無題おはようございます。皆様は連休どのように過ごされたでしょうか。
台風15号の影響により一時最大93万件が停電し、1週間以上たった今も12万件余りがまだ復旧出来ていません。停電だけでなく、断水、暴風被害など大きな爪痕を残していきました。
この影響はテレビの中だけで無く、自分自身でもたくさん目の当たりにしました。台風の翌日、江東区の現場被害確認に行ってみると、入り口にある大きな木がへし折れていて、工事フェンスが倒れてしまっていました。ただ、事前にフェンスをロープで各所縛ってあった為、飛散はせず近くに車等も無かったため被害はありませんでした。

その後、千葉県の現場に行ってみるとさらに酷い状況が広がっていました。
マンションのフェンスが倒壊していたり、前の携帯ショップの大きな看板が剥がれ落ちていました。

ニュースで流れてきたのは、ゴルフ場の支柱が倒れ住宅に直撃、電信柱は2,000本ほどが倒れ台風は想像を遙かに超えたとてもショッキングな映像でした。羽田空港でも駐車場の足場が崩れてしまっており、私たちの現場でも足場を使用することがある為、他人事ではありません。

現状、台風や地震など自然災害は回避することは難しいです。だからこそ、外現場である私たちの仕事では、事前に備えて予防しておくことが大切だと改めて感じました。今後も台風の発生が予想されるので適切な対応が出来るように常に情報には気を配ろうと思います。

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp