斉藤さんこの言葉は私が社会人になりたての頃に、当時の先輩に常日頃から言われた言葉です。後になり、言葉の出所を調べてみると松下幸之助さんが言われた言葉でした。そこには以下の文章が添えられています。

『囲碁や将棋の上達には、まず定石を覚えること。基本がしっかりしていないと上達は思うにまかせない。仕事もまた同じ。まずは基本を学び、身につけよう。その上で、さまざまな変化を考える。そこから自在にして過たない(あやまたない)仕事の仕方が生まれてくる。伸び悩みを感じるとき、基本に忠実かどうかを反省してみたい。』

今の私がこの言葉を説明するとなると、基本の延長線上に応用があること、どんなに難しい仕事でも細分化していけば、小さい基本の積み重ねであること、基本に忠実を継続し続けることです。

カンパネ株式会社は給排水衛生設備改修工事業として39年の業歴があります。この39年という年月は諸先輩方が基本を大切にし、経験を積み重ね、その基本と経験を応用して様々な工事を施工してきた証だと思っています。私も諸先輩方のように、基本に忠実に業務を日々行っていきます。


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp