傘今年の梅雨は先月からとても長く続いています。現場では雨による漏電対策や、湿気・暑さから来る熱中症の危険への対策をしていく必要があるし、そもそも天気が悪いというのは良い気分がしないものです。

梅雨は6月というイメージがありますが、6月は別名水無月(みなづき)とも呼びます。梅雨でたくさん雨が降るのに水の無い月と書いて水無月と呼ばれているのはどうしてなんだろうと気になっていましたので、その由来について調べてみました。


調べてみると、いくつか由来がありました。ひとつは水無月の無()は「の」の変化したものであり、もともとは水が無い月ではなく、「水の月(みずのつき)」だったという説です。これに対し、やはり水が無いから水無月だとする説もあります。どうゆうことかというと、この時期は古くから稲作のために川から水をたくさん引いてきていたので、他に使う水が無くなってしまったり、暑さで水が干上がってしまうということから来ているという説です。他の月の別名にも稲作に由来があるものがあり、今月の7月の別名である文月(ふみづき)も文(ふみ)の月と書くので、稲作とは関係ないのでは無いかと思いましたが、由来は稲作にあるようです。

 

稲の収穫が近づいてきて稲穂が膨らんできた様子からもともとは穂含月(ほふみづき)と呼ばれていたものが文月に変化したものであるというのがその由来の1つだそうです。古くから米を食べてきている日本人にとっては稲作と水との関わりは根強いものであり、水を重要視してきたことがよくわかりました。稲作に直接関わっているわけではありませんが、水に関する私たちの仕事も多くの人にとって重要な仕事であるはずですので、自分たちの仕事に自信を持ってしっかりと励んでいきたいと思いました。


Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp