食事おはようございます。今日は健康を保つための食事について話したいと思います。

私たち建築設備改修工事業者における現場での仕事は、普段から体力を使うことが多いです。日々の食生活を改善していくことで、この仕事を11日乗り切るために、大切な習慣になるのではないかと思いますので、紹介致します。

今回こんな記事を見つけました。「スローカロリー」な食生活というものです。厚生労働省の「国民栄養調査」によると、国民の摂取エネルギーが減っているのにも関わらず、メタボ人口が増えているとのことです。その原因の一つに「血糖値の乱高下」があります。
これは食事による糖の吸収が早いか遅いかが関わっており、最近では研究者の間で「スローカロリー」な食生活が支持されるようになってきています。
スローカロリーとは、ゆっくりと食べ物の栄養価が体に
消化吸収されるような食事の摂り方のことで、単に糖質やカロリーの摂取量を抑えるものではありません。
食べ方が重要で、ルールとして,罎辰りよく噛んで食べる。¬邵擒タンパク質食品→炭水化物という順番で食べる。
B燭の種類のものを少量ずつ食べる。の3点が挙げられます。主食、炭水化物など
の糖質を抜いてしまえば、エネルギー不足や集中力低下を招くなどでデメリットがあります。

毎日忙しく、早食いが常態化している方も少なくないと思います。コンビニでもスローカロリーを実践することも出来ます。
多くの食材が摂れる幕の内弁当を買って、野菜の惣菜→肉・魚料理→ご飯の順で食べてみる。また、炭水化物は冷めた状態は体内の吸収がゆっくりになります。
うどん、パスタ、おむすびなどはなるべく冷たいものを選ぶようにしてみると良いでしょう。
こうして少しずつ食事の仕方意識していけば健康な体で日々の仕事に取り組むことができるでしょう。

コンビニ飯をメタボ予防食にする、3つの鉄則 東洋経済オンラインより一部抜粋

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp