父の日1週間ほど前の事、仕事の帰り実家に泊まっている息子を迎えに行った時、
珍しく父から、父と母と私と息子の4人でご飯を食べに行こうと言われたので行きました。
店に入りお酒を飲んでいると、父から『今年で65歳だから会社を辞めるわ』と言われました。私は『このご時世まだまだ働けるのでは?』と思い伝えてみましたが、父は『461つの職場で働いたので、満足だ。1度ここで区切るつもりだった。』と言いました。横に居た母は、まだ働けるのでは?という顔をしていましたが、さらっと流して『少し早いけど、ご苦労様』ともう1度乾杯をしました。久々に話しましたが、父に対して感じたことは・・・

・一つ目は家族を養う為、46年間働いてくれた父・・・感謝

・二つ目は同じ職場で46年間働いていた父・・・尊敬

・三つ目は仕事のことを一切家庭に持ち込まなかった(自分の中では)・・・切替(ONOFF)

・四つ目は自分の人生設計を実は考えていた父・・・計画

小さい時からの自分の記憶を辿ってみて考えると、父はとてもすごいなと思いました。
私は後30年弱働ける状態を維持出来るのかとか、子どもが大きくなり働いた時に何かを伝えられる仕事の仕方、計画を立てられるのか・・・など、少し心配です。この歳になり、最近は特に親はすごいなと感じます。
918日は敬老の日なので、子どもたちを連れて実家に顔を出したいです。父にはどんなモチベーションで仕事をしていたのか・・なども聞いてみたいと思います。
私なりに今の仕事に置き換えるならば、各工事現場のお客様の満足は一番ですが、二番目には現場竣工後、常に自分自身が満足して次の現場に向かいたい、それを一つ一つ積み重ねていきたいなと思います。

Water Management Company

カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp