無題今年ももう11月に入り、残り2ヶ月にまで迫ってきました。
私はカンパネに入社して1年半経ち、段々と一人で現場に行くことも増え、新しく覚えることも多くなってきて
あっという間に一日が過ぎていきます。

今までは、現場には上司に同行して行くことが多かったのですが1人で現場を担当するようになり、
気付くことがあったので2つお伝えしたいと思います。

1つ目は、段取りの大切さ。今までは上司に同行していて、段取りや現場での
指示は基本的に上司がしていたので自分がすることはあまりなかったのですが、1人で現場を持つようになってからはそれらを自分がするので、事前に営業担当や課長との打合せをして内容の把握。打合せなどの段取りをしていないと現場に行ったときに業者に説明できない状況になってしまいます。1人で現場を担当するようになってからは今まで以上に段取りの大切さを実感しました。


2つ目は、業者とのコミュニケーションです。
作業を進めていく中で、業者のやりやすい方法でやっていてそれが指示と違うやり方だったりするときにどうしても
言いづらかったりする場面があります。そのようなことを無くし、お互い気持ちよく効率的に
現場を進めていく上で
業者との関係性を作っておくのがすごく大事だと感じました。
なので休憩中に積極的にコミュニケーションを
取るようにしています。

これから、また一段と忙しくなってくるとは思いますが一つ一つの現場を丁寧に進めていき、
お客様の資産価値の維持と向上に向けてがんばりたいです。

 

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp