社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2017年03月

《No848》3月27日朝礼『段取り』発表者:北川昭彦

段取り今期の朝礼も今日で最後になります。
今日は来期の行動目標でもある、段取りについて話します。

段取りに似たニュアンスで準備がありますが、準備は実際の物・人・金を用意することで
段取りは手順や順番を組み立てておくことです。
段取り力は仕事力、すべての仕事には目的があります。
そして確実に、かつ短時間でその目的を達成するためには、実際の業務に取りかかる前に
適切な段取りが不可欠です。

しかし、社員のなかには段取りが苦手でいつも途中で業務手順の変更をせざるを得なく
してしまう人や、
まったくの段取りなしに動き出し、すぐに途方にくれてしまう人もいるのを見聞きします。
段取りが上手な人は仕事が速いうえに、質も高いのが通常です。
逆に段取りが苦手な人はそのいずれにも問題があるという結果になってしまいがちです。

仕事の事前準備の大切さを表す格言として、「段取り8分(ぶ)、仕事2分」があります。
事前にきちんとした段取りさえしておけば、仕事の8割方は完了したということです。
仕事に取りかかる前に、具体的に仕事を進める手順をきっちりと決めておけば、
それだけ仕事の質とスピードは上がります。もちろん実際に仕事に取りかかると予想外のことがたくさん起こります。
途中で段取りを見直す必要もあるでしょうが、何の段取りもなしに仕事に取りかかるのは余りに非効率です。

たとえば、建築工事や建築設備工事をするときは必ず設計図を書きます。
そして必要な資材を準備し、工程表も作成したうえで、実際に工事に取りかかります。
段取りを十分に行わずに仕事に着手することは、設計図なしで工事をすることと同じで、ありえないことです。
段取りに使う時間は決して無駄、余分といったことではなく、その後の仕事をスムーズに進めるための
大切な準備プロセスです。

段取りの基本的な考え方として、

1.段取りを怠っては出遅れる
段取りを十分に行わない仕事は、地図無きまま目的地を目指すという行為と等しいと言えますので、
十分な下調べと準備で地図を書き、目的通りに進むことが早道で近道なのです。
業務に取り掛かる前に具体的な段取りをします。この時間というのは、業務に取り掛かっているに等しく、
決して無駄ではなく含まれていると意識しましょう。

2.目的を明確にゴールを目指す
どんな業務を遂行しなければいけないのか目的を明確にし、期日を定めスケジュールを

組み段取りをします。目的を見失わないことが大切で、プレゼン資料ならば何を売りにしたいのか、

どこに向けたものなのかという趣旨がそれてしまえば全く違う結果となってしまいます。

段取りをするにあたってもやっつけ仕事にしないために根幹がブレないことが必要です。

いつも5WHを意識し、今何をやっているのかを見失わないことです。

3.ビジョンと小目標を意識する

段取りをする上で意識したいのがビジョンで、これは最終目標であり、ここをイメージしながら、

通過点上の目標を何点か定めてここを達成させていきます。

例えば、チームでこの仕事をする場合はビジョンを全員で共有し、各目標は個々に伝え

把握させ小目的とさせるといったやり方が有効です。

段取り上手な人はこの最終目標のビジョンと個々の目標を区分しハッキリさせています。

 

4.失敗を繰り返さないための情報収集

段取りの上で次に大事なのは、同じ失敗を繰り返さないための過去のデータや周りの情報

収集です。必ず、成功ノウハウ、失敗談が聞けるので同僚や先輩などにリサーチしたり、

マニュアルにも目を通すのも段取りのひとつです。段取りとしていろんな事例を

把握しておけば、アクシデントの対応もスムーズにいきます。

 

5. 段取りのマニュアル化

段取りが慣れるに従って時間短縮にもなり視野も広がるので、仕事の幅も広く

深いものとなります。マニュアルを作っておくことで次の所動が数段早く的確になります。

頭の中に全部詰め込んでおくことよりも、マニュアルを作り記録することで

脳の記憶部分と思考部分に余裕ができ集中できるため、対応も的確にでき、

次回からの作業もスピードアップしますので、さらなるレベル向上を図ることが容易となります。

 

このように段取りをすることは、不測の事態にも対処が冷静にでき、自分の能力と内容を照らし

合わせ、スムーズに業務が進められます。適切な準備と段取りを考え来期もがんばりましょう。

 

ビジネス・ソリューション株式会社「仕組み」構築 より一部抜粋

セレンディピティ ライバルには教えたくない段取り八分の仕事術8つ より一部抜粋

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No847》3月27日朝礼『一生懸命、今できることをやる』発表者:南保有哉

k工事私は入社してから4カ月が経ちました。全く何もわからないまま入社し、
少しづつ先輩たちがどのように現場をこなしているか、仕事に必要な知識を少しでも
多く吸収しようと
心掛けながら、色々な現場に同行させてもらっています。

1月から専有部の排水管更新工事の現場に2か月ほど同行させてもらいました。
協力業者さんを見て技術的なことや施工管理の方法など色々なことを学びました。
学んだことの中でも、とても大事だなと思ったことはお客様に対してしっかりと挨拶すること。
聞かれたことに対して丁寧に受け答えすること。
やって当たり前と思う内容ですが、このような基本的なことをしっかり行わないとお客様との

良い関係性を気づけないと思いました。

工事が始まったときの私は技術的なことも何もできなかったので、この2つの事を
しっかりしようと
心掛けながら現場で仕事をしていました。専有部作業で常にマンション内で行動していると、
お客様と会うことがとても多く、1日何回も会うお客様もいらっしゃいました。

工事終盤にオプション工事があったお客様に、
「あなたはいつも笑顔で挨拶してくれて、こっちも気分がいい」と言われました。正直に嬉しいという気持ちになりました。

しかし、見ている人はしっかりと見ているんだという認識も出来ました。
基本的な事ですが、とてもこの仕事に重要な事だと思いました。
今の私にできることは、本当にわずかです。そのできることを少しづつ増やしていき、
会社に貢献できるような人材となれるよう日々を過ごしていきたいと思います。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No846》3月21日朝礼『ヘルメット着用について』発表者:福邉竜大

ヘルメットヘルメット着用について、改めて考え直すきっかけになったのが、
315日に社内で行われた「安全教育」です。

私は現在、マンションの給水方式変更工事の立ち合いや、貯水槽清掃など様々な工事現場で
勉強させて頂いております。どの現場に行く際も必ずヘルメットを持って行き、着用する事を
心掛けております。特に高所やピット内での工事は、なくてはならないと日々感じております。

例えば高所での作業は、高架水槽の清掃がありますが、作業中は恐怖心から生じる
不注意を招きます。また、ピット内は作業スペースが限られており、狭い場所が多い為注意を
払っていても配管などに接触する可能性が高くなります。

こうした作業が困難な現場では、少しの不注意や慎重さがあったとしても怪我をする可能性が高いと
意識して作業することが大切です。
実際に私も、ヘルメットを着用していたことにより怪我から身を守ることが出来た場面が多々あります。

一方で、安全教育の中でヘルメット着用の重要性について理解したことは、
事故を未然に防ぐ他に「工事を行っている」アピールにもなるという事です。

建築設備改修における現場監督は、社長の代理であり、カンパネを代表して現場を管理して
いるのです。したがって、現場の安全を守る為には、ヘルメット着用は必要最低限の装備であり、
また住人やお客様に対して信頼をアピールする第一手段であるのだと考えます。

私も「安全第一」の現場を目指すために、まずはヘルメットの着用推進をしていきたいと思います。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No845》3月21日朝礼『誠実な対応』発表者:櫻井永一

謝る私は仕事帰りによく食事を済ませてから、帰宅するのですが、たまたまその日はいつも行っている
ごはん屋さんが休みだった為、他の店に食事をしに行きました。

そのお店は前から気になっていたお店で、今回初めて入りました。
注文してから食事が出てくるまで5分くらいで、ぱっと見たとき髪の毛が入っていました。
店員さんにそのことを伝えたところ「申し訳ございません、すぐにお取替えいたします」と言われました。

そんな事があり、食事を終えた私は、お会計しようとレジに向かうと、調理場から食事を
作っていた方が出てきて、「大変申し訳ございませんでした」と頭を深々と下げていました。
またレジでも店員さんが、同じ様に「申し訳ございません」と言っていました。

店を出た後、私は普段なら初めて入店したお店ですし、そんな事もあったのでまた行こうと中々
思わないのですが、今回はまた行きたいなと思いました。考えてみると、「誠実であったこと」と
「言い訳をしなかった」ということ。

これは我が社の事業発展計画書にもある、基本方針の一つである「お客様第一主義」と重なっていると感じました。

私達カンパネも、給排水設備に携わっていることから、対お客様の商売です。
一人一人のお客様を大事にしなければいけないなと改めて思い返させてくれた出来事でした。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No844》3月13日朝礼『工事を通して』発表者:久保慶成

無題おはようございます。
私は今、大規模改修工事の中の給排水設備改修工事をしております。
その中で、足場からの飛散防止、落下養生で、ラッセルネットはしてあるのですが、
コンパネを加工して、壁と足場板の間から撤去物が落ちないように作業していたので、
このやり方は良いなと思いました。

他社のやっている良いことは、技術部内で共有して、それを自ら発信して
いけるように
していこうと思います。

三月も半ばになりましたが、今月の重点目標の飛散・落下災害の防止に努め、
安全に作業したいと思います。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No843》3月6日朝礼『仕事の効率性』発表者:村田敬典

仕事の効率化おはようございます。
318日(土)の5S勉強会をきっかけに効率が良い仕事とはどのような人のことを
指すのか具体的に調べました。まずは、効率が良い仕事の人と
効率が悪い仕事の人では、どのような違いがあるか調べました。

効率が良い人の例
    完璧を目指そうとしない人
    目標や目的設定をする人(目標や目的をもつ人)


効率が悪い人の例
    期限を無視して結果にこだわる完璧主義者
    目標や目的をもたないで時間を無為に過ごす人

1番では、物事を完璧に仕上げるか仕上げないかという人です。
物事を完璧に仕上げる人は「結果」に固執しすぎてしまって、限られた時間で
完璧を目指しすぎるあまり、決められた時間の中で仕事を完了できないこともあります。

期限内にある程度以上の水準を超えたものを出すのが「結果」であって、期限は無視してでも
取り組んだことが結果として評価されることはありません。

これを防ぐためには、「最低限の水準」をあらかじめ確認し、最低限の水準をクリアすることを
目指して行動しましょう。たとえば期限よりも早く最低限のことを終わらせ、残りの時間で
工夫やこだわりを入れれば良いのです。 

2番では、目標や目的を持つか持たないかという人です。今、自分が取り組んでいることが
もたらす結果はなにか?が明確でなければ、作業効率、仕事効率を上げることはできません。

「やる気」「モチベーション」も、目標や目的が明確にあることで維持することができます。
目的や目標を持つことができたら、時間を決めて仕事に取り組むことです。
同じ作業でも、制限時間を設けて取り組むだけで、「焦り」が生まれます。
仕事とられる時間が可視化され、自分の中で時間への意識が生まれます。

以上の二点の内容を自分の中でもしっかり守りながら行動に移し、給排水設備の仕事と
共に自分も成長していきたいと思います。 

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No842》3月6日朝礼『インフルエンザ予防』発表者:中村 翔

乳酸菌私は今、排水桝改修工事をしています。
入社して早1年が経ちました。この1年はあっという間でした。
私が今まで、楽しく働いてこれたのは、優しい先輩方や上司の支えがあったからです。
まだまだ色々と迷惑をかけると思いますが、今後もよろしくお願い致します。

そしてこの1年間、特に病気もなく健康に生活出来たのは幸いです。
今回の朝礼では、この時期一番ピークを迎えるインフルエンザの予防法について
お話ししたいと思います。日経新聞で、関連記事を見つけたので紹介したいと思います。

「乳酸菌と水分」の補給をすることは効果があるそうです。
実際に、市販のヨーグルトや乳酸菌飲料に使われている1073R-1乳酸菌やラブレ菌、
FK-23乳酸菌といった菌を摂る事で、病原体の侵入があった時に最初に働く、
免疫細胞のひとつ、「NK(ナチュラルキラーの略)細胞」の働きが高まったり、
感染後の重傷化が抑えられたりする事が確認されているそうです。もしよろしければ試してみて下さい。

それでも、もし急な高熱や怪しいなと思ったら、忙しさを言い訳にすることなく、
「早めの診断・治療」が大事です。
インフルエンザに関する常識・非常識。自分が常識をわきまえていても、
相手の非常識が原因で自分が感染、発症してしまっては元も子もありません。

皆様、インフルエンザや風邪には気を付けて、「健康第一」で期末も乗り切りましょう!

日経新聞「インフルエンザ防御、「乳酸菌と水分」の補給が効果」より一部抜粋

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No841》3月6日朝礼『メーター廻り更新工事』発表者:山林正信

3人おはようございます。
今日は、先週のメーター廻り更新工事の話をします。
内容は115分位の断水作業で、減圧弁カセット交換及び給水二時側の
給湯器分岐チーズからバルブとフレキ交換作業でした。

作業構成は、1人目が給湯器分岐チーズからバルブフレキ交換、2人目が写真及び
減圧弁カセット交換、私は声かけ漏水チェック後、保温巻きの3人構成でした。

作業内容は、さほど難しい工事ではないと思っていましたが、給湯器からお湯炊き管、
床暖房の循環配管など繋がって、パイレンのかけどころが無く、何とかかけて回してみたものの、
とても堅く、給湯器廻りがすべて樹脂管であった為、トーチを使用する事もできない状況でした。

何とか交換し、終了後チェック声かけを行い、いざ保温を巻こうとしたら、狭くてなかなか保温が巻けず、
あげくの果てに樹脂管をインシロックで固定している為、インシロック切断部が手を突っ込むと、
刺さり、なかなか厳しい状況でしたが、徐々にコツをつかみ、何とか時間通り全戸作業終了。

少し休憩後、最終確認したところ、メーター取り付け部の保温が湿っているのを確認、
保温をめくった所、メーター一次側のフレキ接続部分からのにじみ、恐らくパイレンで外すときに
既設のフレキに負担が掛かったのだと思われる。

これはまずいと思い、作業箇所すべてフレキ部確認し締めを行い、もう大丈夫だろと思ったが、
1件あり得ない所からの漏水を発見、水漏れ部を調べると、給湯器本体からと分かり、
サービスマンを呼び、調査したところパッキンの劣化による漏水、給湯器事態が古いため、
パッキン交換で直るかわかりませんがやって見ましょうとなり、パッキン交換終了。

いざ給水してみると、給湯器内部の違う所から漏水し、これはダメかと思ったらサービスマンの方が
根気よく各所のパッキン交換をして頂き、ようやく漏れが止まり、ちょうど良いタイミングで
居住者様が帰宅したため状況説明、給水確認にて終了しました。

なんだかんだ、久しぶり苦労した現場の話でしたが、最終確認やチェックを怠っていたら、
クレームや事故に繋がっていたと思います。今後とも、気を引き締めて「クレーム、事故0」を
目標に作業にあたりたいと思います。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ