運転2019年)921日より930日迄「秋の全国交通安全運動」が実施しております。

930日は交通事故死ゼロを目指す日となっており、弊社の安全目標でも、交通災害ゼロの目標があります。
弊社は車を使い各目的地まで運転するわけですが、事故を起こさないためには、どのようにしたらよいか、会社では、定期的に教育の実施、ドライブレコーダを見て危険運転をしていないか映像確認の実施、社内教育での交通事故検証実施などを行っていますが、運転者の心構えと絶対に事故を起こさない気持ちが重要とも考えます。次の安全運転の心構えと10個の心得を紹介します。


 /佑量燭梁困気魍个┐

まず第一に、人の命を大事に思う心が、安全運転のコツです。道路に歩いている全ての歩行者、自転車を運転している人、まわりのドライバー、すべてを自分の家族のように考えて、アクセルやブレーキ操作をする。

◆仝鯆魅襦璽襪魍个┐銅蕕襦

交通ルールは、道路を安全に整理するための大切な約束事です。ただし、運転者にルールを守る意識がなければ、意味がありません。交通規則を守ることは、運転手の重要な履行義務である。それを守ることは、道路を歩く歩行者の命を守ることです。


 運転は人格であらわれている

アメリカやカナダでは、(運転が示すあなたのお人柄)という標語があります。せっかちな人は理由もなくスピードをあげてしまいますし、攻撃的な人は前を走っている自動車を不必要に煽ってしまうことがあります。運転では、その人の悪い性格で出てしまうことを肝に銘じて、自分の人格上の悪い点を理解し直すようにする。


ぁ―乎罎靴同薪召垢

道路状況はいつも変化しています。したがって、その変化に応じて安全運転をする必要があります。そのためには、絶えず注意力を上げて集中して運転することが重要です。一瞬も心に隙があってはなりません。

ァ/瓦僕祥気鮖つ

交通ルールは万能ではありません。実際の運転中には、交通規則では決められない現象があります。 「お先にどうぞ」という、譲り合いの精神が安全運転のコツです。心に余裕をもった運転をする。

Α 屬發靴して運転」を心がける

例えば、前方に歩道を家族連れが歩いているとします。その家族には幼児もいます。この場合、「親が一緒にいるから、まさか、飛び出してこないだろう。」と私たちドライバーは考えがちです。しかし、自分に都合良く予測することは「だろう運転」と言われ、この「だろう運転」が交通事故の大きな要因になると考えられています。「大丈夫だろう」という心の隙が危険な事故を出してしまいます。「もしかして運転」が安全運転のコツです。


А/瓦両態を平静に保つ

ドライバーが交通事故を起こす理由として、ドライバーの心理状態が起因していることを忘れてはいけません。「怒っている」、「焦っている」、「疲れている」、「イライラしている」などの心理状態は、ドライバーが交通事故を起こす大きな要因になります。日常生活の思い煩いを運転に反映させ、周りの人を巻き込むことは止める。また、睡眠不足は、注意散漫になったり、判断力が衰えたりする原因になります。よく睡眠をとってから運転する。


─〇笋榔薪召上手だという過信は禁物

「私は事故を起こしたことがない!」といった矢先、事故を起こすことがあります。このような過信は油断につながります。自分の運転能力を把握したうえで、慎重に丁寧に運転する。

 服装と履物が重要

運転するときは、運転しやすい靴を履くことが重要です。

 危険は油断の先に

この場所では、事故は起きないだろうと、スマホを見ながらの運転をしてしまうことがあります。絶対にやってはいけません。止まっている自動車や建物の陰から人が飛び出してくることはあります。いつでも、停車できるように、徐行と停止ができる状態にしておくことが、事故を避ける唯一の方法です。油断した時が一番事故がおきることを忘れず、発車時、停車時、カーブ、バック時は徐行を心がけること。


以上が10個の心構えとなります

日頃から社内で教育を受けていることを重要にとらえ、今年度、無事故での安全運転を心がけ、私自身も絶対に事故を起こさない自覚と責任感を持ち現場に行く社員にも継続的に指導していきたいと思いますよろしくお願いいたします

運転免許Cafe ホームページから一部抜粋
https://xn--hckh0k489kup3d34fgsc.com/menkyo-18591.html

Water Management Company
カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp