イラストおはようございます。
8月に入り、ますます暑い日が続いていますが、私達の給排水設備工事は、
暑い中での外の作業も
多いので体調管理は大切だと思います。

 

その中で、今日はエアコンの事について、少し話したいと思います。
会社の中もそうですが、家に帰ってからもずっとエアコンをつけている方も多いと思います。

エアコンを低い温度でつけていると、手、足、腰の冷えが慢性化してしまい、万年冷え性になってしまうかもしれないそうです。

冷え性は鼻水やのどの痛み、頭痛といった風邪のような症状から、全身のだるさや疲れやすさ、食欲不振、下痢などの消化器系の障害などもあります。

良い品質の仕事をするには、体調管理が不可欠だと思いますので、なるべく設定温度は28度又は、27度にして扇風機を併用して体調管理に努めましょう。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp