olympics_2020tokyoおはようございます。

来年行われる東京オリンピックでは、3つの基本コンセプトがあります。
私たちが働いている東京で行われるオリンピックということで、改めて再認識することで意義のあるものになると思いますし、私たちの仕事の上でも同じ考えが必要だと思いましたので、紹介してみようと思います。


3つの基本コンセプト

『全員が自己ベスト』

万全の準備と運営によって、安全・安心で、すべてのアスリートが最高のパフォーマンスを発揮し、自己ベストを記録できる大会を実現。
世界最高水準のテクノロジーを競技会場の整備や大会運営に活用。
ボランティアを含むすべての日本人が、世界中の人々を最高の「おもてなし」で歓迎。

私たちの仕事に置き換えれば技術部、営業部、業務グループ、設計、経理、全員が同じ方向に向かって良い工事ができるためには自分には何ができるか、自分がやるべきことは何かを考えて自己ベストで仕事に臨む。


『多様性と調和』

人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治、障がいの有無など、あらゆる面での違いを肯定し、自然に受け入れ、互いに認め合うことで社会は進歩。
東京2020大会を、世界中の人々が多様性と調和の重要性を改めて認識し、共生社会をはぐくむ契機となるような大会とする。

工事の現場では、高齢者の増えている中でいかにバリアフリーの工事ができるか。また高齢者だけでなく、外国の方やお子さま、妊娠されている方等、マンションに住む全てのお客様に配慮した工事が必要となります。


『未来への継承』

東京1964大会は、日本を大きく変え、世界を強く意識する契機になるとともに、高度成長の弾みとなった大会。
東京2020大会は、成熟国家となった日本が、今度は世界にポジティブな変革を促し、それらをレガシーとして未来へ継承していく。

これは私たちの仕事の目的でもある、お客様の資産価値の維持向上。ただ設備を更新するのでなく、お客様にとっても私たちにとっても満足のいく工事をして、
お客様の資産価値の維持向上に努める。


どのような考え方でオリンピックを迎えるか、工事を行うかで結果(=お客様の満足度)は変わってくると思います。
オリンピックを迎える前に、今一度3つの基本コンセプトを考え、工事を始める前、見積りを提出する前に改めて工事をする目的を考えて良い成果がでるようにしたいと思います。


公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会HPより一部抜粋


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp