無題日々、給排水設備の現場に携わっている自分ですが、現場や日常生活において
常に慎重かつ安全意識を持つ事が重要なのではないかと思いました。

そんな中で「安全意識」というものは、失敗を起こさないための大半部分であるかもしれません。

何か考え事をしていて注意が散漫したり

気の緩みや慢心が「安全意識」をおろそかにするのかもしれません。

非常な大事とされることもいきなり発生するのではなく、原因や前兆となる小さな事が必ずあるから注意しなくてはならない。そのように思います。


安全とは思いこみにすぎない場合が多く現実には安全というものは存在せず

危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい危険なのだと提言する人もいます。

安全意識を持ち続けるのはそこに行動意識を示すのか示さないのか自分自身で決めるしかないのかもしれません。

危機感を薄く感じるのはダメなのだと思いました。

何か失敗を起こしてしまったならばすぐに習慣づけることを意識修正し、自分自身にプラスになるように
考えることが重要かもしれません。
真剣にその物事に対し向き合うことを心掛けたいと思います。

こんな言葉があります。

「思考と目標が結びつかない限り、価値ある物事は達成されえない。

人生の目標を持たない人々は極めて容易に不安や恐怖、自己憐憫(じこれんびん)などの

犠牲者となりがちである」

この言葉の意味がなすように

物事に対する重要性をみつけ、真剣に取り組む姿勢であったり、

自分自身の内面部分にある意識を変えていくこと、

行動することが必要なのだと思いました。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp