無題おはようございます。

猛烈な暑さが続く中、コロナの感染者も増え続け、熱中症の疑いで病院に搬送される人が急増しています。

その原因の一つとして、気温が高い屋外でマスクを着用している人が多いことが挙げられています。

私達は給水設備工事、貯水槽清掃を行うため、
お客様や居住者様と会わなければならないことが多く、必ずマスクを着用しています。

高温多湿の環境下でマスクを着用すると、
皮膚からの放熱の妨げとなり、口元の温度が3℃上がると言われます。
また、保湿効果によって喉の渇きを感じにくくなるというデメリットもあります。

かといってマスクをしないわけにはいきません。

出来るだけ熱を籠らせないためには、通気性を高めた夏用マスクや、接触冷感マスクを使用するなど、マスク一つで対策が出來ます。

コロナ対策・熱中症対策をしっかり行い、この夏を乗り切りたいと思います。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp