無題おはようございます。

いまだに、コロナによる影響が続いている最近の状況ですが、我々の給排水衛生設備業においては緩和がなされてきているのか?
大きな影響を受けているのは外食・宿泊観光・スポーツ・娯楽施設などのサービス業が多いかもしれませんが、ただ、サービス業という事においては我々も同じであり引き続き注意や対策を怠らないようにしなくてはいけないと思います。

このような今の時代に社会の構造変化に対応していかなければいけない状況下において仕事を続けていく中、変わらず持ち続けるべきものに「サービス精神」というものがあるかもしれません。

サービスとは、見返りを求めることではなく、相手に喜んでもらおうという気持ちの表れだと思いますが、常にできる簡単ではないことのように思えます。

偽善でも、やらないよりはやったほうがマシ、、、そんな考え方をする人もいるかもしれませんが。

こんな言葉を残した人物もいます。

「人はしばしば不合理で、非論理的で、自己中心的です。
それでも許しなさい。
人にやさしくすると、人はあなたに何か隠された動機があるはずだ、と非難するかもしれません。
それでも人にやさしくしなさい。
成功をすると、不実な友と、本当の敵を得てしまうことでしょう。
それでも成功しなさい。
正直で誠実であれば、人はあなたをだますかもしれません。
それでも正直に誠実でいなさい。
歳月を費やして作り上げたものが、一晩で壊されてしまうことになるかもしれません。
それでも作り続けなさい。
心を穏やかにし幸福を見つけると、妬まれるかもしれません。
それでも幸福でいなさい。
今日善い行いをしても、次の日には忘れられるでしょう。
それでも善を行いを続けなさい。
持っている一番いいものを分け与えても、決して十分ではないでしょう。
それでも一番いいものを分け与えなさい。」

常に相手を思いやるという難しさを感じますが欠かしてはいけない必要な事なのかもしれません。

これから先、「思いやり」というものを大切にしていければと思います。


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp