女の子2週間ほど前に北海道地震があり、北海道に住む親戚の震災被害の状況を
耳にしました。
家自体には大きな被害はなかったけれど、地震直後に北海道全域で停電がおきたことにより、住んでいるマンションで断水が起きてしまったそうです。
水道管自体には特に問題がなかったので、一軒家に住んでいる方は、通常通り水を使える状態であったのに対して、マンションでは、電気でポンプを動かして水をあげているので、停電によりポンプが動かず断水状態になり、ペットボトルの水を外に買いに行かなくてはならない状況になり大変だったとのことでした。

マンションは耐震やさまざまな設備が整っていて、住むのに安心安全というイメージが強いですが、今回の話で、マンションの停電に弱い一面を知りました。

カンパネは給水設備改修を通じて、水という生活をするのに欠かせない生命線の一部を担う仕事をしています。給水方式によって、メリット、デメリットが違うので、自分の家や住もうと考えているマンションが、どの給水方式なのかを知っておくといいのかもしれません。また、マンションの給水方式の改修を考える際は、このような震災が起きた時のことも想定して、どの給水方式にするべきかなどを検討する必要性があるのかもしれないと感じました。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp