おはようございます。

会社・組織として成功しているかどうか。その判断はどこでしますか?

経営等に詳しくない私は、安直に売上がいいかどうか、所謂結果の質の部分で判断してしまいます。
しかし、先日『成功循環モデル』というものを聞き、結果の質だけではないなと感じました。

dengon_game_buka_joushiこれはマサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱しているモデルです。
その中で『4つの質』が循環していると説いています。

関係の質→思考の質→行動の質→結果の質→関係の質→…
悪い例として以下のような話が挙げられます。


社員間関係の質が低いと、いいアイデア等があっても
『これを言っても受け入れてもらえないかもしれない。』という発言にブレーキがかかったり、
他人への批判的な発言等が出ることによって、各々思考の質が下がっていきます。
思考の質が下がれば、仕事への取り組み方も淡泊なものになり、必然的に行動の質が下がります。
行動の質が下がれば、当然結果の質も悪くなります。
このように関係の質の低下によって結果の質が下がり、組織としての成功が遠のく形になるのです。

すなわち、成功のためには『関係の質を高めるべき』であることがわかります。

弊社では先日、Nice!カードという制度を導入しました。
この制度は『社員同士どんな些細なことでもいいので、感謝の気持ちを直接伝えよう。』というものです。
まさに『関係の質の向上』につながる制度ではないでしょうか。

組織として全員で成功に向かうためはもちろんのこと、
一人の社会を生きていく人間として、社員同士・お客様・協力業者 様々な方との関係の質の向上を目指していきたいと思います。

Water Management Company

カンパネ株式会社

http://www.kanpane.co.jp