社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2017年09月

《No874》9月25日朝礼『子供から学ぶこと』発表者:大橋明日佳

女の子最近はめっきり涼しくなり、暑い夏が終わり秋になってきました。秋と言えば読書の秋です。
今日は、先日我が家であった出来事をお話ししたいと思います。

 

夏休みの最後、我が家では娘の宿題におわれていました。夏休み最後の週だというのに、すべての宿題が残っている娘
何種類かの宿題に手はかけているものの完了しているものがひとつもない状態。見積り、現調、現場の段取り、エコの仕事すべての仕事に手をかけて整理されていない自分自身を見てるようでした。しかし、人に教えることによって、自分もできるようになると考えた私は、まずはどんな仕事(宿題)が残っているか整理しました。そして、大変なもの(時間がかかるもの)、一人でははかどらないものから片付けることにしました。先ずは調べ学習。これは博物館などに出向き、写真をとりレポートを提出するものです。私たちの世代でいうと自由研究ですね。我が家では熱帯植物園にいきました。真夏に熱帯植物園

まぁ人は少なく、じっくり見学することができました。知らないことを調べてレポートにまとめることはこどもの頃は気付きませんでしたが、将来役に立つ、仕事をする上で必要な能力だと感じました。

 

そして次に大変な宿題が読書感想文です。目次とあらすじさえわかれば読書感想文をかける荒わざを

教えてあげようかと思っていたのですが、読書が好きな娘は本だけはすでに読んでいました。感想文はさすが女の子。少しアドバイスを与えるとスラスラと書き始めました。その後、娘はテキストなどすべての宿題を期日までに間に合わせたそうです。

 

8月より、営業部に配属された私は今、期日を守る大変さを痛感しています。技術部の頃、給排水設備改修の現場の工期を守り、約束通りお客様に引き渡すことも大変でしたが、現場では工程表や、タイムスケジュールを作成していたので今、自分が何をすべきかわかっていました。営業の仕事も同じだと思います。今日はこの後、一週間の予定をたて、期日を確認し、今何をすべきか考えてから仕事を始めたいと思います。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No873》9月19日朝礼『父』発表者:利根川隆史

父の日1週間ほど前の事、仕事の帰り実家に泊まっている息子を迎えに行った時、
珍しく父から、父と母と私と息子の4人でご飯を食べに行こうと言われたので行きました。
店に入りお酒を飲んでいると、父から『今年で65歳だから会社を辞めるわ』と言われました。私は『このご時世まだまだ働けるのでは?』と思い伝えてみましたが、父は『461つの職場で働いたので、満足だ。1度ここで区切るつもりだった。』と言いました。横に居た母は、まだ働けるのでは?という顔をしていましたが、さらっと流して『少し早いけど、ご苦労様』ともう1度乾杯をしました。久々に話しましたが、父に対して感じたことは・・・

・一つ目は家族を養う為、46年間働いてくれた父・・・感謝

・二つ目は同じ職場で46年間働いていた父・・・尊敬

・三つ目は仕事のことを一切家庭に持ち込まなかった(自分の中では)・・・切替(ONOFF)

・四つ目は自分の人生設計を実は考えていた父・・・計画

小さい時からの自分の記憶を辿ってみて考えると、父はとてもすごいなと思いました。
私は後30年弱働ける状態を維持出来るのかとか、子どもが大きくなり働いた時に何かを伝えられる仕事の仕方、計画を立てられるのか・・・など、少し心配です。この歳になり、最近は特に親はすごいなと感じます。
918日は敬老の日なので、子どもたちを連れて実家に顔を出したいです。父にはどんなモチベーションで仕事をしていたのか・・なども聞いてみたいと思います。
私なりに今の仕事に置き換えるならば、各工事現場のお客様の満足は一番ですが、二番目には現場竣工後、常に自分自身が満足して次の現場に向かいたい、それを一つ一つ積み重ねていきたいなと思います。

Water Management Company

カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No872》9月11日朝礼『夏バテについて』発表者:久保島朗

無題夏バテとは一体どういうものなのか?
・全身がだるく、疲れがとれない。
・胃腸の調子が悪くなり、食欲がなくなる。
・疲れているのに夜眠れない。
この症状は、自律神経失調症の症状と同様です。

自律神経とは呼吸、消化吸収、血液循環、体温、心拍数などを調整している神経です。
人が、考えたり動いたりなどの生命活動を行うと、自律神経中枢の細胞で活性酸素が発生し、
酸化が起こることで疲労が生じます。なんらかの原因で自律神経中枢の働きが過剰になると疲労の原因が追いつかず、
本来の機能が果たせなくなってしまいます。
これが自律神経失調症です。

夏バテさせる主な3つの要因は、
1.暑さ:暑いと汗をかき体温を調整するのが自律神経で、夏は昼間、大量に汗をかき、夜でも

      寝汗をかく状態になると、自律神経は一日中休むことが出来ず疲れがたまってしまいます。

2.寒暖の差:朝晩と真昼の寒暖の差もありますが、夏は冷房設備による寒暖差があります。

このような温度変化にも自律神経は対応しなければならず、夏はどんどん疲弊してしまいます。

 

3. 紫外線:夏は1年のうちで、紫外線量が最も多く、紫外線を浴びると体内で疲れのもととなる

活性酸素が発生します。室内にいても紫外線は浴びているので、注意が必要になります。

 

起きてしまった夏バテを回復させるには、食事や軽い運動もありますが、最も大事なのは睡眠です。

 

良い睡眠をとるため、ヒトツナギ研修でありました、快眠のための10箇条を実践してみましょう。

1.    朝起きたら日光を浴びる。

2.    休日の寝だめはしない。

3.    朝食はしっかりとる。

4.    昼寝をするなら20分程度。

5.    夕方に軽い運動をする。

6.    就寝まえの食事は避ける。

7.    寝る前にぬるめのお風呂に入る。

8.    寝酒は避ける。

9.    寝る前のテレビ・パソコン・スマホは見ない。

10. 眠くなってから床につく。

 

カンパネが行う、給排水設備改修には体の管理が大事です。

まだ暑い日が続きますが、体に気を付けて事故のないよう仕事に臨みましょう。

 

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No871》9月4日朝礼『体調管理』発表者:南保有哉

健康おはようございます。最近気温の上下が激しくなっています。そこで注意しなければならないのが体調管理です。社会人になると体調管理をするのが基本と言われますが一概に体調管理をするといっても難しいものです。

私は会社に入るまでは体調管理ということを全く考えずに生きてきましたが、
今は現場を任されたり自分でやらなければならない仕事があるので、最近は体調を気にしながら生活するように心がけています。そのおかげで体のちょっとした異変を感じられるようになりました。

体調管理を気にしながら生活していると少しの体の変化でもどうすれば治すことができるか、自分が楽になれるかという考えが浮かんできます。現場では体調を崩していると仕事への影響がとても大きいです。注意力が散漫になり、思わぬ事故を発生させてしまうと工事が止まり、お客様や自分の周りの人たちに多大な迷惑をかけてしまいます。

現場だけではありません、車を使用しているのであれば、運転中の不注意や判断力が低下し事故を起こす可能性が高くなってしまいます。現場で事故を起こしてしまったら会社の信用問題に繋がります。車を運転しているのであれば、自分自身だけではなく第三者にも迷惑を被ってしまいます。

日々の生活の中で健康であることが、安全に工事や仕事を遂行できる条件の一つと頭に入れ仕事を行っていきたいと思います。これから冬に向かってますます寒くなっていき、そしてインフルエンザの流行する時期になります。

皆様体調に気をつけ、自分だけではなく周りの人たちの体調も考えながら安全に作業し会社の目標に到達できるよう頑張っていきましょう。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ