社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2013年12月

《No541》12月24日朝礼『名言は行動を変える』発表者:海野

image1 「人は感動で動き、出逢いで成長する」という言葉があります。感動は人に勇気や元気を与えます。その時々の出逢いが人生を豊かに変えることもあります。言葉についても感動し、人生を変える“名言”もあります。最近出会った本の紹介をします。
『 人生はワンチャンス! 』 『 人生はニャンとかなる! 』 という、偉人の名言集です。犬と猫の面白い写真があり、そこに偉人の“名言”をわかりやすく解説をしたものです。その中で参考になる“名言”をふたつほど紹介します。

『 楽しそうにしていると本当に楽しくなる 』 アンドリュー・カーネギー実業家1835〜1919
 アメリカの鉄鋼王・カーネギーは、貧しい家庭に生まれたため12歳から紡績工場で働き始めました。彼は紡績の仕事に興味があったわけではありませんが、「紡績工場で働くからには世界一の糸巻き小僧になってやろう」と考えました。カーネギー少年は懸命に働き、認められて、次は郵便配達員として雇われました。すると今度は、番地と建物を暗記し、誰よりもその土地に詳しくなりました。その後、彼は電信技士昇格し、ペンシルベニア鉄道に引き抜かれ、ついには事業家の道を歩み始めるのです。もし今の環境に不満があったとしても、目の前の仕事を楽しむための工夫 をしてみましょう。そうすれば、仕事の中に新しい喜びを見出せるはずです。

『 すべての色には役割がある 』  松下幸之助 松下電器創業者 1894〜1989
 経営の神様と呼ばれた松下幸之助は、人間を熟知していました。彼の部下に酒好きでケンカ早い人物がいたのですが、松下はその人物に先端事業を任せようして周囲から反対されたとき、こう答えました「あいつには悪いところもあるけれど、優れたところもある。よく働くものはよく食うものだ。飯を食うなと言うと働かなくなるよ」。しかし、松下は個性的人間ばかり集めていたわけではありません。個性だけでは集団は成り立たないと考え、一見何の特徴もないような人にもどんどんチャンスを与えていきました。松下は日ごろから周囲の人にこう言っていました。「すべての部下が偉く見える。私より学問ができ、才能があるからだ」。どんな人にも、その人にしかできない役割があります。その役割を見抜いたとき、強いチームを作ることができるのです。

 ふたつ名言を紹介しましたが、私自身サラリーマンのとき、上司の言葉で励まされ、救われたことがありました。話す相手の気持ちになり、感謝の心で上司や部下に接してください。いつまでも忘れられない言葉になるかも知れません。

Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No540》12月24日朝礼『KUNAI』発表者:大橋明日佳

image おはようございます。12月も残るところあと8日となりました。皆様忙しい年末を迎えていると思いますが、どのように予定を立てていますでしょうか。私はスマートフォンアプリのKUNAIを活用しています。以前は手帳をもつようにしていましたが、予定を記入しても見るのを忘れたり、胸ポケットがかさばるのを防ぐためです。私は携帯を忘れることはほぼなく、家のなかでも持ち歩いているくらいなのでメール感覚で、いつでもどこでも予定を記入することができます。そして便利な機能が、予定の時間になるとアラームで知らせてくれるところです。私は1時間前にもアラームが鳴る設定にしているので万が一お客様との予定を忘れていても、アラームで気づき約束の時間を守れるよう対策しています。これは特にお客様との打ち合わせが多い専有部の工事になると活躍しています。
 また、回覧も外出していても見ることができるので、最新の情報をすぐにチェックできます。他にも便利な機能があります。アドレス帳と掲示板です。アドレス帳にはカンパネの関係会社の電話番号やメールアドレスがのっているので、以前は会社に電話して調べてもらったりしていましたが、その時間と手間が省けます。掲示板には現在進行している現場や過去に工事した現場の住所がのっているので、ネットで検索するより早くみつかることもあります。これらは日頃から業務グループの方々が最新情報に更新してくれています。この他にも便利な機能があるのでスマートフォンをお持ちの方はぜひ活用してみてください。
 今年最後の1週間になりますが、事前にしっかり予定をたて無駄をなくし、よい年が迎えられるよう気を抜かずに頑張りたいと思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No539》12月16日朝礼『歯ぎしり』発表者:村山

image 旅行先などで夜中に「ギリ、ギリ、ギリ」となにやら不気味な音を耳にして、目が覚めてしまったことはありませんか?当の本人はぐっすり眠っていて、目も覚めなければ、自分が歯ぎしりの音を立てていることも気づきません。誰かに歯ぎしりを指摘されない限り、自分で歯ぎしりに気づくことはほとんどないのです。
 歯ぎしりの主な原因は精神的なストレスで、歯ぎしりをすることで無意識にストレスを解消していると言われています。他にも顎の筋肉の緊張、上下の刃の噛み合わせが悪いことなども原因になると考えられますが、そのメカニズムはまだ分かっていません。最近では、睡眠時無呼吸症候群と深い関係があるのではないかという指摘もあります。ストレスや緊張が強かったり、噛み合わせが悪いほど、歯ぎしりの頻度や程度がひどくなると言われています。

歯ぎしりの影響には次のようなものがあります。
・歯のすり減りやひび割れ、歯の根元の欠け
・歯周病が進行する
・顎関節症から頭痛、腰痛、眩暈などを引き起こす など

 全身の不調を招きかねないのですから、「たかが歯ぎしりくらいで」と軽く考えることはできません。放置しないで、歯科、あるいは口腔外科を受診し、相談してください。精神的ストレスや緊張が原因と考えられる場合は、できるだけストレスの原因を取り除き、十分に休養をとって、心身の疲れを解消するようにしましょう。趣味やスポーツを楽しむなど、気分転換を図るのも1つの方法です。

「gooヘルスケア」より抜粋


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No538》12月16日朝礼『風邪予防』発表者:杉村

tissue 年末年始に向けて多忙な日や寒い日が続き、体調を崩しやすい時期に入っていると思います。社内でも体調を崩している人が多く、私自身も久しぶりに体調を崩したので、今回、ウーマンエキサイトに掲載されていた『こうすれば風邪引かない?多忙な年末を元気に乗り切る方法』を一部紹介したいと思います。

1.コタツは足を温めるのにベスト!
 ヌクヌク感に誘惑され、ちょっと暖まるつもりが、うっかり朝まで寝てしまうと、コタツは布団内部が暑くなっても空調が効くわけではないので、体温調整が上手くできなくなり、寝汗をかいて風邪を引きやすくなってしまいます。足元が冷えると血行が悪くなり、体全体も冷えやすく、より寒さを感じるので、コタツは足の冷え防止にはとても有効です。また、コタツの温度を少し低めにして、部屋の中の温度との差を小さくしてみると、眠くならず、足元からカラダを温め、血行が良くなり、健康維持へと繋がります。

2.エアコンは快眠、寝覚めスッキリに効果的
 冬場、寝室が寒いと寝付きや寝起きが悪くなるので、入眠時と起床時を快適にするためにエアコンを積極的に活用しましょう。寝る前にエアコンを20度に設定して部屋を暖め、布団に入った後、ちょうど良いくらいにします。布団の中が暖まるように、はいでおくのも良いです。朝がつらい人は、起床1時間前にタイマーをかけると良いです。ただし、室内の乾燥に気を付けないと、喉をやられ、風邪を引きやすくなるので、湿度は十分補いましょう。埃は鼻炎や風邪の原因にも繋がるので、空気の入れ換えなども忘れずにしましょう。

 多忙な日が続きますが、何かとイベントが多い年末年始、楽しく元気に過ごすために、そして年明けからも、体調の良い状態で仕事を迎えられるように、体を温め、健康管理にはしっかり気を配りましょう。

ウーマンエキサイト 抜粋参照


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No537》12月9日朝礼『宮崎駿監督の話から』発表者:町田珠圭

1 おはようございます。
 私の朝礼は、ジブリでお馴染みの宮崎駿監督が引退した時に話していた内容をNHKONLINEより、1部を抜粋してお話ししたいと思います。

 「アニメーション制作は、実写と異なり、すべてを“無”から生み出さなければならないため、風に揺れる草の1本1本まで描かなければならない。しかも少しでも手を抜こうものなら、それがスクリーンであらわになり、作品の品位をおとしめる。出てくる蛇口が細くなってしまったため、満足のいく作品が出来上がるかどうか分からない恐怖感があった。大事なことは大抵、面倒くさい。」と宮崎駿監督は、会見で話をしていました。

 私は、この会見を聞いて、大事な事ほど面倒くさいと感じてしまうもの。
 ですが、手を抜くと何処かで感動が半減してしまい、品質や人の信頼を失くしてしまうのではないかと考えました。

 業務の中でも、面倒くさいから後回しにしたり、面倒くさいからこれくらいでいいか、面倒くさいからいつかやろう。と考えていると、最後には取り返しがつかない事になりクレームや、会社の信頼を失くしてしまうかもしれません。
 面倒くさいけど、それをやり遂げることで自分の成長を感じられるのではないかと思います。自分の為であり、相手の為、お客様の為だと考える事が重要だと思います。業務においても、何事も後回しにせず業務をこなしていこうとおもいます。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No536》12月9日朝礼『冬の眠りが長くなる理由』発表者:山林正信

image 冬になると中々布団から出られず、朝の活動開始が遅くなってしまう、そんな経験がある人は多くいるかと思います。単純に、冬は寒いので暖かい毛布から離れがたい、という理由もあるでしょうが、人間の体温変化にも関わりがあるという説があります。
 人間は夜になると体温が低くなり、朝に向けて上昇します。この変化は覚醒・睡眠リズムのひとつの機動力となっていますが、気温が低い場合、熱を十分に作り出せない人は、朝の体温上昇が鈍くなり、中々起きられなくなると考えられます。雪山に遭難した場合、眠ると危険と言われますが、それにも関わらず眠たくなってしまうのは、人の身体は、体温がある基準まで下がると眠りやすい状態になるためです。しかし、雪山で眠ってはいけないのは、気温が低すぎるために、目覚めるための熱量をつくり出すことができなくなってしまうからです。
 もう一つ、日照時間が短いことも理由として挙げられます。冬の日の出時間が遅いことから、起きるのが遅くなりやすいと考えられます。太陽の光も夏に比べて弱く、気温が低いために日中の活動量も減少し、覚醒度が高くなりにくいため、生体リズムが変化し、眠りの質も低下しやすいと考えられます。そのため、眠りが浅くなった分、長く寝たくなるのではないかと言われています。解消方法としては、規則正しい生活を基本に、体温を上げる工夫をし、体調管理を行い、寒い冬を乗り切りましょう。

朝時間.jp 快適お目覚め術 一部引用


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No535》12月2日朝礼『冬の空』発表者:高濱誠

c 早いもので今年も12月に入り、あと1ヶ月となりました。年末になり忙しい日々が続いてきます。みなさんの疲れも溜まっているのではないかと思います。そんな時は冬の星空でも見てリラックスしてみてはいかがでしょうか?
 東の空にはかに座、しし座、ふたご座、おおくま座、南の空にはオリオン座、シリウス星、おうし座、うさぎ座、西の空にはうお座、アンドロメダ座、カシオペア座、北の空には北斗七星、北極星、と様々な星座がキレイに見えます。
 帰り道など星空を見ながら歩けば少しは心も癒やされると思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No534》12月2日朝礼『ピタゴラス』発表者:浦山

b ピタゴラスは古代ギリシアの数学者で、哲学者でもあります。よく知られているのは、ピタゴラスの定理で、みなさんも直角三角形の斜辺の長さを計算するときに使ったことがあると思います。
 今日は、そんなピタゴラスの世界観の中でも、あまり知られていない数字に関する哲学についてお話しします。
 ピタゴラスは物事の根源、哲学用語でアルケーと言われるものについて、このように考えていました。数字の1は理性、2は女、3は男、4は正義または真理、5は結婚、6は恋愛、霊魂、7は幸福(今で言うラッキーセブンに近い捉え方)、8は特別な数(音楽の1オクターブを最初に八音階に分けたのもピタゴラスです。このことから、8に対しては本質や愛などの意味があると考えていました)9は不明となっており、10は、1(最初の数)+2(最初の偶数)+3(最初の奇数)+4(最初の平方数)でできていることから、神聖な数であると考えていました。
 この法則に則って考えてみると、1+2=3で、女性に理性を加えると男性となり、2+3=5で、男性と女性を足すと結婚、2×3=6では、恋愛と考えられます。(結婚と恋愛の違いについてはまた諸説がでてきてしまうので、ここでは割愛します)3+3=6というのは、当時ギリシャでは男女の愛よりも男性同士の友情の方が優れていると考えられていたためと考えられます。2+5=7で、女性は結婚で幸福になる、という意味になります。
 このように、ピタゴラスは世界は数でできているため、数で説明することができると主張していました。
 数に関する様々な考察は古代から多くの文明人が行っています。雑学として一度知るだけでも面白いと思うので、興味のある方は是非調べてみて下さい。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No533》11月25日朝礼『スポーツ』発表者:三村英二

a 最近みなさんは、休日にスポーツをしていますか?私は先日の休みに、友人たちとフットサルをしてきました。その時感じたことを話したいと思います。
 1ヶ月に1、2回ほど活動していますが、なかなか参加できず、久しぶりに参加しました。身体もガチガチに固まっていて、ストレッチでほぐすのも痛いくらいでした。友人の会社が主催の大会だったので、他のチームは同じ会社同士の方たちでした。
 試合ではみんな汗を流しながら楽しい時間を過ごし、怪我もなく無事に全試合が終了できました。結果は私たちのチームが優勝しましたが、結果以上にみんなで1つの事で汗をかき、楽しい会話などを交わしてリフレッシュできたことが良いと思いました。スポーツを通して、会社ではとれないコミュニケーションをはかるのも、会社や部がまとまる1つの方法かなと思いました。(2、3日は筋肉痛で苦しみます)。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No532》11月25日朝礼『魅力について』発表者:渡辺

image おはようございます。
 今日は魅力について話したいと思います。私が以前読んだ、永松茂久さんが書きました『斎藤一人の道は開ける』という本に、「魅力とは「また」である」とあります。「また会いたい」「また行きたい」「また聞きたい」そう魅力を感じた人や店には「また」が付いてくるのです。ではどうやって魅力を上げていくか、それは「人が自分に何かをしてくれるのか」ではなく「自分が人のために何が出来るか」を考えることです。
 これは仕事でもプライベートでも当てはまります。魅力の少ない人には仕事は集まりません。逆に魅力のある人のところに仕事は集まります。「また」の積み重ねが人や会社への信頼を築くことに繋がっていくのだと思います。私は今年で社会人3年目です。直接お客様と関わる機会は少ないですが、電話やメールでの対応や社内での依頼事の全てを相手の満足できる形で応えられていたかというと、そうではありません。今年も残るところ1ヶ月ほどになります。もう一度見つめ直し、また次もお願いしようと思ってもらえるような、魅力のある人を目指していきたいと思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ