社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2018年12月

《No933》12月25日朝礼『ニュースを見て・・・』発表者:松倉幹夫

esuka

先日、エスカレータ右側歩行禁止というニュースを見ました。
JR東日本の東京駅で12月中旬から、来年21日まで試行運用となり
エスカレータ右側歩行禁止とし、警備員を巡回・配置して表示類を使った呼びかけ運動を本格的に始めるというニュースでした。

以前からも鉄道事業者は呼びかけ運動をおこなっており、目的は、転倒事故・転落事故・左側に立ち乗っている方に接触し巻き込んでの事故や身体が不自由な方に安全に乗って頂くなどの事故防止の為ですJR東日本の駅に設置されているエスカレーターでは2017年度、転倒などの事故が約180件発生しているようです。

エスカレーター上を走ったり、歩いたりすることは利用法としては誤っていますので、万が一事故が発生した場合は、その事故を発生させた利用者の責任となりますが、歩いたり走ったりしてはいけないという注意喚起をしていない状態であれば、設備を設置している会社がエスカレーター設備の利用について、十分に説明をしていないことになり、安全に配慮する付随義務が発生し、安全配慮義務違反となる可能性があるようです。

私たちの建築設備工事に於いても、安全に関する注意喚起表示や安全対策を行っていないと安全配慮義務違反になります。 事故が発生する前に色々な安全対策を行い周知するという認識を持ち、現場に関わる作業関係者に周知・教育を継続していかなければならないと思います。

現在12月に入り、【平成30121日〜平成31115日迄】が

建設業年末年始労働災害防止強調期間です。(スローガン 無事故の歳末 明るい正月) 

今年はあと1週間ほどで、平成30年が終わります。

事故災害を発生させないよう、安全管理、注意喚起、安全運転を促し、よい新年を迎えられるよう行動して参ります。


弁護士ドットコムより一部抜粋


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No932》12月17日朝礼『5S清掃』発表者:利根川隆史

無題1215日5S清掃実施、気になっていたあの部分やっと出来たと少し嬉しい。

最近、いつも通る場所でやろうと思っていてもなかなか出来ない・・・
やりたいが時間が限られており、思うように出来ない・・・
が・・・目に飛び込んでくる!ゴミや汚れが日を追うごとに増えていく・・・
放置したり諦めたりという負のスパイラル。


何もしないと何も変わらないだけじゃなく、酷くなっていく。
掃除をすれば次の掃除も考えられる。清掃が終わった後にそんな事を思いました。


今年残り数週間ですが、まずは掃除!
来年に良いスタートを切るために最後は掃除!!

皆様も掃除をしましょう!!!

 

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No931》12月10日朝礼『目標はやっぱり大切』発表者:保坂直人

無題日本女子フィギアに盛り上がりました。
紀平梨花さん16才が13年ぶりジュニアからシニアになり初出場優勝する快挙を果たしました。翌朝のニュースでは、紀平さんのことの紹介で幼少期から英才教育だったんだなと思わせる内容でやはりこうでないと優勝できないよなという印象でした。

そしてニュースのお姉さんの話で妹の紀平選手はお部屋に年明けにGPファイナル優勝と書かれた目標があったことを話されていたのですが、やはり目標をしっかり持っていたんでぶれずに優勝出来たんだなと思いました。
おそらくなりたいからスタートして、その目標は2022年の冬季オリンピックの優勝を目指して、このグランプリファイナルは優勝したいではなく優勝します。(出来る)という気持ちではなかったのではないかと思います。

その気持ちを感じさせるフリーの演技では1番目のジャンプで着地ミスをおかしてしまって、もうダメなのか!?と思わせましたが、崩れることなく自信のある滑りで演技を終了しました。

我々の給排水設備改修工事に於いてもお客様に満足して頂き、快適に生活を過ごせるように設備の改修を行っておりますが、私たちのポジションや置かれている環境は人それぞれことなるもの、やはり目指すべきは、『こうありたい』『こうなりたいという』将来像を目標に持って、臨むべきであると再度思いました。

みなさんは、今期の目標はいかがですか?

各個人の目標もあるとおもいますので、再度3月の年度末に向けて目標を再設定して達成をして貢献していきましょう。

 

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp


《No930》12月3日朝礼『人間万事塞翁が馬』発表者:久保慶成

無題皆様は、「人間万事塞翁が馬」ということわざを聞いたことがありますか?

このことわざは、人生における幸不幸は予測しがたいということ。幸せが不幸に、不幸がいつ幸せに転じるかわからないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではないという例えです。
私がこの言葉を知るきっかけは、読売ジャイアンツやニューヨークヤンキースで活躍された

野球選手の松井秀喜さんの著書、「不動心」を読んで、松井さんが座右の銘にしていたからです。
私も、このことわざを座右の銘にしています。

例えば、私たちカンパネの給排水設備工事においても
ミスやクレームなど起こしてしまった時は、会社やお客様に迷惑をかけてしまい不幸だと思うことが多いと思います。ですが、1度起こしたミスやクレームを起こさないように努力したり、社内でミスやクレームの教育をしたりすることで、ミス、クレームの少ない会社になり、不幸だと思っていたことが行動や考え方次第では幸せに繋がるという考え方です。
起こってしまったことはどうしようもありませんが、未来は自分でコントロールできると思います。


仕事だけではなくプライベートでも、何か嫌なことが起こった時にこの言葉を思い出して、

それが今後の自分にプラスになるように行動してみてください。

著書: 松井秀喜 「不動心」より一部抜粋

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ