無題おはようございます。

現在、インフルエンザや新型コロナウイルスなど、
症状の重い病気が様々な場所で蔓延しています。
皆さんはきちんと菌が移らないように、
またかかってしまった人は周りに移さないように予防・対策が出来ていますでしょうか?

今回は、私たち一人一人が身近に出来る対策についてお伝えします。

一つ目は、当たり前のことですが”手洗い・うがい”です。
普段何気なく触れている部分にも菌がたくさんいる場合があります。
例えば、電車のつり革やドアノブ。これらも不特定多数の人が触れていて、菌の温床といえる部分です。
毎日必ずと言っていいほど触れる部分になるので、
家に帰った際や現場でもこまめに手洗いうがいを徹底して、対策をしましょう。

手洗いうがいはしっかり泡立てて30秒以上洗うのが基本です。
うがいは最初に口の中をゆすぎ、口の中の菌を洗い流した後に最低でも3回程度うがいをする必要があります。

二つ目は”咳エチケット”です。
普段どうしても咳込んでしまったり、くしゃみが出ることはもちろんあるはずですが、
ここでもしっかり対策をすることが大事です。
手で押さえて咳やくしゃみをすることも周りの人に菌を撒き散らしています。
マスクをする、ティッシュやハンカチで覆う、服の袖で口,花を覆うなど、
これだけでもしっかり対策になります。
自分だけでなく周りにも移さないようにする”配慮”もしましょう。

現場でも朝礼時に作業員の体調を確認して、
体調が悪そうなら休ませるなど対策し、現場に穴をあけないような心構えを一人一人が持って取り組んでいきましょう。


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp