社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2020年11月

《No1027》11月24日朝礼『読書の秋』発表者:露久保 駿

dokusyo_aki_manおはようございます。

11月に入り肌寒くなってきました。
未だコロナウイルスの感染は留まることを知らず私たちの生活は大きく変わっていったと思います。

秋といえば、“読書の秋”“スポーツの秋”“食欲の秋”と様々な過ごし方ができる季節です。

私は、最近ランニングやサイクリングで汗を流したりしてリフレッシュしていますが、実は読書にもリフレッシュやストレス発散効果があるのです。
読書をすることで脳にある扁桃体が不安や恐怖を感じるとストレスホルモンが分泌されます。
更に本の内容に没頭する事で、扁桃体の活動が沈められ、鎮静効果が生まれるそうです。

人は忙しさの中で日々のやるべきことに流されてばかりいると、心や体に悪影響が出てきてしまうものです。
適度なストレスは体に良いと言われていますが、過度のストレスは病気の元です。

コロナ禍によって外に出ることが億劫になってきた今、読書という新しいリフレッシュ方法を取り入れ、より一層仕事に集中していきたいです。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No1026》11月16日朝礼『前を向いて』発表者:矍澄\

pose_gutspose_sagyouin
おはようございます。

現在、新型コロナウイルス第3波が猛威をふるっています。
これからは第○波とゆう表現はなくなり、常に継続して感染が拡大していく状況になるのではないかと思います。

そして大きく変わってしまった私たちの仕事や生活もこれから先、継続していかなければならなくなります。

コロナ前は良かった。今は最悪だと考える人もいるでしょう。

しかしそれはコロナの波にのまれ流され立ち止まってしまった人の考えなのではないでしょうか?
下を向いてうつむき立ち止まるのではなく、前を向いて周りを見渡し歩いていけば今までとは違う考え方や発想が生まれより良い今後になっていくのではないでしょうか?

確かに現状は様々な業種の会社や店舗などが倒産するなど厳しい現実があります。
そんな中でも生き残り成長している会社や店舗もあります。

我々は給水設備改修の分野において生き残り、そして成長しなくてはなりません。
その為にはうつむかず前を向いて周りを見渡し歩いて行くことが大事なのではないでしょうか?
チャンスはそこにあると思います。
コロナに負けず、時代の変化に惑わされず、明るい未来を見据え今この瞬間を頑張っていきましょう!

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No1025》11月9日朝礼『明日を楽しみにする』発表者:中村 翔

neoki_boy_sawayakaおはようございます。

皆さんは夜眠るとき、次の朝起きることを楽しみにできているでしょうか。
スイスの哲学者カール・ヒルティが残した「寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人は幸福である。」という格言があります。

今回の朝礼で私は、睡眠と起床という人生に欠かせない基本行動を軸にして、幸福について考えたいと思います。
「寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人は幸福である。」という言葉を聞いて、私はなるほどと思いましたが皆さんはどうでしょうか。

確かに「明日嫌な仕事があるな」「朝は寒いから起きたくないな」と考えながら眠るとき、幸福感はありません。
逆に「明日起きたら〇〇をしよう」「〇〇が届くから明日は1日中楽しもう」と考えることができれば、幸福なまま眠りにつくことができますよね。

では実際にどうすれば翌朝を楽しみに、できるかと考えると、私は2つのポイントがあると思います。

ひとつ目は、「嫌なことはその日のうちに片付けておく」ということです。
問題を先送りにしないでその日のうちに解決する癖をつければ、翌朝に不安を持ち越さずに済みます。
たとえば翌朝の仕事の準備を眠る前にしておくだけでも、不安感や緊張感を薄れさせることが可能です。
解決できるものは積極的に手をつけて、不安を継続させないでおくのがおすすめです。

2つ目は、「楽しみにできることをひとつ設定しておく」ことです。自分にとっての楽しみを起床時に設定すれば、それを目的に眠ることができます。
子供の頃に翌日のイベントが楽しみで、眠れなくなった経験はありませんか。
それに近い感情を生み出すことが、幸福につながるきっかけになるでしょう。

マイナスをなくし、プラスを作る、それがカール・ヒルティの格言を再現するポイントです。
私もこの格言を意識するようになってから、特に1つ目のポイントの部分が疎かになりがちで、明日やろうと先送りにばかりしてきました。
今後こう言ったことを考えて行動して行けたらなと思います。

睡眠の質を高めることにもつながるので、皆さんもぜひ明日の朝を楽しみにできるような睡眠を導入してみてください。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No1024》11月2日朝礼『マナー』発表者:北川 昭彦

無題おはようございます。

この歳になると中々まとまった運動はできないので、
軽い有酸素運動として、出勤時に亀戸から会社まで歩いております。
在宅勤務時も、近くの川の桜並木を歩いております。
この頃は日の出が遅くなって来たのでまだ暗いですが、四季折々が感じられ気持ちがいいです。

朝、歩いていると犬の散歩をしている人が多く見受けられます。
皆さん水や袋を持ち歩き犬の糞尿の処理をしています。
私の子どもの頃はよく道に糞がそのままで、たまに踏んでしまうことがありましたが
犬の散歩のマナーが浸透し、道に糞を見かけなくなりました。

先日、弊社久保君の増圧給水設備の現場に視察に行ったところ、きれいに仕上がったポンプ置場の脇に犬の糞が落ちていました。
これから寒くなる中、工事関係者の皆さんが一生懸命作業した所にこのマナーの悪さには、何かがっかりした気分させられました。

マナーはルールと違い罰則があるわけでは無いですが、守るべきものだと思います。
他にも交通マナー、喫煙マナーや現在ではコロナ禍のマナーなど沢山のマナーがあります。

マナーとは「守ることでお互いが気持ちよく過ごす」ための心遣いです。
皆々様も社会人としてマナーを守り気持ちよく過ごしましょう。

接遇研修・コンサルティング 株式会社 Confort HPより一部抜粋

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ