無題おはようございます。

新型コロナウイルスがもたらした不安に便乗し、「マスクを無料送付」「保健所の通知」などと称する攻撃メールが相次いで確認されたと、トレンドマイクロが注意喚起しています。

手口の1つは「新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、マスクを無料送付」といった内容で、23日ごろから携帯電話のSMSで確認されているそうです。


記載されたURLにアクセスすると、Android端末の場合は、不正アプリ「Xloader」のダウンロードをはかる偽装サイトへ。
iOS端末の場合は、Apple IDやクレジットカード情報などの詐取を狙うサイトへ誘導されるとのことです。

 

 もう1つの手口は保健所をかたる電子メールで、128日前後から拡散。
文面にはいくつかバリエーションがあるものの、「中国武“感”市」という特徴的な誤字や、「別添通知」の確認を指示して添付ファイルを開かせようとするといった共通点があります。

添付されているWord文書ファイルには、メール情報を盗み取るマルウェア「EMOTET(エモテット)」をPCに感染させる不正マクロが仕込まれているとのこと。
マクロを有効化してしまうと、外部の不正サイトからEMOTETがダウンロードされ、実行されるといいます。

 

 トレンドマイクロは、「特にリンクや添付ファイルの含まれるメールは慎重に調査する」「スパムフィルタが適切に設定されているか確認する」などの対策を提示し、注意を呼びかけています。

ねとらぼ 25日(水)13:43配信 分より抜粋


感染拡大を防ぐための手段の一つは「マスクの着用」だろう。しかし、マスクを長時間つけていると起こるのが“耳が痛くなる問題”。

マスクを着用した際の耳の痛みが気になるため、ネットで調べてみたところ、クリップを使って解決できたというものだ。本来は耳にかける部分であるマスクの左右の紐を、クリップを使って首の後ろでつなげることで、耳に負荷がかからず、長時間マスクを着用していても問題なかったという。

他に

・装着前に、ゴム紐の部分を手で伸ばしてほぐす

・耳にかかる部分の紐に脱脂綿や化粧用のコットン等を巻く

・ヘッドホンをつけて、紐をヘッドホンに引っ掛ける

・耳の後ろに、保湿クリームなどを塗っておく。または絆創膏を貼る

などがあるそうです。

FNN PRIME より抜粋


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp