dokusyo_aki_manおはようございます。

11月に入り肌寒くなってきました。
未だコロナウイルスの感染は留まることを知らず私たちの生活は大きく変わっていったと思います。

秋といえば、“読書の秋”“スポーツの秋”“食欲の秋”と様々な過ごし方ができる季節です。

私は、最近ランニングやサイクリングで汗を流したりしてリフレッシュしていますが、実は読書にもリフレッシュやストレス発散効果があるのです。
読書をすることで脳にある扁桃体が不安や恐怖を感じるとストレスホルモンが分泌されます。
更に本の内容に没頭する事で、扁桃体の活動が沈められ、鎮静効果が生まれるそうです。

人は忙しさの中で日々のやるべきことに流されてばかりいると、心や体に悪影響が出てきてしまうものです。
適度なストレスは体に良いと言われていますが、過度のストレスは病気の元です。

コロナ禍によって外に出ることが億劫になってきた今、読書という新しいリフレッシュ方法を取り入れ、より一層仕事に集中していきたいです。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp