効率皆さん、効率的という言葉をよく聞いたり使ったりすると思います。でもいざ効率的に何かをしようとすると、何をどうしたら良いのかわからなくなったりもします。「あの人は仕事が早い!」と言われる人がいます。そんな人達に共通している事を3つ紹介します。

(1)仕事を始める前に実際の仕事のイメージをして、効率的な仕事の仕方を考える。
仕事を場当たり的に始めるのではなく、まずどうやったら効率的に出来るか考えます。これは時間の短縮に繋がります。

(2)そのための準備を行う。何らかの仕事をする場合には、その仕事を実施するのに必要な資料、情報、ツールなどを準備しなければなりません。それには、必要なものがすぐに準備出来るように、日常の資料や情報やツールの「整理・整頓」が必要です。整理とは「必要なものと不必要な物を区分し、不必要なものを捨てる」不必要なものがあると必要なものはすぐに見つかりません。整頓とは「必要なものがいつでも誰でも見つけられるように、配置をする」戻す場所といつまで必要なのかを明確にする事が大切です。

(3)仕事が効率的にできる環境をつくる
複数の人数で何らかの作業を行う場合は、効率的に作業が行えるような作業場の確保が必要です。物を置くスペース・作業を行うスペース・人と物が動く動線など、広すぎず狭すぎず適正なスペースが必要になります。

どのようにしたら効率的に物事が進められるか、考えながら毎日を過ごしていきましょう。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp