社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2015年12月

《No724》12月28日朝礼『お客様』発表者:大橋明日佳

お客様おはようございます。
先日、モスバーガーに行ったときに何気なく手にとったチラシに興味深い事がのっていたので紹介したいと思います。
モスバーガーを経営している()モスフードサービスでは、2011年からタウンミーティングを始めました。
実際にモスバーガーを利用しているお客様や、野菜や食材を生産している農家の方々、お店のオーナーやキャスト、
社員までさまざまな立場の人たちが垣根を越えて交流し、現在参加者は、3,218人を越えたそうです。
このタウンミーティングでは、マーケティング調査では知ることの出来ない、『生の声』を聞くことができ、
朝モスに行ったのに営業していなくてがっかりしたという声を受けて、営業時間を早め、野菜のデザートが食べたい、
コーヒーのおかわりが出来ればもっとゆっくり過ごせるのにという声を受け、デザート開発をし、
『生の声』を、実現可能か実研しているそうです。
私は排水管の改修工事を行っていた現場で、実際にマンションに住んでいる居住者の方とお話をする機会がありました。
始めはご挨拶と世間話程度でしたが、お話をしていくうちに、工事に対する意見や、
今後の工事の際に参考になることをお話して頂き、とても勉強になりました。
お客様の立場になって考え、行動することが、改めて大事だと思いました。
これからもお客様との交流を大切にし、より良い仕事をしていきたいと思います。



Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No723》12月21日朝礼『血圧』発表者:高橋章哲

血圧おはようございます。
最近、血圧手帳を毎日つけております。
つけることによって、体調の変化や寝不足などのリズムを気にすることが出来ます。
年末・年始、これからお酒を飲む機会が増えるので、気をつけていきたいです。
お医者様に言われたのですが、「やるのは自分自身だよ」
この言葉を大切にし、健康や安全に気を付けて日々を過ごしていきたいと思います。


Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

 

 

《No722》12月21日朝礼『朝起きる方法』発表者:久保慶成

朝礼おはようございます。
最近、寒くなり、朝起きると布団から出るのが辛い季節になってきました。
一度起きたのに、寒くて布団から抜け出せず二度寝してしまった経験のある方もいると思います。
私たちの設備工事は、断水の時間が決められており、断水日は寝坊出来ません。
そこで、今日は私が二度寝しないようにやっている方法を紹介します。
一つは起きたら、足だけ布団から出すことです。
これは、体は温かいけど足が冷えてきて意識がはっきりします。
もう一つは、携帯のアラームをバイブ設定にして枕の下に置くことです。
私は、音よりも振動の方が効果があると思います。
朝弱い方は、一度試してみて下さい。



Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No721》12月14日朝礼『疲労回復』発表者:山林正信

アスパラおはようございます。
本日は、アスパラガスを摂取した時の効果についてお話します。
アスパラガスには、アスパラギン酸というアミノ酸が含まれていて、
これが疲労回復にとても役立つそうです。
まず、アスパラギン酸には、乳酸を分解し、疲労を取る効果があり、それに加えて、
エネルギーの生産効率を高める効果や毒素を体外に排出し、ストレス抵抗性を高めたりします。
トマトに含まれる、リコピンやタマネギに含まれる酸化アリルと、一緒に食べると疲労回復効率が上がるとの事です。
ちなみに、アスパラギン酸は熱に弱い為、調理の際は加熱しすぎないよう注意が必要です。それと、アスパラギン酸はアルコール代謝を悪くする働きがあり、
お酒を飲む場合はさけた方が良いようです。
アスパラ以外にも、のり・もやし・マグロ・うなぎなどにも含まれているほか、アスパラドリンクを始めとした、
一部の栄養ドリンクにも含まれているそうです。仕事や日々の生活から、どんどん疲労が蓄積され、少し疲れが気になったら、定期的にアスパラギン酸を摂取すると良いのかも知れませんね。
私たち、給水設備改修工事の会社では、健康が一番大切なので、皆さんも食してみてはいかがでしょうか。



Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No720》12月14日朝礼『転倒防止』発表者:國吉伸二

転倒おはようございます。
本日は、先週参加した、西原衛生協議会に出席して行政の通達について学んだことの一部を伝えたいと思います。
墜落・転落・飛散などの重大災害は、よく聞くと思いますが、転倒災害について、伝えたいと思いました。
仕事中で転んで、4日以上仕事を休んだ方は年間25,000人を超え、労働災害の1/5強を占めています。
仕事中も含めて一般生活で、転倒・転落で亡くなる方は、交通事故で亡くなる方より多いのです。「スベる」「つまずく」「踏みはずす」これが転びの3タイプです。
どうしたら転倒を防げるのかコツ 
 転び防止する基礎知識やノウハウを学び、職場に活かす
 職場を巡視、4S(整理・整頓・清掃・清潔)活動を展開し、転びの要因を取り除く
 KY(危険予知)で転ぶ危険を感じ取り、日々のKY活動を実践する
 転び多発場所にステッカーを貼るなど、危険の「見える化」を進める
 作業に適した転びにくい安全靴を使う
 筋力アップや体力づくりの運動を行う
後は、冬になると気温が下がり、路面の凍結などして転倒する人もでます。
以上のことを注意することが、望まれます。
カンパネでは、事務所での防止も必要ですが、現場での労働者及びお客様の転倒はあってはいけません。
お客様の普段の生活をしている中で行いますので、通知注意喚起が非常に重要になります。
場所・養生の仕方等、注意を払い、安全を心掛ける必要があります。
1回の判断ミス・注意ミスで一生後悔をさせないために、指導していきます。

平成
27年度西原衛生協議会より、一部抜粋


Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No719》12月7日朝礼『予測できないこと』発表者:中村雄一郎

相談25年前の1990年12月2日、当時ソビエト連邦の宇宙船ソユーズに乗り、秋山豊寛さんが日本人初の宇宙飛行士として宇宙へ行きました。
当時はテレビ局の
TBS特派員という肩書きもあった為、ジャーナリストとしても初の宇宙飛行士となり世間を騒がせたそうです。
実は、こんな話もあったことをご存じでしょうか?
秋山さんが宇宙に飛び立つ1年前に、次に宇宙飛行士となる毛利衛さんが本当は日本人初の宇宙飛行士として飛び立つはずでした。
毛利さんはアメリカと調印してスペースシャトルでの飛行予定でした。
しかし、1986年スペースシャトル「チャレンジャー号爆発事故」により、毛利さんが搭乗する予定だったスペースシャトルが飛行延長となり、
ソビエト連邦と調印していた秋山さんのソユーズが先に宇宙へと飛び立ちました。
毛利さんにとって予測もできない事態だったでしょう。
話は変わりますが、我々のマンション改修現場においても予測できない事態はよくあります。
先人達が施工した建物で目に見えない部分を施行したり、図面を頼りに施工していく為、本当にそこにあるのか、
大きさは合っているのか、配管の口径はあっているのか、など実際に開けてみないと分からないことが多く予期せぬ事態に遭遇することも少なくありません。
私も掘削作業などをしていて予期せぬ埋設物や障害があったりします。
そんなとき、先輩方や上司に相談し、状況を報告し助けて頂いています。
先輩方や上司の方々の経験や知識の凄さを目の当たりにしています。
そういったところで予測できないことを少しずつですが、予測できる内容に変えて次の現場で生かせてきています。
皆さんも様々な現場で予測できないことに遭遇することがあると思います。
そんなとき、ちょっとしたことでも同僚や先輩方や上司の方々に相談してみてはいかがでしょうか。
きっと良い道標が与えられるはずです。
 

ウィキペディアより一部抜粋


 

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No718》12月7日朝礼『清潔感の大切さ』発表者:松倉幹夫

身なり先日、JFE建材フェンス()の工場に資材を受け取りに行きました。
まず受付で受け取りの説明をうけて、工場内の詳しい説明とルール表と道案内の記載された用紙を受け取りました。ものすごく丁寧な対応に驚きました。
急な依頼ごとで前日の夕方注文で翌日の朝に工場に行くと決めたことでしたが、急な電話連絡のやり取りにも関わらず、丁寧に対応していただきました。
工場の方も非常に丁寧で受け取る前に資材の個数確認を一緒にやっていただき、清潔感のある身なりの作業着を着用していました。
その数日後、郡山に行った際に、急な車の異変でレクサスに連絡をして行きました。
数分後にレクサスに到着し敷地に入った瞬間に、受付スタッフと整備スタッフがショールーム入口出てきて、電話で話したことが伝わっていました。
整備スタッフが症状を聞き調べていただき、調べた結果を説明する整備スタッフも非常に丁寧に説明し、清潔感のある作業着を着用した身なりが印象的でした。
私たち設備改修業においても、身なりで仕事が決まるわけではありませんが、常、日頃重視している清潔感のある身なりは、
相手に対する安心感・信頼感は第一印象から与え、その後の付き合いにも影響を与えます。
特に技術部は身なりを整えることの重要性があると認識しましたので、
私も日々心掛けていきたいと思います。



Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No717》11月30日朝礼『5S』発表者:保坂直人

整理整頓5Sとは、皆さんもよくご存じだと思いますが、
「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の頭文字のSをとったものですが・・・
整理とは、不要な物を捨てる事
整頓は、必要な物を必要な時にすぐ取り出せるよう定位置定位数管理する事
清掃は、整頓され、綺麗な状態を維持する事
しつけ、決められた事を実行できるよう習慣づける事
5Sで大変なのは、はじめの整理・整頓・清潔を徹底的に行うことではないでしょうか。
整理・整頓の際に、不要な物を捨てられずにいるのが、膨大な資料です。
入手した文書は紙ベースから電子化してしまうことで資料が大幅に減量されます。
電子化は若干手間ですが、日常の日課にしてしまうことが大切だと思います。
また、電子化された資料は紙ベースで保管と違い、探す事が簡単ですので整頓に役立ちます。
日常が複雑化している事を簡単にしていくコツは膨大な資料をいかに無くしていく事かもしれません。
しばらくは、資料の減量を心掛け、整理・整頓を行い、仕事にどの様な影響が出てくるかを試してみたいと思います。



Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No716》11月30日朝礼『朝礼とは』発表者:高濱誠

朝礼ことばんくには、このように書いてあります。
学校や会社などで、始業前に全員が集まって挨拶・連絡などを行う朝の行事。朝会。
我々が毎週行っている朝礼にはどのような意味があるのでしょうか。
ある企業のホームページの一文を紹介します。
朝礼とは・・長期的な企業としての方向性をメンバー全員で確認すること。
1人ひとりが自発的に個人の行動目標をしっかり確認し、持つこと。
共感し、共に喜び、感謝の意を表すことにより、社内のコミュニケーションを円滑にすること。
明るく、元気に、楽しい前向きな気持ちにして仕事に向かうこと。
これらを意識することで、毎日の仕事のスタートにあたり、社員1人ひとりのやる気や意欲、
そして「社員と組織の成長」
を最大に引き出す事が出来ると考えますとあります。
自分も朝礼により気持ちを切り替えてより良い1日、業務を行っていけるよう努力したいと思います。


Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No715》11月24日朝礼『許せる気持ち』発表者:久保島朗

気持ち最近、世界中で悲惨な事故が多く、たくさんの人が亡くなっています。
悲惨な事故についてのフェイスブックの記事を読んで感じたことを発表します。
事故で奥様が亡くなり、悲しみや憎しみを感じていると思われるこの人が、暴力に対して暴力で返すのではなく、
これからの人生を幸せで自由で有り続けることが相手への対応と考えた、この気持ちが凄い。
自分が、同じ立場に立ったらどうだろう?とても同じ気持ちで対応する自信はない、が正直なところです。
落ち込む、やり場のない憎しみをあたりちらす、今後の人生どう生きていく・・・想像出来ません。カンパネの給排水設備改修工事においても、
居住者様が生活している場所での作業が多いため、事故やクレームが発生します。
発生すれば、誰かのせいにしたり、何か物のせいにしたりしがちですが、それだけで物事が解決するわけではないため、
許す気持ちを持って、次はどうしたらいいのか考えていけるようにしたいです。
目には目をの気持ちで対応していくより、次にどうしようの気持ちをもっていきたいです。


 

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ