無題おはようございます。


新型コロナウイルスの影響や、それに関するデマなどによりマスク・アルコール除菌・トイレットペーパー等の様々な日用消耗品が欠品しています。
さらには、お米やパスタ、カップラーメン等の食料品も品薄な状況がありました。
 

以前にも店頭から様々な商品が品薄になった記憶がありました。
2011年3月11日に起こった東日本大震災です。
その時の経験があるにも関わらず自宅に備蓄・備品が少ないことに気づきました。
9年間でだんだんと薄れてしまっていたのでしょう。
今気づけたことに感謝して防災の備蓄・備品を改めて見直していこうと思います。
 
給排水設備工事においても、不測の事態に備えることはとても大切です。
今現在のことだけを考えるのではなく、雨が降ったら、風が強くなったらなど次に起こり得ることを想像して仕事に取り組みたいです。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp