社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2014年02月

《No552》2月17日朝礼『ストレス解消法について』発表者:村山

1 思いっきり泣いたあと、気分がすっきりしたことはありませんか?
 涙にはカタルシス効果(心の内の不安や苦悩・憤怒などの感情を口に出して表現することで、その苦痛が解消されること)があると昔から経験的に知られていましたが、最近の研究で、涙には心にも体にも「癒し効果」があることがわかってきました。
 ストレスとの関係が深い自律神経は、呼吸や血液循環といった、体の大切な働きを意志とは関わりなくコントロールしていて、緊張や興奮を促す交感神経と、リラックスや安静を促す副交感神経があります。泣いて涙が出るという状態は、交感神経が優位な状態から、副交感神経が優位な状態に切り替わることによって起こっています。だから、涙を流して泣くときには、ストレス状態が解消され、リラックスした状態になります。
 逆に、涙をこらえるのは、緊張状態を長引かせ、ストレスを溜めることになり、健康によくないというのです。また、泣いた後には、脳内ホルモンの1つでモルヒネ様物質として知られる「エンドルフィン」が増加することがわかっています。エンドルフィンには、強い鎮静作用があり、適度な運動の後などにはこの物質が増加して、ストレス解消とすっきり感をもたらすことが知られています。
 普段はアクション映画しか見ないという方も、たまには、泣けると評判の映画を見てはいかがでしょうか。思いもよらず、涙を流してストレスが解消されるかもしれません。

gooヘルスケア 健康コラム より引用抜粋


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No551》2月17日朝礼『ストレスフリーなライフスタイルをつくる』発表者:齊藤崇

image2 出版元 大和書房(だいわしょぼう) 著書 中野ジェ−ムス修一さんの下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」という本の中から、ストレスフリ−なライフスタイルをつくるという項目について紹介をしたいと思います。

 ストレスの元になる刺激の事をストレッサ−と言いますが、これは心理的な刺激だけではなく、光や音などの物理的なものや、薬やアルコール等の科学物質、花粉症や感染等の生物的な刺激もすべてストレッサ−です。こうして考えると私たちの生活にストレッサ−はつきもので、まったく無い環境というのはありえません。ただ、これらをどう感じるかは人によって異なります。たとえば、カフェで流れる音楽が心地よいと感じる人もいれば、不快に感じる人もいます。なかには、無音でないと集中できない、と感じる人もいます。ポイントは、そのストレッサ−が通常のレベルなのか、過剰なのかの違いです。

 エスカレ−タを使わずに階段を使うことや、電車内で立つこと、運動することなどにも言えます。こうした行動をストレスに感じる人は、運動をしたり、立ったりすることが過剰だと受け止めるから嫌になってしまいます。しかし、自分の受け取り方が、「階段を使えば足腰が強くなる」「電車で立っていれば筋トレになる」と言うように、ポジティブに切り替えたら過剰なストレスではなくなるはずです。これまで体を動かすことを過剰なストレスと感じていた人が、ポジティブにとらえられるようになると、運動にとって最も重要な「継続」につながります。人間はどんなに必要性を感じても、嫌だと思っていたら続きません。積極的にやりたいと思えること、楽しいと感じられることではじめて、次もやろう、続けようと思えると書かれています。

 この項目を読んで、過去の自分の生活の中で、どこまでが通常のレベルのストレッサ−で、どこかから過剰のレベルのストレッサ−なのか振り返ってみると、時間でした。短時間で目標を達成、結果を出すことについては、取り掛かりも早く、苦にもなりません。長時間で目標を達成、結果を出すことについては、取り掛かりも遅くなり、どのような結果が出るのだろうと不安や戸惑いを感じながら行ってきました。自分の性格上、目標を達成、結果を出すことに最善の方法は、細かくゴ−ル設定しその都度、達成感や満足感を得られれば過剰のレベルのストレッサ−にならないと考えました。生活していく中でやるべきことはたくさんありますが、1か月、1年かかる目標をまずは1日ごとにゴ−ルを設定してみようと思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No550》2月10日朝礼『父に聞いて』発表者:高橋真次

image1 私の父は、高校卒業から定年まで約40年間同じ会社に勤めあげました。
 きっと楽しいことだけではなく、つらいことや、辞めたいと思ったことも多かったと思います。私はそんな話を自分が入社する頃に聞いて、自分も父を見習いたいと思いました。
 私は今年で入社4年がたち、5年目に入ります。この4年を振り返ってみると、辛いことの連続で、楽しいこと少しという感じでしたが、最近は少しずつ仕事の中で楽しいと思えることが増えてきたように感じます。
 よく、仕事は3年続けないさいという言葉がありますが、自分のことを考えてみると、長い道のりにはなりますが、父に習い、定年まで自分の仕事を勤めあげたいと思います。
 今年度入社した新入社員の方たちにも、まず3年間しっかり自身の仕事と向き合い、業務に励んでもらいたいです。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No549》2月3日朝礼『節分』発表者:高橋章哲

image 節分は、現在では立春の前日を指しますが、元々は、それぞれの季節が終わる季節の節目、つまり、立春・立夏・立秋・立冬の前日をいいました。
 節分といえば豆まきですが、節分に豆で邪鬼を払う行事は室町時代からあったとされ、その時にも「鬼は外、福は内」と唱えていたと「臥雲日件録」に記されています。
 最近では節分に太巻きを食べる人も増えています。節分の日に、太巻き(巻き寿司)をその年の恵方に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら丸かじりする習慣は大阪地方が発祥とされています。近年では大手コンビニエンスストアのセブンイレブンが、節分の日に食べる太巻きを「恵方巻」と名称を付けて販売したことから、恵方巻を食べる習慣が関東でも盛んになっています。ちなみに、今年2014年の恵方は東北東です。
 年も明けて、1月が過ぎ、2月3月とこれから一層忙しい時期に入ります。忙しい時こそ、ミスが起こりやすくなります。安全に丁寧に、慎重に、一つ一つの仕事に意識して取り組みましょう。

『366日への旅 今日は何の日』 一部引用参照


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No548》2月3日朝礼『イライラしない』発表者:高濱誠

a 小さなことにイライラしないためには、どうすべきでしょうか。まず、小さなイラッが起きたら、「自分がどうにかできる問題か?」でその問題を取捨選択しましょう。例えば、行ってしまった電車を戻すことはできないですし、動きの遅い店員さんに怒っても変わることは少なく、後味も悪いですよね。
 いくら自分の中でイライラしても、物理的な状況が変わることはありません。自分の力ではどうにもできない、それなら「仕方ない」と諦めることしかできませんよね。むしろブラックな感情を抱くだけで、心身ともに悪影響。自分が損をするだけです。
 小さなイライラには「イライラしたところで仕方ないもの」が多いのです。それが分かっているから、余計イライラすることもありますが・・・。そのままでは、今後何十年も、同じことで無駄なエネルギーを使うことになります。今きっちり諦めてしまえば、今後が楽ですよ。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ