無題失敗と挑戦は紙一重、そんな言い回しを聞いたことがあるかと思います。

仕事やプライベートにおいて、誰もが失敗をしたくない、普通はそう考えるのではないでしょうか。

そのために、人は考えて行動するのだと思います。

 

努力すれば報われる、そんな言葉もありますが、その努力が向いている方向性を間違えてしまうと、

頑張っているのに報われない、そんな考えを持ってしまうのかもしれません。

その間違えに全く気付かないまま進んでいくことは、とても怖いことだと思います。

 

例えば、失敗をする人の共通点としてあげられるのが、自分の状況や置かれている立場を把握していないことだそうです。必要とされることは、自分自身を客観的に見ること、自分の周りにいる人に意見を聞くこと、そして、自分自身の能力を過信せずに一人で勝手に解決をしないこと、そんなことが求められるのではないでしょうか。

 

また、ただなんでもかんでも聞けばいいということではないと思います。

意見を求められ、アドバイスをする側も相手の考えや理解度があってこそのものだと思います。

 

こんな格言があります。

 

何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。

報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、
それこそが才能だと思っている。

 

重要なのは行為そのものであって、結果ではない。

行為が実を結ぶかどうかは、自分の力でどうなるものではなく、生きているうちにわかるとも限らない。

だが、正しいと信ずることを行いなさい。結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ。

 

挑戦することの意味とはなんなのか。いかに後悔するという気持ちをたくさん残さずに歩めるかどうか、

そして、何かを成し遂げるという達成感を感じる機会を増やすためなのかもしれません。

 

失敗しないための努力、失敗した時の反省、挑戦することの重要さ、日々において、とても大切なことのように思いました。
私は、給排水設備業者として現場でこのことを実践していきます。

 

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp