スクリーンショット 2021-12-20 135858
おはようございます。


私達は、給排水改修工事を行う際、
マンションに住まわれている方がいらっしゃる環境下で工事を行います。


特に、利用する頻度の高いマンション内の共用廊下での作業を伴います。


共用廊下の壁際に工具などを寄せ、電源の配線を共用廊下に沿わせ養生を行っても、
多少の工具資材で廊下幅を取り、養生で凹凸が出来ます。

作業によっては騒音も発生します。


現状では最小限にする事は出来ても、普段工事がない状況と同じにはなかなか出来ません。


また、居住者の中には車いすを利用する方、杖を使用する方などがいらっしゃいます。

共用廊下で工事を行う上で、マンションを管理する方に情報を得て、
作業関係者に共有し、利用する方を安全第一に通行できるよう優先しなければなりません。

しかし、利用する方は工事を行っていると不便であることには変わりありません。


私達は、廊下での作業に時間をかけずできる工法や、住んでいる方の日常を変えないよう日々考える必要があります。


先の将来、使用される材料そのものを交換しなくてもよい材料(工事がなくなっちゃうなぁ)や、
マンション自体の構造が変わり、工事があっても住まわれている方が不便なく利用できる環境が出来たらいいですね。


今は、お客様の資産向上のために安心安全な工事を提供できるよう
弊社の施工に携わる方々と共に、よい施工が出来るよう努力していきたいと思います。


Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp