなか変わらないと思います。もしまた同じ相手に伝えたいことがある場合は感情的にならず、うまく伝えられたらいいなと思います。

思いや考えを伝えることの難しさを感じた出来事でした。上手く伝える事ができるように努力したいと思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ