おはようございます。

日本には季節ごとに、いろんな雨の表現がありますが、この時期は五月雨ですね。


_kaeru
五月雨の「さみだれ」とよむ難読字であるが、この「さみだれ」は「さつき(皐)の水垂れ」に由来すると言われている。なお五月雨は「さつきあめ」とも読める。「さみだれ」も「さつきあめ」も正しい読み方とみなされている。

五月雨(さみだれ)は旧暦(陰暦)の5月頃に降る長雨のことであり、おおむね「梅雨」の別名。陰暦五月は今日用いられている新暦(陽暦)の6月前後(5月下旬から7月上旬あたり)に相当する。転じて、物事を少しずつ断続的に行うさまが「五月雨(式)」のように表現される。

「五月雨」は、物事を一気に行い終えるのではなく、断続的に(だらだらと)繰り替えすようなさまを指す表現でもある。ビジネスシーンでは、電子メールなどで連絡する際、一度に要件を伝えきれず何度も追伸を送ってしまうような状況を「五月雨式」といい、送信する側が「五月雨式ですみません」と断りを入れることが半ば定番の作法となっている。


今年の梅雨入りは6月4日頃と予想されています。
雨が降ったりやんだりで、屋外での給排水配管作業はとてもやりにくい時期ですので接合や接着に関しては注意が必要です。
大雨の際には足場作業は中止し、雨がやんだら足場を点検しましょう。
また、未だコロナ感染が続いていますがこの時期ノロウィルスにも注意が必要です。 いままでと変わらず手洗い、うがいを励行して健康管理に十分に注意しましょう。

Weblio辞書より一部抜粋

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp