busy_woman
おはようございます。

会社では来月(12月)全員に社用携帯電話の配布を予定しています。



それに伴い社内で使用されているコミュニケーションツールについて、今一度考え直す必要があります。

現在使用されている主な連絡手段は以下

・サイボウズ
・チャットワーク
・LINE
・メール
・会社固定電話
・携帯電話
・Zoom
・Google Meet
・対面


何故考え直す必要があるかというと
携帯電話を全員に配布すると
相手に連絡する手段として電話を選択する人が増えると予想されます。


電話は作業を中断させ拘束する為、コストの高い行為です。


人によっては電話が一日中鳴り続け作業が全く進まなくなる可能性もあるので、
コミュニケーションツールを使い分ける必要があると考えています。


また、現在サイボウズを含め全体通知ができる場所が複数あります。
緊急時に使用するツールを明確にしておくことで混乱を避けることができます。

詳細は後日改めてまとめたものを展開する予定ですが、大きく分類すると


,垢阿吠崚が欲しい(大体30分以内)
→電話

⊃時間後でもいい
→チャット+電話(返事が欲しい時間までにこなかった場合)

L斉でもいい
→チャット


このような使い方がいいのではないかと考えています。

これらは強制するものではありませんが、 使い分けることで生産性の低下を防ぐことができますので是非意識してみてください。
 


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp