日本一高い山、富士山。

  最近富士登山に挑む人も増えていますが、富士山は標高3417mということもあって、
水がとても貴重です。
普段の生活ではお風呂、洗濯、洗い物、トイレなど大量に水を使うのであまり
有り難みを感じませんが富士山では、普段の生活と同じようにという訳にはいき
ません。

特に多くの登山者が使用するトイレは深刻な問題で、昔は糞尿をその
まま垂れ流すと
いうこともあったそうですが、今はどの様に処理してるかとい
うとカキの殻等を
使った浄化槽式、焼却式、おがくずや、木製チップを使った
バイオ式と水を使わない
トイレが各山小屋などに設置されてるそうです。

それぞれのトイレにメリットデメリットがあるそうですが、世界遺産に登録された
富士山が環境保護の側面からも世界に誇れるような自然遺産になることを願っています。

ちなみに富士山のトイレを使うときには設備維持のため、100円~300円の使用料がかかりますので、富士登山の際にはご注意ください。 


   高橋 真次

富士