無題近頃SNS等に飲食店やコンビニエンスストアの店員の不快な行動がアップされ、SNS上で話題を呼んでワイドショーで取り上げられるといったことが頻繁に起こるようになっています。

これらの動画は撮影した本人たちの悪ふざけであったり、本来は自分たちのコミュニティ内で楽しむ為だけのもので、本人たちも世間に広く拡散するつもりでなかったものであると思います。

撮影した本人たちの問題意識の低さを露呈するこのような動画以外に、交通事故の様子であったり、はたまた路上での一般人同士のトラブルの様子といった一般人の問題行動を社会にさらす動画も頻繁にSNS上にアップされる時代になってきています。この後者の動画では問題を起こしている対象が会社員であったりすると、動画をきっかけに所属会社の評判が全国的に下がってしまうということが起きます。

SNSとカメラ付きスマートフォンが一般的に普及している現状では仕事上のお客様の目だけではなく、一般人の目も気にしなくてはいけなくなっているということです。


給排水設備の改修という私たちの仕事では、常に居住者と背中合わせという環境で仕事をしていかなくてはなりません。新聞や週刊誌の記者の取材のように問題行動を何もしていなくても、動画ではある一瞬を切り取って問題とされてしまうと鳥山社長もおっしゃっていました。

問題行動を何一つ起こさないことがもちろん大切だとは思いますが、些細な問題を切り取られる可能性は捨て切れません。

動画が撮影される状況になったらすぐに作業をやめ、会社・元請け会社担当者様へ速やかに報告することが現状では最善の対処方法ですので、社員全員で統一した対処法を取れるようにしていければと思います。大げさかも知れませんが、お客様の目が全国に普及したスマートフォンの数だけあるのだという意識を持って仕事をしていきましょう。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp