社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2020年02月

《No988》2月25日朝礼『一期一会』発表者:高濱 誠

無題おはようございます。

一期一会ということわざがあります。




茶道に由来する日本のことわざ・四字熟語。
茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味する。
茶会に限らず、広く「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。
だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」という含意で用いられ、さらに「これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい」と戒める言葉。
一生に一度だけの機会そのものを指す語としても用いられる。と、ウィキペディアに記載されています。

毎日会う家族や会社の同僚においても、その日その日を「もしかしたら二度とは会えないかもしれない」と思い接する事で、これまでとは違う態度が行動に出たり、これまでより違う言動が生まれてくるのではないでしょうか。

そして我々が携わる給排水設備工事においても、人だけでなく、物、行動、環境に対して一度一会だと思い、一つ一つの事に真面目に丁寧に正しく取り組んでいくことが良い結果を招くのではないかと感じます。
年度末忙しい日々が続きますが、毎日を新しい出会いにし、新鮮な気持ちで前に進んでいきましょう。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No987》2月17日朝礼『感染予防』発表者:山林正信

おはようございます。無題

先週あたりから新型コロナウイルスをめぐり、日本国内で感染経路が「不明」の感染者が相次いで見つかりました。
湖北省への渡航歴を含めた中国との明確な接点がなかった人から人への感染が連鎖的に起き、今後爆発的に感染が広がる可能性があります。


今のところ重症化しやすい人は高齢者や持病がある人のようなので、周りで該当する家族には適切な感染予防の実施を心がける事が必要です。

現時点で、このウイルスに特に有効な抗ウイルス薬などは無く、患者の多くは発熱し、観察例の4分の3でせき、肺炎が見られ、半数以上で呼吸困難の症状が見られる。
一方で、鼻水やくしゃみ、喉の痛みは少ないという「重要な違い」があるという。

新型コロナウイルスの感染力は、インフルエンザの感染力と同等とのこと。
感染したが症状が現れず他人に伝染する可能性のある為、予防策としてはインフルエンザ等と同じくマスク、手洗い、うがい、咳をする際は口を覆う、顔を手で触らないなどが予防に繋がります。

若い人や健康な人の重症化はさほど無いと思われますが、
感染しない、感染させないよう、日頃から予防対策をお願いします。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp



《No986》2月10日朝礼『「マスク無料送付」「保健所の通知」をかたるワナ』発表者:北川昭彦

無題おはようございます。

新型コロナウイルスがもたらした不安に便乗し、「マスクを無料送付」「保健所の通知」などと称する攻撃メールが相次いで確認されたと、トレンドマイクロが注意喚起しています。

手口の1つは「新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、マスクを無料送付」といった内容で、23日ごろから携帯電話のSMSで確認されているそうです。


記載されたURLにアクセスすると、Android端末の場合は、不正アプリ「Xloader」のダウンロードをはかる偽装サイトへ。
iOS端末の場合は、Apple IDやクレジットカード情報などの詐取を狙うサイトへ誘導されるとのことです。

 

 もう1つの手口は保健所をかたる電子メールで、128日前後から拡散。
文面にはいくつかバリエーションがあるものの、「中国武“感”市」という特徴的な誤字や、「別添通知」の確認を指示して添付ファイルを開かせようとするといった共通点があります。

添付されているWord文書ファイルには、メール情報を盗み取るマルウェア「EMOTET(エモテット)」をPCに感染させる不正マクロが仕込まれているとのこと。
マクロを有効化してしまうと、外部の不正サイトからEMOTETがダウンロードされ、実行されるといいます。

 

 トレンドマイクロは、「特にリンクや添付ファイルの含まれるメールは慎重に調査する」「スパムフィルタが適切に設定されているか確認する」などの対策を提示し、注意を呼びかけています。

ねとらぼ 25日(水)13:43配信 分より抜粋


感染拡大を防ぐための手段の一つは「マスクの着用」だろう。しかし、マスクを長時間つけていると起こるのが“耳が痛くなる問題”。

マスクを着用した際の耳の痛みが気になるため、ネットで調べてみたところ、クリップを使って解決できたというものだ。本来は耳にかける部分であるマスクの左右の紐を、クリップを使って首の後ろでつなげることで、耳に負荷がかからず、長時間マスクを着用していても問題なかったという。

他に

・装着前に、ゴム紐の部分を手で伸ばしてほぐす

・耳にかかる部分の紐に脱脂綿や化粧用のコットン等を巻く

・ヘッドホンをつけて、紐をヘッドホンに引っ掛ける

・耳の後ろに、保湿クリームなどを塗っておく。または絆創膏を貼る

などがあるそうです。

FNN PRIME より抜粋


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No985》2月3日朝礼『健康管理について』発表者:露久保駿

無題おはようございます。

現在、インフルエンザや新型コロナウイルスなど、
症状の重い病気が様々な場所で蔓延しています。
皆さんはきちんと菌が移らないように、
またかかってしまった人は周りに移さないように予防・対策が出来ていますでしょうか?

今回は、私たち一人一人が身近に出来る対策についてお伝えします。

一つ目は、当たり前のことですが”手洗い・うがい”です。
普段何気なく触れている部分にも菌がたくさんいる場合があります。
例えば、電車のつり革やドアノブ。これらも不特定多数の人が触れていて、菌の温床といえる部分です。
毎日必ずと言っていいほど触れる部分になるので、
家に帰った際や現場でもこまめに手洗いうがいを徹底して、対策をしましょう。

手洗いうがいはしっかり泡立てて30秒以上洗うのが基本です。
うがいは最初に口の中をゆすぎ、口の中の菌を洗い流した後に最低でも3回程度うがいをする必要があります。

二つ目は”咳エチケット”です。
普段どうしても咳込んでしまったり、くしゃみが出ることはもちろんあるはずですが、
ここでもしっかり対策をすることが大事です。
手で押さえて咳やくしゃみをすることも周りの人に菌を撒き散らしています。
マスクをする、ティッシュやハンカチで覆う、服の袖で口,花を覆うなど、
これだけでもしっかり対策になります。
自分だけでなく周りにも移さないようにする”配慮”もしましょう。

現場でも朝礼時に作業員の体調を確認して、
体調が悪そうなら休ませるなど対策し、現場に穴をあけないような心構えを一人一人が持って取り組んでいきましょう。


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp


Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ