まだまだじめじめ湿気の多い蒸し暑い日が続いていますね~。

さて、この前キッチンの整頓をしていたら出てきました、箱に入った紅茶。

「あれっいつのだっけ」と箱の裏を見てみたら、やっぱり過ぎていました賞味期限。

後で飲もうとしっかりしまってしまうと、ふと気づいたら賞味期限が過ぎてしまっているなんて事ありますよね。一人暮らしだと余計に消費しきれず、、、ということが多々あります(;;)

匂いを確かめて大丈夫かなと思い、お湯は注いでみたものの飲む勇気が出ず。

何せ3年も前モノなので。一応ネットで調べてみると保存状態によっては飲めるかもとの記載があるところもあったのですが、不安な私は飲む以外の方法で消費しようと決めました。今回はそんな賞味期限の過ぎてしまった紅茶の簡単な活用法を3つ紹介します。

 

・消臭剤・脱臭

紅茶は匂いを吸う性質があるそうで、部屋や靴の中に入れておくといいそうです。

・うがいに使う

 紅茶にはカテキンやフッ素があるため、風邪や虫歯の予防に適しているみたいです。

・紅茶風呂

紅茶のタンニンは抗菌作用があり体臭をおさえてくれ、かつてはやけどの薬として使われていた歴史もある

そうです。最近では日焼けしてしまった日に湯船につかる際は、紅茶を入れるといいとテレビでもやっていま

した。

 

他にも染め物や、煮物、掃除にも使えるとのことです。本当は賞味期限過ぎる前に消費してしまうことがいいとは思いますが、万が一過ぎてしまった時はぜひ試してみて下さい♪

wata 

紅茶


 

 

http://plusnews100.com/food/4145/参照