社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2018年10月

《No925》10月29日朝礼『優先順位をつけること』発表者:二宮

にのおはようございます。
私はカンパネに入社し、10月で半年が経ちました。今は技術部の安全書類の仕事をしており、少しずつですが、できる仕事の範囲が増えてきました。そのような中、仕事をこなす上で、物事に優先順位をつける事の大切さを感じるようになりました。そこで今日は、優先順位をつける習慣の中で、私が特に気をつけようと思った事案を紹介します。


小さな物事はすぐに終わらせる
簡単にすぐ終わるような仕事は、なるべくその場で終わらせることを心がけます。特に、電話やメール応対など、すぐに対応ができるものは、後回しにせず、極力その場で応対するべきです。

 

時間を限定する

限られた時間の中で優先順位をつけて、仕事を行うと効率よく物事を進める事ができます。時間が沢山あるからといって、だらだらと仕事を行うのではなく、短時間の中で仕事を割り振った方が、集中力が増し、効率が上がるそうです。

 

to do リストを作る

1日の終わりに、明日やらなければいけない仕事を確認し、次の日スムーズに仕事に取り組める環境を作ります。次の日に出勤してから、こなすタスクをリストにするのではなく、前日の時点で付箋等に全て書き出すようにします。そうする事で、次の日は付箋を参考に、仕事に取り組む事ができるはずです。

 

こうして挙げてみると、どれも皆様にとってはごく当たり前な事だと思います。ですが、私は、一つ一つの業務をこなす上では、全て大事なポイントであると感じました。メール一つ返すにしても、「すぐに出来るから後ですれば良いや。」などと思ってしまうと、返信先の相手を待たせることになり、あまり良い印象を持ってもらえません。他に仕事が立て込んでいない場合には、後回しにせずにすぐに対応することが大事だと感じました。

また、入社時より仕事量が増えてからは、to doリストを前日に書き出すようになりました。その結果、次の日の朝に慌ただしくならず、仕事に取り組めるようになりました。これからも、上手く優先順位をつけながら、一つ一つの業務を効率的に、且つ丁寧にこなせるようになりたいです。

 

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No924》10月22日朝礼『季節の変わり目・・・』発表者:中村翔

無題私は今、雑排水管更新工事をしております。カンパネに入社して2年と8ヶ月過ぎました。

まだまだ不慣れなことも多く未熟者ですが、優しい先輩方にご指導頂き楽しく働いています。10月も終わりに近づき
もうすぐ11月になり、季節が変わろうとしています。

そこで今回の朝礼で話すのは、季節の変わり目に良く来る頭痛や体調不良についてです。

そういったときの原因や対策について話していきたいと想います。

一番の原因は、自律神経の乱れ。自律神経には緊張したときや活発に活動しているときに

働く「交感神経」と、リラックスしているときや眠っているときに働く「副交感神経」があります。

この二つがバランスを保っているのですが、季節の変わり目には様々な原因で自律神経が乱れやすくなります。

具体的には、朝晩は冷えるのに日中は暑い、昨日は暑かったのに今日は冬のように寒い・・・そういった寒暖差が
大きく影響を与えます。

自律神経は発汗や体温の調節をつかさどっているため、身体をなんとか気温差に合わせようとして乱れがちに。
そのほか、ストレスや疲れ、偏った食事なども影響します。
動悸や息切れが起きるのも、交感神経が優位になって血管が細くなっているため、心臓が盛んに血液を
送り込もうとしているから。頭痛やめまい、だるさなど、さまざまな季節の変わり目の体調不良は、
自律神経失調症の症状といえます。

対策として自律神経のバランスを整えてやることが大切。なるべく同じ時間に起きて同じ時間にベットに入る、
規則正しい生活を送ることを心がけましょう。また食生活にも気を配り、栄養バランスのとれた
食事を
適量とるようにします。ストレスをなくす、疲れを溜めない、というのは口で言うほど簡単では
ありませんが、
体調不良の仕組みを理解できた今ならできることから改善していけるはずです。

会食以外の日は、なるべく身体に良い食事をとる、温度の変化についていける服装をする、
睡眠時間を削らないようにする・・・など、すぐに出来ることから取り組んでみましょう!

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No923》10月15日朝礼『メンタルタフネス』発表者:大津

つるメンタルタフネスという言葉を聞いたことはあるでしょうか。
メンタルタフネスとは心の強さという意味で仕事をするうえで大きく関わってきます。
仕事をしていると誰しも何かしらのストレスを抱えています。
メンタルタフネス度が高いと大きなストレスに耐えることができたり、自分の感情を上手にコントロールしモチベーションを高く保つことができます。
本書の中にもありますが、人がストレスを感じる部分は物事のとらえ方・受け止め方・環境によって異なります。
ストレスを乗り越えられる人と乗り越えられない人の違いは普段から自分の心をコントロールできるかということです。
メンタルタフネスは誰でも高めることができます。ー分の心やストレスについて知る⊇侏荵のとらえ方を変えるメンタルタフネスを高めるための自分なりの方法を実践することです実践的な折れないメンタルをつくる方法を紹介します。

☆物事のとらえ方を変えるビリーフチェンジ

仕事でミスをしてしまったときネガティブな考え方だけでなく様々な視点から物事をとらえられるようにする

☆ストレスの顕在化

ストレスをすべて書き出す、ストレス傾向を客観的に見つめることによって心の中が整理されます

☆作業興奮

やる気を自分でコントロールできる方法で、とにかくまず動く事。仕事のやる気が出ないときにはまずデスクに座って仕事を始める。始めたらしばらくは中断しないことが肝心です。

☆アサーティブ・コミュニケーション

コミュニケーションスタイルは3つに分けられて、主張タイプ・非主張タイプ・アサーティブタイプです。

相手を尊重しながら自分自身の意見や考えをきちんと伝えるバランスのとれたコミュニケーションスタイルで、事実を伝える、自分の気持ちを伝える、提案やお願いをする、結果を示唆する代案を述べることでストレスをためず周りとコミュニケーションを取ります。

☆ワークライフバランス

仕事を効率化し、質を高めること+働きがいを持つ。その上でプライベートの充実があります。

 

私は給排水設備改修工事のカンパネに入社し、あと2ヶ月ほどで3年が経ちます。1年目は嫌なことや少しストレスを感じても寝れば忘れられる感じでしたが、最近は変わりました。気持ちを自分でコントロールできなかったり、本書のなかのコミュニケーションスタイルで例えるなら私は非主張タイプだったのでストレスを感じる場面がありました。今後はアサーティブタイプのようにストレスをためずに周りとうまくコミュニケーションをとって充実した働き方をしていきたいと思います。

 

「ビジネスパーソンのための折れないメンタルのつくりかた」より一部抜粋

 

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No922》10月9日朝礼『チャレンジして失敗を恐れるよりも何もしないことを恐れろ』発表者:三村英二

無題本田技研工業 創業者 本田宗一郎の言葉です。


仕事で失敗すると、会社にも上司にも迷惑がかかり、自分自身も精神的にも肉体的にも

疲れてしまいます。そして、積極的な行動ができなくなり、中途半端な行動になってしまいます。

「何もしないことを恐れろ」とは、失敗を恐れて躊躇して何もしないと、
当然何も生み出されないし、
自分自身の成長になりません。

 

自分自身を成長させるには、問題にぶつかった時などは、まずあきらめずに自分で

考える事が大事なのかなと思います。

 

その問題を乗り越えた経験や知識が、次の問題にぶつかった時に生かされると思います。

 

失敗したとしても、積極的に行動する姿勢は失わないようにしていきたいです。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No921》10月1日朝礼『10月に入り・・・』発表者:榎本

お茶おはようございます。
本日から10月に入り、衣替えや寒さの感じる季節がやってきました。
皆様、体調はいかがでしょうか?私は久しぶりに喉の風邪を引いてしまい、
季節の変わり目を一足早く感じています。

 

寒さを感じる季節がやってきたので、今回は寒さ対策の飲み物を紹介したいと思います。

発酵したお茶(茶葉の茶色いもの)例えば、紅茶・プーアール茶・ウーロン茶・ほうじ茶などや、タンポポ茶・ごぼう茶
などとくに根菜などは身体を温めてくれるそうです。

 

ココアには、ポリフェノールによる血管拡張作用があります。他には代謝を良くする生姜紅茶、しょうが湯、黒豆茶などもオススメです。

 

事務所や給排水設備改修工事の現場などでも、寒さを感じやすくなる季節です。

工事現場での作業がある方は特に、寒さを感じることと思います。

皆様も体を温める効果のある飲み物を意識して飲んでみてはいかがでしょうか?

 

今日から下期に入ります。

自分で意識して体調を整え、下期もがんばりましょう。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No920》9月25日朝礼『趣味を持つことのススメ』発表者:渡邉耕平

釣り突然ですが、皆さんは「趣味」と呼べるものを持っているでしょうか?
こう聞かれて即答出来る方は素晴らしい趣味を持っているということだと思います。
しかし、このように質問されると、趣味は持っていても人に言えるようなものではないだとか、
そもそも趣味と呼べるようなものはないと思ってしまう人が多くいると思います。

ですが、そんな些細なことであっても日常的に出来るような趣味を持つ事が自分へもたらす効果は
たくさんあると思いますので、今回は私が考える趣味を持つ事がもたらすメリットについてお話ししたいと思います。
まず1つ目のメリットは、仕事では養われない能力が養われるということです。
スポーツなどのアクティブな趣味を持っていれば、心身が鍛えられたり、健康的にも
良い効果が得られるでしょう。英会話や読書など、頭を使うような趣味であれば語彙力や

倫理的な思考能力が養われます。こうしたことは仕事上ではなかなか養うことは難しく、趣味としてであれば
楽しみながら苦痛も少なく養うことができます。

2つ目のメリットは仕事の上での目標とすることが出来る点です。

自分が熱中出来る趣味を持っていればその趣味にお金や時間を注ぎ込みたいと思うはずです。

その目標の為に生産性の良い仕事をしようと努力しますよね?そして週末に趣味をすることで

心身ともにリフレッシュした状態で翌週の仕事に備えることができます。

 

3つ目のメリットはコミュニケーションのきっかけになると言う点です。

趣味があれば周りの人は少なくとも興味を持つはずですし、仕事のお客様に共通の趣味を持った人が

いれば、初対面で親しくなり、良い関係を作れるかも知れません。あなたの趣味に詳しくない人にとっては

あなたとコミュニケーションを取るためにその趣味について質問をしてくるに違いありません。

自分からもそこからコミュニケーションを広げていくことが可能になります。

 

趣味を持つことがもたらすメリットは簡単にあげただけでもこれだけあります。そして何より仕事一辺倒で

働き倒すのではなく、休みの日に自分の時間を使って趣味に没頭することで精神的にも余裕ができ、

心が豊かになっていくのではないでしょうか。

 

物心共に豊かになるという目標を掲げているカンパネの皆さんにとってはこの点が重要だと思います。

ですので、趣味がない人も、先程人に言えるような趣味を持ってないと思った人も

些細な事でいいので趣味と呼べるようなものを持って仕事も私生活も充実させていきましょう。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ