社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2017年04月

《No852》4月24日朝礼『自分なりの仕事の取り組み方』発表者:杉村

杉様おはようございます。
今日は、仕事の取り組み方について話したいと思います。

ほとんどの仕事は、「ラクな仕事」、「イヤな仕事」、「面倒な仕事」の3つに分けられます。
それでは、この3種のうち、やるとすればどの仕事から手をつけるべきなのでしょうか。
アメリカのビジネス界で成功した人へのインタビューによると大きく次の二つに分かれるそうです。

 

A:「ラクな仕事」は、比較的短時間で済むのでまずこれを片付けて、「イヤな仕事」、「面倒な仕事」に向き合う派

B:「イヤな仕事」から手をつけて解決し、続いて「面倒な仕事」、「ラクな仕事」に手をつけるという派

 

この2つに分かれる理由は、人それぞれの性格によるものだと分析していて、「イヤなことから始める」人は、イヤなことが残っていると、楽しいことから始めてもリラックスできない性格だからでしょうし、楽しいことから始める人は楽しいことから始めれば、イヤなことが後に残っても楽しくそれに向き合える性格なのだからと考えられます。

私はどちらかというとAタイプで、時間の短い午前中にルーティンの仕事や細かな仕事をして、時間の長い午後に比較的時間のかかる仕事に
取り組みます。
自分の中でこの取り組み方が、一番仕事がはかどると感じているからです。

ただ、繁忙期や月末になるとルーティンの仕事や細かな仕事を後回しにしてしまうことがあるのですが、そうすると後回しにした仕事がたまっていき、
短い時間で終わるはずの仕事が、一日がかりの仕事の変わってしまうことがあります。

そうすると、仕事のリズムが変わってしまうので、スムーズに仕事が進まなくなることがあります。

だから、自分の仕事の取り組み方を崩さないようにすることが大事だと感じます。


もちろん急な仕事や仕事の優先順位により、予定通りにいかないことの方が多いかもしれませんが、自分が一番効率よくできる仕事の仕方を
知ることで、少しでもムリ・ムラ・ムダがなくなり効率よく仕事を回せるようになるかもしれません。

 

みなさん、すでに自分なりの仕事の仕方があると思いますが、新年度に入り、少し時間に余裕があると思うので、
自分に合った効率よく仕事がこなせる方法をもう一度考えてみるのもいいのではないでしょうか。

特に、今年度から第2水曜日は完全ノー残業デーになったので、効率よく仕事をし、定時にきちんとあがれるように取り組んでみてはいかがでしょうか。今日も安全に気を付けて、仕事に取り組みましょう。

仕事のコツ うまい段取り 仕事が早いビジネスマンのコツ より一部抜粋

http://usefuldoc.info/skill-the-work/2/

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp


《No851》4月17日朝礼『名前の大切さ』発表者:利根川隆史

イラストおはようございます。私事ですが、4月14日午後男の子の赤ちゃんが生まれました。
候補はあるのですが、まだ名前は決めていません。
毎回色々調べては、考えていますが、赤ちゃんへの両親からの最初のプレゼントが名前だと聞いています。


一度、子どもに付けた名前を変更することは難しいことですし、子どもが大きくなってからも、
苦労しない
名前を付けることも親として大切な役目だと思います。



響きの良い名前や自分たちの好きな名前、字画や画数、色々ありすぎてネットを徘徊しています。
両親が考えてくれた名前に感謝し、
子どもには親になった時に感謝されるような名前を
決めたいと思います。最後に、子どもには健康で丈夫に育って欲しいと思います。

それにはまず、自分が健康でなくてはいけないと思いますので、皆様も健康と安全に十分気を遣って頂きたいと思います。


Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp


《No850》4月10日朝礼『伝え方』発表者:渡辺

スピーチ2

おはようございます。今日は伝え方について話したいと思います。
みなさんはスピーチが得意ですか?
伝え方と言っても手紙などの文字を書く場合だったり、スクリーンを使っての映像だったりと
さまざまな方法があります。今期より朝礼当番が一人になり、自分のももちろんですが、
他の人が書いた文章の代読も含めて、スピーチの難しさというのを改めて感じたので、
スピーチにおける
伝え方について調べてみました。

今回紹介するスピーチのコツは8個あります。
まず1つ目は、スピーチの内容をひとつに絞ることです。
どんなスピーチでも限られた時間で話の軸が
ぶれていると聞き手は「結局なんだっただろ?」とまとまりがつきません。
自分の伝えたいことをまずは
決めます。

2つ目はスピーチのタイトルを決めることです。話しの出だしで「先日〇〇にいったんですがそこで」と
唐突なスタートは聞き手に困惑を与えます。「今から〇〇について話します」と明確に伝えれば
聞き手も心の準備ができます。

 

3つ目はスピーチの骨組みを作ることです。よく文章の組み立てでも聞く起承転結、そして主張

理由結論です。起承転結は時間がとれて相手も急いでないとき、主張理由結論は短時間で

聞き手の頭に入ります。

 

4つ目は間を使うことです。何秒間ではなく、大きく息を吸うだけだそうです。

 

5つ目は緩急、高低をつけることです。一本調子の口調は聞いてきて飽きやすいため、高音・低音を

使い分けたり、ゆっくり話す、さらっと話すといった変化を出すことが聞き手を引き込む話術です。

 

6つ目はスピーチ中大事なことは繰り返すことです。1度言ったくらいでは相手の脳に刷り込まれません。

繰り返し話すことで聞き手の頭に刷り込まれるそうです。

 

7つ目は発声です。ごにょごにょ言っていてはもちろん伝わりませんよね。

 

8つ目は姿勢です。猫背の前屈みの人が何を言っても、説得力に欠けてしまいます。ボディーランゲージ

や目線が大切なのです。

 

いくら内容が濃くても、良くても相手に伝わらなければ意味がありません。
これは日常生活においても
仕事においても必要なことです。

報連相をする上でも直接での口頭なのか、電話なのか、
メールなのか、どんな方法を用いてどう伝えるのか、
自分の伝えたいことは何なのか、伝える相手は
誰なのか、その時々のベストな伝え方をして、
水道の配管のように滞りなく水の流れるような、
意思の疎通がいつも出来るようにしたいです。

みなさん参考にしてみてはいかがでしょうか。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No849》4月3日朝礼『朝礼の目的』発表者:大橋明日佳

気合いおはようございます。先日社長より、朝礼の目的についてお話しがありました。
確認の意味も含めて、今一度復習したいと思います。
目的1 週初めの切替のため
休日後の月曜日は、なかなか仕事モードにならない人も多いのではないでしょうか。

私も若い頃は、仕事への切替がうまく出来ていなかったと思います。

休日にうまくリフレッシュをして、仕事に臨めるときもあれば、だらだらしてしまってうまく仕事に
切替
出来ない日もあると思います。スポーツをして疲れがとれていなかったり、
お酒を飲み過ぎてしまった
なんてこともあるかも知れません。
朝礼は、そんな気分を一新して仕事モードに切り替えることができます。
弊社では朝礼後に、倉庫や近隣の清掃をしているので、身体を動かすことによってさらに仕事に
切替やすくなっていますね。

目的2 安全意識の統一化

3月に決算を終え、41日より新しい年度に入りました。皆様、4月〜5月の月間目標は

頭に入っていますでしょうか。4月〜5月の月間目標は第三者災害の防止です。

※安全通路を確保し作業区画を設置、資材置場・加工場を明確化する

※安全標識・警戒標識を表示し、居住者・作業関係者への周知活動を実施する

5S活動の実施(整理・整頓・清掃・清潔・躾)

 

今月は、安全通路関係の資材が多く必要になるかも知れません。倉庫の在庫が足りているか

確認する必要があります。また、現場からの安全標識の作成依頼が増えるかも知れません。

安全標識のストックの確認が必要になります。このようなことができると安全意識が統一化され、

効率の良い仕事ができるのではないかと思います。

 

目的3 連絡事項の周知

弊社では、断水超過0を目標に掲げて現場だけでなく、会社一丸となって取り組んでいます。

そのため朝礼時に、今週の断水現場、断水時間、担当者を発表し、現場と会社で連絡を取り合い、

進捗状況は順調か、何か問題はないか、連携をとっています。

弊社では、断水時間はお客様との約束という意識があります。約束を守る為にこれからも

日々努力していきたいと思います。

 

目的4 文章能力、スピーチの訓練

仕事内容にもよるかも知れませんが、インターネットが普及しネット上で挨拶文を検索したり、

情報を発信出来てしまうこの時代では文章を考えたり、書いたり、スピーチする機会が減ってきて

いるのではないでしょうか。来週、朝礼当番だとめげるのではなく、文章能力やスピーチを勉強できる

いい機会であると捉え、取り組んでいきたいと思います。

 

最近思うことがあります。勉強することの大切さです。息子が受験生であったからかも知れません。

新入社員を教育する機会が増えたからかも知れません。新入社員の皆様には、ぜひ勉強することを

止めないで頂きたいと思います。社会にでてからの方が学ぶことがたくさんあります。

私も10年以上、設備業界に携わっていますが、まだまだ知らないことがあります。

 

新しい工法もどんどん生まれてきています。わからないことがあったら、わからないままにしないで下さい。

現場で不明な配管があったら、わかるまで調べて下さい。初めて使う材料があったら、カタログを見て、

どんな種類があるのか、使用する上で注意点はないか、施工方法を学んで下さい。

 

調べる方法は沢山あります。ネットで調べる、仕様書を読む、カタログを見る。そして上司、先輩に聞く。

偉そうなことを述べましたが私もまだまだ出来ていない事です。最後まで調べきらずに進めてしまう

こともあります。上司に報告、相談をしないで自分で判断してしまうこともあります。そんな時、

人は失敗してしまいます。教えることも勉強になります。そして知らないことは、上司も勉強します。

後輩に質問されて、答えられないことがないように上司も学ぶことをやめないで下さい。

そうして、社員全員の知識が向上して、会社も大きくなって行けたらいいと思います。

 

 

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ