社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

2021年02月

《No1038》2月22日朝礼『コロナ対策による気づき』発表者:竹中 姫子

food_zei_takeout_womanおはようございます。

コロナウイルスに伴い、緊急事態宣言が発令されてから今日で2週間がたちました。
外出自粛やGOTOキャンペーンの廃止など、私たちの生活がコロナウイルス対策を中心に回っていると感じます。



今日は、飲食店の時間短縮についてお話しようと思います。
2月8日〜3月7日まで、飲食店は朝5時〜20時の時短営業が推奨されており、期間中に協力した飲食店にはひと月163万円の補助がでるといった制度があります。
会社周辺の飲食店も、ほとんどの店が20時で暗くなっているのを見かけます。
外出を自粛しているため、友人や家族との外食の予定は無くなったものの、退勤後、気軽にお店に寄って一息つく時間や、友人と待ち合わせできる場所がないのはとても悲しく感じます。

先日、友人と夜ドライブに行った際、路上に出店が出ていました。
近くの洋食店がコロナ価格として通常より安くテイクアウトできる料理を販売していました。
お店の人は忙しくしており、時間が20時前だったためたくさんの人で行列ができていました。
私自身、軽食が食べたいと思ったときに気軽に買えるのはとてもうれしかったです。

一日6万円の補助金と、昼間の売り上げでお店を続けていかなければならないのは、かなり厳しい状況だと思います。
飲食店側も客が買い求めやすいように、少しでも売り上げにつながるよう対策をしているのを見て、感染症が広がる大変な状況の中、生活の仕方を変えつつ、立て直す意思を持ち行動している人がいるというのは、客として利用している私にも考えさせられるものがあると感じました。

自分自身のコロナ感染症対策ももちろん重要ですが、立場が違う人たちが今どう動いているのか、どういう状況にあるのかに目を向けて生活をすると、自分に役立てられるアイデアが見つかると思います。
こんな状況だからこそ気づきのある生活をしていきたいと思いました。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No1037》2月15日朝礼『万が一に備えて』発表者:中田 美音

saigai_mochidashi_bag_kakunin_familyおはようございます。

2月13日の夜、最大震度6強の地震がありました。
地元では震度3程度でしたが、横揺れかつ長い揺れだったため、危機感を感じるには十分。

新型肺炎対策に気を取られ、地震対策はおろそかになっていたな…と感じました。

改めて家族と災害時の集合場所を決めました。
以前、台風や大雨の際に近くの中学校はすぐに満員になってしまっていたため、車の中でも過ごせるようにしようという話も出ています。

SNSもその日は地震の話で持ち切り。
様々な対策や、事前に用意しておくものについての投稿が沢山ありました。
まずは身分証のコピーの用意・モバイルバッテリーの充電・薬を多めに鞄に入れるようにしました。
また、普段は電子決済を使用しているため現金をあまり持ち歩いていないのですが、
災害時に電気が止まってしまうと使用出来ないため、普段から現金は持つようにしようと思います。

今年で東日本大震災は発生から10年。
2年後には関東大震災発生から100年が経つそうです。
(後者は当社近くの東京都復興記念館に書いてありました!)

大きな地震がいつ起きてもおかしくない状態です。
普段から、"万が一"に備えて行動していきましょう!

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No1036》2月8日朝礼『ポモドーロと変化』発表者:小林 陸

tomato_redおはようございます。

ポモドーロという単語を知っていますでしょうか。
イタリア語でトマトという意味で、 トマトソースを用いたパスタ料理だそうです。


一見仕事に関係がない単語に思えるかもしれませんが、 実は仕事の時間管理術としてこの単語が用いられているんです。
今回はその時間管理術『ポモドーロ・テクニック』についてご紹介したいと思います。

早速その手法ですが、25分作業:5分休憩 を1セットとして、 4,5セット繰り返したら、長めに休憩する(15分程度)というものです。
この作業時間はたとえ作業が途中でも厳守することが大切です。
これを行うことによって、15〜90分程度しか持たないといわれる人間の集中力が 維持できるそうです。
現に私は、受験期にこの時間管理術をよく使用し、持続的な集中力を得ることができました。

昨今では働き方の変化に限らず、いろんな情勢、気候や環境の大幅な変化 様々な外的要素もあいまって、うまく仕事に集中できないこともたまにはあるかと思います。
そんな時今回のような時間管理術を一度試すなどして、 自身も応じて、変化させてみてはいかがでしょうか。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

《No1035》2月1日朝礼『居住者様のために』発表者:祝 百花

aisatsu_boushiおはようございます。

断水終了の声掛けの際に、居住者様から、「寒い中、ご苦労様です」と、チオビタドリンクを頂いたことがあります。
声掛けは仕事のうちの一つの作業でしかないという感覚だったのですが、温かい言葉にハッとしました。

今、私が担当している現場は戸数が多いので、3週間くらいの間、毎日断水しています。


一日の流れが出来てくると、作業が機械的になりがちですが、第一は居住者様のために。
それを常に意識していれば、現場を安全に保ち、整理整頓をしようという意識に繋がると思います。

私達には、工事期間だけお邪魔する現場でも、居住者様からしたら大事な家です。
自分たちが思っている以上に変化に敏感なはずです。

階段にものを置かない。汚れた靴で泥を引っ張ってこない。汚れたらすぐに掃除をする。
居住者様のために色々な心掛けが必要です。

居住者様の在宅率も高くなっていますが、視野を広く持ち、思いやりをもった仕事をして参ります。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp

Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ