パソコンで仕事をしていると、知っていて損はないのがショートカットキー。

なるべくマウスを使わずに作業ができると時短になるし、仕事がはかどるのってエコですよね?!

私はまだいくつかしか覚えていないのですが、これからもっと覚えていこうと思います。

オススメの2つをご紹介します。

 

    作業中のウィンドウを素早く切り替える!【Ctrl + Alt + Tub】

たくさんの種類のウィンドウが開いていても、一瞬で切り替えられます。

【Ctrl + Alt + Tub】を押したら、切り替えたい場面に矢印ボタンで移動し、Shiftボタンを押すだけです。

Google mapで地図を開いて、ペイントに貼りつけて加工して、エクセルに地図を貼りつけたい、そんなときもこのショートカットキーを使うとスムーズに作業できますよ。

↓たくさん開いていても大丈夫

いろ






②  
よく使うフォルダをショートカットキー登録!【お好みで設定】

よく使うフォルダをデスクトップに「ショートカット」として置いておくことがあるかと思います。そのショートカットに、ショートカットキーを自分でつけられる方法があります。

 

手順1   ショートカットを作成

手順2   デスクトップにショートカットを移動します。

手順3  右クリックしてプロパティを開く。ショートカットのタブ→ショートカットキー(K):の項目に自分の登録したいショートカットキーを押すだけで設定できます。

↓同様にエクセルファイルもショートカットキーをつけることが出来ます。

いろ2







おまけ

IME単語登録で入力スピードアップ ※Windows10の場合

メール等で役立つ単語を登録して、入力作業を効率化しましょう!

①【Ctrl + F7】でATOK単語登録が開きます。

② 単語(T)に登録したい言葉を入力(例:ありがとうございます。)

③ 読み(Y)に入力(例:あり) してOKをクリック

→③で登録した読みを入力してスペースキーを押すと、すぐに②が表示されます。

                                                 是非お試し下さい! pon