元気私は今、根岸で半年間の長期現場に同行しています。
専有部での作業で、毎日同じ流れで作業を進めているのですが、
初めはどのように作業すれば効率が良いか、一番良い施工方法で出来るか打ち合わせをしたり、指示したりするのですが、
ある程度日にちが経ってくると作業に【慣れ】が出てきます。

確かに、作業に慣れてきて作業時間が早くなってきたりすることは良いことではありますが、
その裏で慣れてきたからこそ、初めに注意していた部分や道具の使い方、色々な部分での注意力が鈍ってくることもあります。

この【慣れ】から来るミスで怪我に繋がったり、仕上がりに差が出来てしまってはいけません。
工期が長い現場を担当している人は【慣れ】という言葉を常に頭に入れて現場に入ることで、安全で且つ質の良い工事を出来るのではないでしょうか。

今年の業務日数も僅かになってきましたが今一度、施工方法や道具の使い方を確認して安全で質の良い工事をしていきましょう。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp