社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2015年07月

《No681》7月27日朝礼 『水の週間』発表者:高濱 誠

2国土交通省では、水資源の有限性、水の貴重さ及び水資源開発の重要性について国民の関心を高め、理解を深めるための記念日を毎年81日に「水の日」、そしてこの日を初日とする一週間を「水の週間」と定めています・

1年を通して8月が一番水を使う量が多い月であることから、その月の最初に節水を呼びかけるためにこの日を記念日としました。
人間にとって身体の60%以上は水で占められています。
普段の生活の中ではあまりに身近な水。
日常では最も大切なライフラインになります。

我々は、貯水槽清掃、給水管改修と水に大きく関わる仕事をしています。
マンションで暮らすお客様にも同じ事がいえます。
この水の日を期に、水について考える時間を作ってみたらいかがでしょうか。



Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No680》7月27日朝礼 『プロフェッショナル』発表者:保坂直人

2プロフェッショナルな仕事について調べてみました。
プロフェッショナルを辞書で調べると【職業人、専門家、本職、プロ、くろうと、本格的な】等が書かれていました。

世間で通用する専門知識・技能・能力を持てその分野で価値を生み出す仕事をしている人ということなのでしょうか。
プロ野球選手のようにちょっとかけ離れた存在、感じのする言葉です。

私たちカンパネは、給水設備改修工事のプロとして、お仕事をさせて頂いて下りますが、一部の技術的作業従事者だけがプロフェッショナルでその他の間接部門の部署は、プロではないのか?
また、技術職の職員すべての人がプロとして胸を張って言えるのであろうか?
プロとして働くには、アマチュアと違い、報酬を得て働くという大きな課題もありますが、仕事にやりがいをもったり、手応え、達成感を感じたり持ったりしながら楽しく仕事をすることなのではないでしょうか?

プロ=『自分の仕事に誇りがあり、お客様に満足している』状態の事だと思います。
『やりがい』と聞くと=つらい、きつい、大変な仕事等とも言えるでしょう。
ですが私たちの仕事をする上で、プロとして『自分の果たすべき役割』というと大変ですが、自分の置かれた環境で自ら考え自分の強みを発揮できる分野を探し出し特化して、そこは誰よりも素晴らしいという自負を持てる仕事をすることが良いのではないでしょうか。
反対にアマチュアという意味は、しろうと、仕事としてその報酬を受けない、愛好家というところでしょうか。
技術専門会社としては、間接部門の人であれ、しろうとが多いというと、ちょっと残念な感じがしますね。

やはり、社員全員がプロ意識(自分の強みを生かす仕事)をすることで、皆さんが誇れる素晴らしい会社になっていくのではないでしょうか。
必ずしもやりたい仕事に就けている人ばかりではないかもしれませんが、その環境だから力が発揮出来ないと言うことはないと思います。

どんな仕事、状況下でも、自分の強みを探し出して、そこに集中して、絶対に負けない強さを持つことでエンジョイできるのではないでしょうか。 
それがプロとして誰でも勝つコツだと思います。
それぞれ人が、キラキラと輝けるように、今一度自分を見つめ直して自分の良さ、悪さ、習性、クセ、今までのやり方だとこんな結果になってしまう等、客観的に自分を観察するようにして、楽しく、結果の出る仕事をイメージしながら、集中しながらも充実した仕事を出来るようこの機会に自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか。



Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No679》7月22日朝礼『夏バテ』発表者:三村英二

2今年は、一昨日の719日に梅雨明けをしまして、これから本格的に気温が上がり暑い気節になります。
そこで夏バテについて調べてみました。
高温多湿の夏に身体がだるかったり、食欲不振になるなどの夏におこる身体の不調が夏バテです。
代表的な症状は全身のだるさと疲労感です。
何となくからだがだるく、疲れがとれにくい日々が続きます。
また暑さによって、睡眠不足になることも少なくありません。
それによって、さらにだるさや疲労感が増すという悪循環に陥る事もあります。
自律神経の不調によって消化器の機能も低下し、食欲不振に陥り、身体に必要なエネルギーやビタミンの不足を招くことがあります。
対処法として、食欲がない時は、食欲増進、疲労回復効果のある辛い物や酸味のある物など、趣向を変えて食べてみましょう。

またお風呂に入った時に、足の裏の人差し指と中指の骨の間で、少し窪んだところにある湧泉というツボを押すと、自律神経の働きが高まり、疲れも取り除くことができます。
食事だけでは必要な栄養ドリンクを活用してみましょう。
体調管理をしっかり行い、夏バテしないよう夏を乗り切っていきたいと思います。


Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No678》7月22日朝礼『漏電事故』発表者:久保島朗

1

19日の午後、西伊豆で川に遊びに来ていた家族が感電し、2人亡くなるという事故が発生しました.
子供が最初に感電し、助けに行った親たちが次々に感電したものと見られています。
原因の確定には至っておりませんが、現在わかっていることで、動物除けの電気柵が設置されていて何らかの原因で、電気柵の電線が切れて川に浸かったことのようです。

ハッキリとはわかりませんが、通常行っていれば妨げたかもしれない事を下記にあげてみました。
・電源に漏電遮断機が設置されていなかった
・動物が夜行性のため、昼間は電源を入れる必要が無いようですが、電源が“入のままになっていた
・電源柵の設置や、感電の危険性など、周知されていなかった
このような可能性が挙げられますが、カンパネも給排水改修工事の現場では漏電ブレーカーの設置をすることとなっています。



Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No677》7月13日朝礼『新国立競技場』発表者:竹内裕人

22020年の東京五輪・パラリンピックのメイン競技場となる新国立競技場の建設計画が大きく揺らいでいる。
201211月にイギリスの建築家であるザハ・ハディド氏による複雑な流線形のデザインを、国立競技場を運営するJSCが選定した。

当初の総工費は約1300億円と見込まれていたが、大手建設会社が見積をした所、総工費は3000億円を超えることが分かった。
最終的に総工費は約2520億円で落ち着いたが、それでも巨額の総工費や、完成後の維持費が50年で1000億円に上るとも言われており多くの批判が出ている。
又、そのデザイン性を重視するあまり、新国立競技場には陸上選手に必要なウォーミングアップの為のサブトラックがなく、陸上競技の世界大会が開催出来ないこともあり、アスリートからも批判の声が挙がっている。
私たちは給水・排水設備の改修工事を主に行っていますが、工事の種類や規模によっては多くの材料が必要ですし、工期もかかります。
又、デザインや安さを重視するあまり、却って断水の危険性を大きくしてしまう可能性もあります。
なので、しっかりと現場を調査し、ムダのない材料選びをして、まずは住民の方々が安全に、そして快適に生活が送れる環境を作れるような工事を心掛け、その上で少しでも安くできるような工事をしていきたいと思います。



Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No676》7月13日朝礼『行動』発表者:伊藤正紀

1先日、仙台出張での給水設備改修工事を終え、東京へ戻ってきました。

約半年間という期間を仙台で過ごし、東京にいる時とは少し違う経験をできたのではないかと思います。

新しい経験をすることは、少なからず自分にとってプラスになり、新しい行動を一歩踏み出す何かのきっかけになるのかもしれません。
「自分が行動したこと すべては取るに足らないことかもしれない。
 しかし、行動したという そのことが重要なのである。」
この言葉は「インド独立の父」として世界的に知られる人物であり、民衆暴動ではなく「非暴力、不服従」によってインドを独立に導いたガンジーのものですが、例えば仕事において、行動を起こした結果が実らなかったとしても、その事実によって少なくとも自分は成長し、身の周りにいる人たちに少しでも良い影響を与えることができれば、もう一度、挑戦しようという気持ちにもなるのかもしれません。
最初から上手くいくことはそう多くはないと思います。
行動する前に諦めるのではなく、後悔しないために、いま何をするのかを考え実践する、そんなことが必要かとも思います。
習慣づけること、行動を起こすタイミングを逃さないこと、いつも先延ばしをしていたのでは、それが当たり前のようになり、そのペースが習慣化してしまうのではないでしょうか。
すぐやる習慣を身につけることが大切かもしれません。
「何かを始めるのに、優れた人間である必要はない。優れた人間になるために、何かを始めるのだ。」
こんな言葉もありますが、過ぎた時間を後悔しないように今を行動すること、行動しながら判断し修正することを身に付けていくこと、そんなことがこれからの自分にとって必要なのかもしれない、そんなふうに思いました。



Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No675》7月6日朝礼『薬』発表者:榎本

2おはようございます。
今日は、先日風邪をひいてしまい長引いたことから学んだ、薬についてお話したいと思います。
まず、薬とは皆さまどのような時に飲まれますか?
きっとほとんどの人は具合が悪い時に飲むと思います。
大体の人は、具合が悪くなり薬を貰いに病院に行くというケースが多いと思います。
私もそうでしたが、実は先日の風邪の時に、薬が身体に合わなかったようで、副作用が起こってしまい大変なことになりました。
薬疹がでてしまい、普通の風邪がもっと重いものになるということを初めて経験しました。

この経験から、調べてみたのですが、市販薬の副作用により生死の境をさまよい、後遺症で左目の視力をほとんど失ったという女性がいるという記事を見つけました。
2012年8月、国は市販薬による副作用の被害の実態を公表し、注意を呼びかけています。
中には死に至るケースがあることも明らかになっているとのことです。

これも踏まえて、皆さま薬を飲むときは、副作用等も考えて飲むようにするのが良いかと思われます。
自分に合うものなのか、体調はどうか?など。
私は今回のことで脱薬と考えていますが、なかなかそれも難しく自己治癒力を高めることを目標にしています。

私たちの会社では、給水設備の改修工事や貯水槽清掃等をおこなっています。
身体が健康であってこそ、元気に毎日を過ごすことが出来ると思います。
薬は飲み方を間違えると大変なことになりますので、皆さま今一度、自分の為、家族の為にも気をつけてみてはいかがでしょうか。


Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No674》7月6日朝礼『体調管理』発表者:石井知幸

1おはようございます。
本日は、体調管理について話したいと思います。健康とは、身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、単に病気あるいは虚弱でないことではない。
健康管理とは、各人それぞれが自らの身体と精神とを健康状態にあるように積極的に努力することを言います。
健康とは案外大変なものですね。
生まれ持ってのものもあるので、健康になるのはそう簡単なものではありません。

しかし、努力することこそ健康管理、健康に良いことをやっていきましょう。
体作りの3原則(運動・食事・休養)
それでは具体的にどうしたらいいのでしょうか?
まずは皆さんも聞いたことがあると思う「運動・食事・休養」の3つの柱。
私たちの日常生活は様々な動作からなっています。
そしてそれら全て、脳からの指令が筋肉に到達し、筋肉が収縮して骨を介した管切運動によってなされます。
また、生きていくためのエネルギー源や酸素を運ぶ血管や血液なども生活上で重要な働きをしていきます。
そして体にあるこれらの器官や組織を作ってくれるために不可欠なものが、運動・食事・休養などの生活習慣なのです。

運動
:身体を作る力
食事:身体を作る材料
休養:身体を作る時間

日々浪費していく私たちの身体を、健康に保つ、または強化するために必要な
3つです。
また、生活サイクルの乱れが慢性化すると、自律神経の働きが悪くなり、さらには、脳内ホルモンの分泌や分泌リズムのズレにも繋がります。
そのため、就寝時間が遅くなって目覚めが悪い。
日中、元気が無い。
夜、ぐっすりと眠れない。
と言った生活に陥りがちです。
それを防ぐには、まずは生活サイクルの見直し、バランスのとれた「運動・食事・休養」をとることが大切です。
これらをより良くしていくことで、より健康的に、より幸せに近づくと思います。
贅沢は禁物ですが、向上心は大切にしたいですね。


Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No673》6月29日朝礼『大事』発表者:杉村

2


『小事に拘りて大事を忘れるな』
家にかけてある名人名句カレンダーをめくっていた時に、ふと目にはいってきた言葉です。
これはことわざで、「目先の小さなことにとらわれて重大なことを見失わぬように、常に自分の目的を意識しよう。」という意味です。
もちろん目先のことを考えることは大切だし、生活や仕事では小事の積み重ねが大事をもたらすことのほうが多いと思います。
しかし、その「小事」が何のためになされているのかという「大事」への方向性からずれ始めたら、これは要注意です。
私たちの仕事は安全や信用が求められる職業です。
「大事」を見失うことで大きな事故やクレームにつながる可能性もあります。
自分は何のために行動しているのか、本来の目的が何なのかを意識しながら物事に取り組むことが重要であると思いました。

世界平和青年連合 名言名句「言葉は力なり」より一部抜粋


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No672》6月29日朝礼『自分の体が1番の頼り』発表者:利根川隆史

1おはようございます。
先日インターネットを見ていて気になる言葉を、タレントの所ジョージさんが行っていたのでその一文を紹介します。
それは「準備万端だと全部それに頼っちゃうから靴がずるってなるくらいがちょうどいいの。
自分の体が
1番の頼りなのだから。」というものです。
この言葉を見て人それぞれ感じ方が違うと思いますが、最後の「自分の体が1番の頼り」という所は、全員がうなずく所だと思います。
どんな職業、環境であっても健康でないと、なに一つできないと改めて思いました。
社長も言っていますが、健康でないと準備はしていてもそれを実行できないと意味がありません。
梅雨のジメジメした時期、体調も崩しやすいですが今週もまた一週間、健康に気を使い過ごしたいと思います。



Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ