社員の声(朝礼)

カンパネ株式会社では、朝礼で日々の気付きや経験から得た学びなど、社員のスピーチを行っています。是非、ご覧になって下さい。

朝礼の紹介

《No365》10月31日朝礼『今日はハロウィン!』発表者:山林正信

ハロウィン先日ハロウィンパーティに参加して来ました。
様々なコスチュームに仮装しいつもと違う雰囲気でとても楽しかったです。
何気なく楽しんでいますが、ハロウィンについては深く考えたことがなかったので調べてみました。
万聖節(キリスト教で毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日)の前夜祭。秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りだそうです。
調べてみると様々な国で、色々な言い伝えや習慣の違いがあました。その中でもアメリカでは、メジャーなお祭りで子供たちが仮装をし、暗くなってから隣近所の家を回りながら「トリック・オア・トリート!」と叫びチョコレートを貰って歩くお祭でとても盛り上がるとのことです。
では、あの恐い顔をしたカボチャはどうして生まれたのでしょうか。
あのカボチャはジャックオウランターンと言い、アイルランドでジャックと言う男と悪魔の話からきたのもなんだそうです。カブをくり抜き、地獄で燃えている火の魂を入れてちょうちんを作った所から、アメリカに伝わりあのカボチャになったみたいです。
先週、ジャックオウランターンを家で、作りましたが、作るのが早かった為、3日ぐらいで腐ってしまいました。
本日のハロインはカボチャをくりぬきジャックオウランターンを作ってみては、
いかがでしょうか。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No366》10月31日朝礼『ありがとうの感動経営』発表者:海野俊一

d2ecc098.jpg

不況(ピンチ)というのに笑顔がいっぱい
   
皆に志(ゴール)があるから

へこたれない

人生の意味を 自分の存在意義を

人生の役割を 仕事の役割を

よおく知っているから

とても楽しい おもしろい

こんな時だからこそ

人生と仕事の意味を

かみしめよう

一瞬一瞬を

大切によく味わおう

心の琴線が あらゆるものに

大きく触れて シンホニー

ヒューマンウエア研究所 清水 英雄 先生 著書より


「人生はニコニコ顔で生命がけ」
元京都大学総長平澤興先生の言葉である。

大不況であろうが、逆境であろうが、大ピンチであろうが、それは人がつくりだした現象であって、自然、天然現象ではない。
だからこそ、一人ひとりが、何のために人生をおくり、何のために仕事をし、何のために家庭生活をおくっているかを、ジックリと確認することができる、まことによいチャンスに恵まれたと、感謝、感動する位の気持ちで受け取ったらどうだろう。
日頃、目前の現象面ばかりに心奪われていた人間が、この機会に、人生やビジネス・商売の原点・本質面を探求してみるのもよいであろう。
あらゆる面の本質に触れれば触れる程、感動・感激・感謝の三感現象が大発揮され、「ありがとう」の言葉が、発信されていくことになる。

「お客さまは感動すると財布のヒモをゆるめる」と言われています。
お客さまに感動していただくには、まず自分自身に感動がなくてはならない。だからといって、むやみやたらと感動しろといっても、ハイそうですかと形式的・表面的に感動してみても、お客さまの心を打つことはできない。

人生に、会社に、家庭に、地域社会に、感動・感激・感謝の強烈な風と波を興してこそ、お客さまに真の三感現象を興していただけるようになる。

社長も社員も、楽喜健(ラッキーけん)【楽しく喜び健やかに】で、明元素(めいげんそ)【明るく元気で素直で素敵】だから、いつもニコニコ恵比須顔。笑う門には福来る。

笑うお店には、お客さまがいっぱい。笑う会社には、よいビジネスがたくさん舞い込んでくる。そこには感動・感激・感謝の念が、盛んに湧き出している。
『ピンチはチャンスだありがとう』
ピンチを自己の現状打破の礎としてとらえ、苦労した分、それだけ人に優しくなれると、むしろ逆境に感謝し、太陽のように明るく邁進していこうではありませんか。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No364》10月24日朝礼『不満解消の糸口』発表者:高濱 誠

6792b183.jpg狭くて散らかっている部屋があるとします。そこに住んでいる人は「部屋が狭いから散らかっている。部屋がもっと広ければいつでもきれいにしておける」と思います。しかし、広い部屋に引っ越しても同じ不満が生まれます。広ければ広いで物が増えていってしまいます。
このように目についた特徴だけを原因にしてそれ以上は追求せず、同じことを繰り返してしまいます。ここから分かることは、部屋が狭いのが原因ではないということです。物が多いこと・物を必要以上に増やしてしまうこと・使った物を元に戻さないこと。自分の行動に問題があることがわかります。そうすれば改善の糸口が見えてきます。
このようなことは他のことにも当てはまると思います。日頃の不満を一つの理由で片づけることなく他にも理由を探し、簡単なことから改善するクセをつけていけたら良いと思いました。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No363》10月24日朝礼『素直でいること』発表者:渡辺

2de9cd4c.jpg素直とはどういうことなのか考えてみました。辞書では『性格や態度にひねくれどころがなく、人の言動などを逆らわないで受け入れる様』とあります。すなわち、素直であることは自分の可能性を広げるチャンスであるということです。たとえば失敗や上手くいかなかった経験を「運が悪かったから」と片付けてしまうより、その事実を受け入れる方が自分の成長へとつながります。しかし人は歳を重ねるにつれ、今までの経験や手に入れた多くの情報により、自分で壁をつくってしまいがちになります。私も学生時代アドバイスをなかなか受け入れられず、行動に移せなかったことがありました。否定から入るのでは、言葉を受け入れにくくなってしまいます。そうではなくこれからは、素直でいることを意識し、多くの言葉や姿勢を学び、自分の中に取り入れて仕事にも活かしていきたいです。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No362》10月17日朝礼『感謝の心』発表者:池田孝史

夢私が思う感謝とは、「ありがたい」と思わせる安心感です。
その安心感は何事も当たり前だと思ってはいけないという意味が含まれているのだと考えます。また、感謝には、未知のエネルギーがあると思います。
カンパネは、感謝の心を忘れず、ひとりひとりの全員が感謝の心を持ち、そのエネルギーを共有することによりたくさんのエネルギーが生まれ、そのエネルギーで仕事をしていく会社。私はそんな思いがあるカンパネが大好きです。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No361》10月17日朝礼『口上に学ぶこと』発表者:北川昭彦

f67ac1fd.jpgみなさんも、ニュース等でご覧になったと思いますが大相撲の、琴奨菊関が大関に昇進しました。特に相撲ファンということもないのですが、日本の国技と言えないくらい、外人力士だらけの相撲界のなかで、ひさびさの日本人ということで、活躍を期待したいと思います。
さて相撲界では、昇進の際に、昇進伝達式と言うのがあり、その時に口上を述べます貴乃花のころより、口上の中に四字熟語を入れるのがはやりになったみたいです。
少し紹介すると・・・
貴乃花、大関昇進の時の口上
不撓不屈(ふとうふくつ)
(身も命も惜しまず、懸命に何事かやり遂げる)
若乃花、横綱昇進の時の口上
堅忍不抜(けんにんふばつ)
(意志がかたく、じっと堪え忍んで動じないこと)
白鵬、横綱昇進の時の口上
精神一到(せいしんいっとう)
(精神を集中して事に当たればどんな難事でもできないことはない)

※四字熟語辞典@大相撲昇進口上より抜粋

さて、琴奨菊の口上の中に使われた四字熟語は
万理一空(ばんりいっくう)とう言葉でした。この四字熟語は元プロ野球選手の桑田真澄氏の座右の銘でもあり、日本ハム斎藤佑樹投手に渡した色紙にも書かれていました。もとは宮本武蔵の著書「五輪書」からの引用で「すべての理(ことわり)は、一つの空につながっていく。どんな努力も目指す先は一つ。努力の先に光がある。」という意味で、現在では「目的、目標、やるべきことを見失わずに励む、頑張り続ける」の意味で使われることが多いようです。
下半期も半月たちましたが我々もしっかりとした目標をもってそれを見失わずに、努力していけるようがんばりましょう。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No354》9月20日朝礼『江戸時代の夏バテ対策』発表者:下川浩司

暑い現代では夏バテ対策に効果的な物が沢山ありますが、昔の人の夏バテ対策はどんな方法があったのかな?と興味がありました。そんな時「なるほど!ハイスクール」というTV番組で江戸時代の夏バテ対策をやっていて、おもしろかったので紹介したいと思います。

●夏の風物詩 打ち水
打ち水は現代でも見かける事があります。日本だけの風習だと思っていましたが、スウェーデン、フランス等、世界各国で行われています。
実際に31℃ある地面に打ち水をすると、20分後には29℃になるそうです。
江戸では各玄関先で打ち水をする光景が見かけられました。
更に「水まき男」と呼ばれる、小さな穴の開いた桶を担いで町をねり歩くという仕事もありました。
打ち水は地味なイメージですが、かなり効果的だったようです。

●飲み物
現代でも欠かせない水分補給ですが、当時の人気の飲み物は、「冷や水売り」が売っていた飲み物でした。朝汲んだ井戸水の中に砂糖を入れ、もち米から作られた白玉を入れる事で涼しさを演出します。ひんやりして甘い飲み物でした。もちろん白玉も食べられます。
おもしろいのが値段設定です。当時、砂糖は高い物だったので、入れる砂糖の量によって値段が変わりました。砂糖が少ないと現代のお金でいうと100円、砂糖の量が普通だと200円、砂糖が多いと300円でした。

飲み物1番の人気を誇ったのが、今でもお馴染みの「甘酒」です。
それも冷たいものではなく、熱いものでした。
熱い甘酒を飲む事で汗をかき、体温を下げるという現代と同じ考えです。
甘酒はブドウ糖・アミノ酸を含んでいるので夏バテ対策にはもってこいの飲み物でした。
現代のスポーツドリンクといったところでしょうか。

●食事
江戸では屋台で外食が当たり前だったようです。
そば・天ぷら・ダンゴ・すし屋の屋台がありました。
スシの大きさは現代の3倍あったそうです。2貫も食べたらお腹一杯になりそうですね。
人気のスシネタはクルマエビでした。
視覚的に紅白で縁起がいいからです。こんなところに江戸っ子の文化美が出ています。

●タ涼み
タ方になると川端でのんびりとタ涼みをしていました。
お金持ちは、屋形舟を出して、1両(8万円)払って花火を楽しんだそうです。

エアコンがない時代なのに、現代と共通するものがある事に歴史を感じました。
9月下旬となっても残暑が厳しく未だに熱中症に注意しなければならない状況ですが、みなさんも水分補給をしっかりして残暑を乗り切りましょう。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No353》9月12日朝礼『報告のポイント』発表者:斎藤 崇

報告「報・連・相」の報の部分について考えました。
通常、報告する場面で必ず必要なのは報告する相手です。
相手に報告する時のポイントを3つまとめてみました。一つ目は、「タイミングよく報告」・二つ目は、「必要とあれば中間報告」、三つ目は、「簡潔に報告」です。「タイミングよく報告」とは、報告する相手に「あれはどうなった?」と聞かれる前に、指示事項が完了したら直ちに報告をする事です。ただし、いま話してよいかどうか、報告する相手の都合を聞いてから話し出すが大切です。「必要とあれば中間報告」とは、仕事が長引く場合は中間報告が必要になります。約束の期限までにできそうにない時も、即刻相手に報告をして、指示を受けることが大切です。「簡潔に報告」とは、最初に結論から報告します。次に原因(根拠)、経過の順に報告します。学生時代は、起承転結で物事を教わってきましたが、仕事の場面で起承転結の順序で報告してしまうと、結果が最後になる為、相手が論理的に考えにくい状況になります。例外として、「悪い報告ほど早く伝える」という事もあります。仕事でミスした時は素直に間違いを認め、早めに相手に報告をして指示をあおぐこと、又仕事が遅れそうな時も同様です。期限直前になって「できません」と報告するのでは、相手は対処のしようがありません。常日頃、「自分が相手側の立場である時、何の情報が一番知りたいのか?」を意識すると自然に結果から話をする習慣が出来ると思います。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No352》9月5日朝礼『脳卒中について』発表者:村山俊明

脳脳の病気はいくつかありますが、いずれも脳の血管が破れるか、詰まることが原因で起こります。以前、動脈硬化と高血圧の関係について取り上げましたが、脳卒中も高血圧が危険因子となる生活習慣病だといわれています。
脳卒中のなかでも特に高齢者に多いのが脳梗塞です。これは血栓(血のかたまり)が血管を塞ぎ、その先の細胞に酸素や栄養を運ぶことができなくなるために機能を失う疾患です。高齢者でなくても生活習慣の乱れが原因でも起こります。
前兆がある場合には初期の段階で専門医の治療を受ければ後遺症を最小限に抑えることができる疾患です。小さなサインを見逃すことなくおかしいと思ったらス直ぐに病院に行くようにしましょう。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp

《No351》9月5日朝礼『気持ちのいい挨拶』発表者:河内 壮夫

d1ab4182.jpg先日、親族の結婚式でハワイに行ってきました。
ハワイは外国とはいってもやはり、日本人旅行者が多いものです。私が泊まったホテルでもやはり6〜7割が日本人でした。
ホテルのエレベータなどで現地人の方やその他の外国の方とはち合わせた場合、「アロハ」や「good morning」など必ず目を合わせて挨拶してきます。エレベータの「開く」のボタンを押して待っていた時も、必ず目を合わせて「マハロ」や「thank you」と挨拶してきます。これがさわやかな気持にさせてくれます。
逆に日本人旅行者の場合ですと、目を伏せて小さな声で「おはよう」と言ったり、会釈のみで済ませてしまったり、はたまた、相手の挨拶を聞こえないふりをして無視してしまったり、残念に感じました。
弊社では、お客様、居住者様、社内であいさつをしていると思います。挨拶するということは素晴らしいことです。しかし、どうしても業務的な不自然な挨拶になっているかもしれません。また、私がハワイで日本人旅行者に感じたように、お客様も感じているかもしれません。
挨拶一つでもその日の気分や印象が変わってくるのです。
目を見て挨拶するのもいいですし、笑顔で挨拶するのもいいでしょう。普段から心がけ、相手に挨拶するときはただ挨拶するのではなく、気持ちのいい挨拶ができるように心がけましょう。


Water Management Company
  カンパネ株式会社
http://www.kanpane.co.jp
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ