business_suit_goodおはようございます。

皆さんは、“メラビアンの法則”という言葉をご存じでしょうか?

メラビアンの法則とは心理学で用いられる言葉で、別名を“3Vの法則”や“7‐38‐55ルール”と呼ばれる法則のことです。


人間は人と話をするとき、単純に言葉だけでやり取りをしているわけではなく
言語・聴覚・視覚の三つの情報から相手を判断しているといわれています。

冒頭で話した7-38-55ルールでこの三つの情報が相手に与える影響は、
言語 7%
聴覚 38%
視覚 55%
の比率で相手を判断していると仮定したものです。

この比率をみると、視覚情報で半分ほど相手を判断しているということです。
これは、髪形や服装、靴の汚れなど目で確認できる部分がほとんどを占めてくると思います。

私たちは日々、現場作業で汚れることが多いので、最初の視覚情報で相手からいい印象を抱かれていない可能性もあります。
もちろん、視覚情報以外でも好印象を与えることは十分に出来ます。
ですが、人間が最初に処理する情報は間違いなく視覚情報なので、これを意識するだけでも相手方に好印象を与えられ、仕事もいい方向に進んでいくかもしれません。

皆さんも毎日自分の身だしなみや持っているものを清潔に保って、仕事にも生かせられるように意識していきましょう。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp