無題先日、ある脚本家の特集をテレビで放映しているのを見て、その脚本家の昔の作品が
見たくなり、もう一度見てみました。その作品は90年代という感じでとても懐かしく
感じたのですが、現在では考えられないようなシーンが数多く見受けられました。

まず、車の運転をしながら、携帯電話で話すシーンから始まり、お酒を飲んだ後に2件目に行こうとなったときには、今日は車だからとラーメンを食べに行くシーン。街で煙草を吸ってポイ捨てするシーンなど、脚本自体はすばらしいのですが、今の世の中では再放送できない作品になっていて驚きました。当時は普通にこのような映像が流れていたのですね。

10年、20年かけて社会の安全に対する意識やマナーは、法律の改正も含め大きく成長しています。また、車いすの女性が登場するのですが、車いすというだけで何件もレストランに入るのを断られたり、今では当たり前のようにある車いす専用のトイレがなくて困っていたりと、バリアフリーという言葉も、まだまだ浸透していない世の中でした。福祉という分野でも日本の社会は著しく成長しました。この日本の成長を支えているのは、私たち一人一人です。運転中の携帯電話の使用に関してだけをみても、携帯が普及して、スマホが開発され、沢山の便利な機能が増え、運転中にスマホを操作する人が増えました。事故が増え、使用禁止にした方が良いと考える人が現れ、賛同する人が増えました。国会で議論され、法規制に繋がりました。

気がつくと私も成長が遅くなっていく年になってきました。若い頃は給水設備改修工事を通して、ただ仕事をこなしていくだけで、日々成長を感じていました。しかし、ある程度成長した今は、ただ仕事をこなしていくだけでは日々進化する社会のスピードについて行けなくなります。何を学びたいか、どのようなことが今後必要になるか考え、いつまでに自分のものにするのか。しっかり、インプットしてすぐ行動に移していきたいと思います。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp