無題おはようございます。

新型コロナウィルスの感染がまた再びの広がりを見せています。

その結果リモートワークやリモート会議等、職場でお互いの顔を合わせないで仕事をする新しい働き方が一般化し始めています。
カンパネでも営業部や業務Gの方々が在宅勤務を増やし、我々技術部も稼働中の現場があるとなかなか難しいですが、車での直行直帰を増やしたり会議をリモートで行ったりと変化をさせやすいところから新しい働き方が取り入れられていっています。

これらの新しい働き方は導入してから慣れるまでは少し不便ではありますが、慣れていけば今までよりとても便利で、仕事の効率も上がっていくものだと感じます。

しかし、その一方でこの新しい働き方の流行がもらたす弊害も少なからずあるのではないだろうかとも感じています。

今までは会社の事務所内で何気ない会話から「そう言えばこういう事があった」と思い出したり、話しているうちに相談したいことができたり、周りで話している会話を聞いて新しい発見をするということが少なからずありました。
これらのことはリモートワークの増加によって間違いなく減っています。

私は最近、インターネット上で仲間とチームを組み、他のチームと戦うゲームを趣味でよくやっているのですが、ゲーム中にコミュニケーションを減らすと仲間達がバラバラに動いたり、お互いが求めている行動がわからなかったり、敵の行動を把握して仲間達に共有することが出来ず、苦戦したりすぐに負けてしまったりします。
この構図は仕事にとても似ています。
上司・部下の間で報連相のコミュニケーションが減ると現場では問題が発生し、その問題すぐに対処できず新たな問題が発生したり、最終的には事故が起きます。

新しい働き方でコミュニケーションを取る方法が増えたのにも関わらず、今まであったコミュニケーションが減ってしまって事故が起きるということは絶対に避けなければいけません。

そのために会社でお互い面と向かってコミュニケーションをとらずとも、新しい働き方に早く慣れ、それらを駆使して今まで以上にコミュニケーションを増やしたり、各部の垣根を超えたコミュニケーションを気楽に取っていけるような方針や環境作りをしていくことがこれからは重要になっていきます。

私たちカンパネは大人数の会社ではないからこそ柔軟に変わっていくことが出来るはずです。
そのために各社員それぞれがアンテナをはって、他の企業や団体の行なっている施策をとりいれたり、それをもとにアイデアを出してカンパネに合った新しい働き方を考えていきましょう!

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp